電子・テープElectronics, Tapes
100 items found    page: 1  2  3  4  5 
 


Mikhail Chekalin

¥3,800
Мелодия  C60 28737 003  LP  89年
media: NM  sleeve: VG+  

ソビエト連邦のキテレツ電子音楽家が84年から88年まで制作したエレクトロポップ編集アルバム。生真面目になれなかった求道者なのか、アカデミズムに憧れたオタクなのか、場所柄ものせいもあって判断しにくいその膝の打てなさが魅力。こういうの聴くと音楽に正しい正しくないってあるんだろうか?と一瞬考えちゃいますよね。もちろんあるんですけど。

#14584

Joe Venuti / Giampiero Boneschi

¥22,000
JUMP  LP  Italy  1976
media: VG++  sleeve: VG+  

1920年代から活躍したジャズヴァイオリンの草分け的存在Joe Venuti。幼なじみでもあるジャズギターのパイオニアEddie Langとの活動は、その後のジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリにも多大な影響を与えましたが、日本ではティンパンアレーにも影響を及ぼしていました。1975年ラグの研究をするためにVenutiとLangのレコードを仕入れてきた細野晴臣さんと鈴木茂さん。その成果が「キャラメル・ラグ」になったとか。同じ頃イタリアでVenutiが録音していたのが、電子音楽家Giampiero Boneschiとの共作によるこのアルバム。Boneschi独特の洗練された電子音楽をバックに、洒落たスウィングジャズを聴かせてくれます。本当に驚きの鬼レアな1枚ナリ!超名盤!嫁を質に入れてでも買うべし!

#14746

Dick Hyman

¥3,800
Command  RS 946 S  LP  アメリカ盤  69年
media: VG++  sleeve: VG++  

69年。MOOG 超定番にして超名盤!ポップ感覚の中にアブストラクトな感覚も織り込んだ絶妙のアレンジが凡百のイージームーグものと一線を画す。有名なジェームズ・ブラウンのカバー "Give it up or turn it loose" 収録!

#14614

Exercize (Jean Jacques Perrey)

¥15,800
Black & White  JKL 42002  LP  US盤  82年
media: VG++  sleeve: VG+  
※ジャケ二つ折り糊付けの剥がれあり

w/ insert。JJペリー関連でもあまり知られていない珍品。Jean Jacques Perrey と Harry Breuer のアルバム "Happy Moog" が伴奏音楽として全面使用されたエクササイズレコード!果たして許可は取ってるのかどうなのかどうなのよ!

#14593

Pat Prilly (a.k.a Jean Jacques Perrey)

¥6,800
MP2000  MP 27  LP  フランス盤  72年
media: VG++  sleeve: VG+  
WOBC

珍しいパイプジャケ。ディズニーランドのエレクトリカル・パレードのテーマ曲で有名なペリー&キングスレーのコンビ解消後、フランスに戻ったジャン・ジャック・ペリーはモンパルナス2000から71年〜74年の間に7枚の作品を発表しています。PAT PRILLYという名前はペリーの変名で娘のパトリシアに由来しているとか。これはPAT名義での3枚目。1969年にアルバム「HAPPY MOOG」を共作したHarry Breuerがほとんどの曲を共作しています。オススメ!

#14611

Fred Miller

¥3,800
Yorkshire  27021  LP  US盤  72年
media: VG++  sleeve: VG+  

エロムーグ、なんていう下品な言葉を使うにはあまりにも美しすぎるジャケット。甘美かつ洗練されすぎていないアーリー70'sのムーグサウンドに絡む、女性の吐息、あえぎ声!Mort Garsonの「Music For Sensuous Lovers」と並ぶエッチエレクトロニクス超名盤。Fred Millerって誰かの変名?

#14616

Mr. Ondioline (Jean Jacques Perrey)

¥24,800
Pacific  90.338 B  7'  フランス盤  60年
media: VG++  sleeve: VG+  

ジャンジャックペリーの変名作、4曲入り EP。そもそも今日知られるペリー翁のエレクトロポップパイオニアとしての栄誉はこのプレシンセ電子楽器 ONDIOLINE との出会い無くしてあり得なかった。この発明楽器のデモンストレーターとなったペリーのプロモーション演奏を通じて出会ったエディットピアフの支援によって、ペリーのアメリカでの活動が実現したのでした。60年の渡米なので、本作はそんな転機を迎えたころの録音。オンディオリンの様々な音色を多重録音して、既にスタジオギミックの実験が開始されています。この後、オンディオリンはペリー&キングスレイ作品でも活躍、この次はモアベターよ! 覆面ジャケ! ※ジャケ裏面折り込み部分に書き込み跡ありますが、他はかなりきれいです。

#14671

Marshall McLuhan

¥6,800
Columbia  CS 9501  LP  US盤  68年
media: VG++  sleeve: VG+  
w/ shrink

アメリカの元祖メディア評論家マーシャル・マクルーハンの、現在のインターネット時代を予見したかのような1967年の名著「メディアはマッサージだ」の音版。サウンドコラージュを担当したのがあのジョン・サイモン。ミュージックコンクレートというにはあまりにポップでイカれた切り貼りセンス!文句無しの大傑作!

#14683

Paper Bag Players (Music:Donald Ashwander)

¥6,800
P.B.P.  P.B.P. 5  LP  US盤  77年
media: VG+  sleeve: VG+  
SMSPL-L

NYを拠点に活動を続けるTHE PAPER BAG PLAYERSは1958年創立のニューヨーク芸術基金などによって運営されている子どもの為の参加型パフォーマンス劇団です。クレヨンでペイントされた紙袋や段ボールなどで作られた舞台で、ダンス、パントマイム、芝居、ライブペインティング、ライブ演奏などをパッケージしたステージは多くの子ども達に人気です。現代ラグタイムの研究・作曲家のDonald Ashwanderが手掛けた77年のこのアルバムは、エレクトリック・ハープシコードとリズムボックスを使ったチープ・エレクトロなオケの上で転がる子どもの声や演劇的なボーカルが楽しいミュージカル。BRUCE HAACKファンの方におすすめです!

#14684

レイモンド・スコット、アメリカン・アイコンズ・オブ・リベリオン、イーゴ・プラム、ヴァガボンド、ヴァガボンド + ガク・サトー、上野耕路アンサンブル、岡村みどり、オプティガナリー・ユアーズ、片岡知子オクテット+ベス・ソレンティーノ、カボ・サン・ロケ、コシミハル、ジャン・ジャック・ペリー&ダナ・カントリーマン、徳武弘文、ノアルイズ・マーロン・タイツ、ハーモニカ・ライナーズ、ブノワ・シャレ、ブノワ・シャレ・フィーチャリング・キッド・コアラ、星野源、細野晴臣  Raymond Scott / Various Artists

¥5,400
Daisyworld  LDCD-001-2  CD  
media: NEW  sleeve: NEW  

●特製7インチボックス入り●CD2枚組 ●ブックレット(100ページ) ●レイスコ年表 ●DESIREシート・ミュージック・レプリカ ●ジングル・ワークショップ・ポスター・レプリカ ほか

DISC-1 30年代のクインテット、40年代のオーケストラ、50年代のジングル、さらにクインテット結成以前の楽団まで、初音盤化音源30曲を含む32曲収録。
DISC-2 新録カヴァー集/18曲収録
参加アーティスト : アメリカン・アイコンズ・オブ・リベリオン、イーゴ・プラム、ヴァガボンド、ヴァガボンド + ガク・サトー、上野耕路アンサンブル、
岡村みどり、オプティガナリー・ユアーズ、
片岡知子オクテット+ベス・ソレンティーノ、カボ・サン・ロケ、コシミハル、
ジャン・ジャック・ペリー&ダナ・カントリーマン、徳武弘文、
ノアルイズ・マーロン・タイツ、ハーモニカ・ライナーズ、ブノワ・シャレ、
ブノワ・シャレ・フィーチャリング・キッド・コアラ、星野源、細野晴臣

監修・解説 : 岡田崇 
解説 : アーウィン・チューシッド、 イーゴ・プラム、瀬川昌久、 細野晴臣、 松永良平


#14181

Heinz Funk

¥3,800
Selected Sound  9101  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

独盤 82年。エレクトロニックライブラリー。A面は自作を交えつつヘンデルをアレンジしたスイッチトオンバロックな内容、1〜2分程度の長さで12曲。B面は数秒のワンフレーズ集でびっちり136トラック! ハインツフンクさんはドイツで劇伴なども手掛けていた作曲家。1915年生まれということですから、70才近くでモーグでしこしこしていたのですなぁ〜。

#9093

Library (Simon Park)

¥2,000
music de wolfe  DWS/LP-3473  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SOC) 81年。シンセライブラリー。A面はクラシック曲をスイッチトオン! B面は Park のオリジナル曲でライトクラシック調からややアブストラクト調などいろいろ入ってます。

#7213

Jean Humenry (Patrice Sciortino orchestra)

¥3,800
Reflets  SM 17 M-373  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

仏盤。60〜70年代に仏UNI DISCから子供向けのシャンソンなどを数多くリリースし、現在も活動を続けているシンガーソングライターらしいです。特筆すべきは、同じUNI DISCやMPIからポップで前衛的な教育アルバムをリリースしている現代音楽家Patrice Sciortinoがアレンジを担当していること。サンプルを聴いて頂ければわかる通り、アヴァンポップ的アイデアたっぷりの変わったアレンジの連続。B1ではおそらくOndiolineと思われる電子音が、ギロやウクレレに混じって登場してきます。オルガンのフレーズなども面白いです。

#6266

Library

¥2,800
Selected Sound  9109  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

独盤 84年。イージーポップなBGM集。静かめな曲もありますが、"週末のお楽しみ" ということで、全体的には陽気な雰囲気。シンセ率も高し。Alexander Schulga、Peter Thomas、Hans Haider、Jan Troysen らの作曲。

#9095

JANKO NILOVIC

¥6,800
MONTPARNASSE 2000  MP82  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

FRANCE盤。人気のヤンコ氏のムーグと女声コーラスをフィーチュアしたライブラリー。全体的にはクラシカルだがグルーヴィー・ゴスペルの"Oh my soul", マリアッチ風味の"Adios bambina"など新たな魅力発見盤。 MONTPARNASSE 2000, MP 82

#2283

Bruce Haack

¥22,800
Scholastic   CC 0623  7'  
media: NM  sleeve: VG+  

(WOC) 70年。ガジェット電子音楽の奇才、ハークの超激レア・アイテム入荷!非暴力主義の公民権運動指導者キング牧師についての伝記本とブルース・ハークによるサウンド・ドキュメンタリーがケースに収められたセット。子どもによるナレーションで1968年4月4日のメンフィスでの暗殺が語られた後、暗殺直前の牧師本人の最後のスピーチ「私は山頂に達した」が挿入されドンッ!という音が鳴って終わる。その後流れるエンディング曲の緊張感の全くないダラしない感じがミスマッチで面白い。ナレーションにはハークにサイケデリックの洗礼を与えた奇人クリス・カチュリスも参加。この年ハークは唯一のメジャー盤「Electric Lucifer」を発売し、レイモンド・スコットのスタジオに出入りするようになる。公民権運動と牧師関連の写真も多数のペーパーバック本も NM。

#7170

Esther L. Nelson

¥2,500
DIMENSION5  D411  CT  
media: SLD  sleeve: SLD  

1987年 63年にブルース・ハーク、エスター・ネルソン、テッド・パンデルの3人によって設立されたディメンション5。ハークの死後もレーベルは継続され、このカセットはハークと共に数々の迷盤を制作してきたテッド・パンデルとネルソンによる音源集です。ディメンション5らしいおかしな曲がいっぱい詰まっています。

#12963

Roger Roger et Nino Nardini

¥14,800
Crea Sound  46541  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL) 仏盤。ロジェロジェの数ある作品の中でも“最優秀ジャケ・アート大賞"を受賞した逸品。電子楽器を駆使しての様々な動物の声をイメージしたヘッポコサウンドが最高!! 1911年生まれ。オペラ指揮者を父に持つロジェは幼少の頃から音楽教育を受け、18歳の頃には早くも自身のダンスバンドを率いて活躍。55年にライブラリー制作会社Chappellと契約し、60年代にはパートナーのNino NardiniとEddie Warnerと共にフランス近郊にGANAROスタジオを設立、夜な夜な自作シンセやノイジーなハープシコード、電子変調したドラムなどを駆使して数々のオモシロ作品を生産していきました。こんな音楽を60歳位のおじさん二人で録音してるなんてイイネ! 英才教育を受けたロジェが最終的にこんなヘッポコになっちゃったのはお父さんに冗談で付けられちゃったROGER ROGERって名前のせいか!?

#12683

Synclavier

¥5,800
New England Digital Corp.  NED 1  LP  
media: VG  

81年。最も初期の市販デジタルシンセサイザーにして最高級機 (数千万だって) シンクラヴィアのデモンストレーションレコード。そもそもダートマス大の電子音楽家 Jon Appleton がモーグシンセのコンピュータ制御化を同大の学生 Sydney Alonso (ハード担当) と、Cameron Jones (ソフト担当) に依頼したことが開発の始まりでしたが、独自のデジタルシンセ Dartmouth Digital Synthesizer (Synclavier 1) を開発してしまいました (Appleton はこの初期機 Dartmouth Synth でフォークウェイズにアルバムを残しているので、そちらもチェックよろしこ)。初期機を改良、FM 音源搭載で市場に勝負を賭けたのが Synclavier 2 で、このデモレコードには、解説スポークンなど一切なく、様々な音シミュレーション&演奏がひたすら収められています。B面後半は開発協力者 Patrick Gleeson 制作のヴィバルディ "四季" の夏部分を収録。clear blue vinyl。

#9258

DAN LACKSMAN ASSOCIATION

¥4,200
BLUE ELEPHANT  BE-24523Y  7'  
media: VG++  sleeve: VG++  

HOLLAND盤。テレックスのメンバー、ダン・ラックスマンがムーグdeフラメンコ!!でもジャケットには何故かEMSの写真が!?ストレンジ度の高い一枚。72年作。

#7943


100 items found    page: 1  2  3  4  5 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART