電子・テープElectronics, Tapes
101 items found    page: 1  2  3  4  5  6 
 


TM Production (Tom Merriman)

¥16,800
TM Productions Inc.  LP  USA  1980
media: VG++  sleeve: VG+  

これはすごい!2枚組にビッチリおさめられたラジオサンプラー。TMプロダクションが1978年に出した最初のサンプラーに続いて1980年にリリースした2枚組サンプラー。この会社はラジオ局のステーションジングルなどを製作する会社で、ジングルを使った各種の音楽番組のサンプルが入っているという訳。圧巻はA面をまるまる使って収録されたドラマ仕立ての大作「Tomorrow Media」だろう。ナレーション、カットアップ、コラージュ、電子音などなど美味しさ満点の、プロモーションオンリー盤!

#14989

Dick Hyman

¥3,600
Command  938 S  LP  USA  1969
media: VG++  sleeve: VG++  
DH

モーグ超定番アルバム。入門編かつ必携盤!!! "Moog & Me", "Topless Dancers" など収録。

#14987

Library (Michel Gonet, J.Nilovic, D.Sarkys, Brian Quiley, Roger Roger, G.Rodi, etc.)

¥5,500
Crea Sound  MCN 8024  LP  フランス盤  82年
media: VG++  sleeve: VG+  

Crea Soundからリリースされたフランスを代表するヘナチョコ電子音楽家を集結させたインダストリアル、ファンファーレ、スウィート・ミュージック、SEなどをテーマにしたジングル集。5秒とか30秒位の短い曲が130曲! 笑顔とチャーミングな声が素敵なマルティーヌちゃんが各パート(5曲単位)ごとに登場して簡単な説明をアナウンスして貴方をエスコートしてくれますよ。

#14984

Bruce Haack & Miss Nelson

¥13,800
Dimention 5  D 131  LP  US盤  68年
media: NM  sleeve: VG  
ジャケ下部ウォーターダメージあり

63年にブルース・ハーク、エスター・ネルソンらによって設立されたディメンション5からリリースされた一連のチープ・チルドレン・エレクトロニクス作品群の中でも特に人気の高い一枚。A4"School for Robot"は、楽曲の素晴らしさ、コラージュ/カットアップのセンスの良さ、剥き出しながらとことん可愛らしい音色など、すべてにおいて完璧。間違いなくハークのベストトラックの一つと言えよう。

#14985

Jon Appleton

¥13,800
Flying Dutchman  FDS-103  LP  US盤  69年
media: NM  sleeve: VG++  
SMSPL, promo white label

2003年に「Syntonic Menagerie 2」をリリースし、今なおアメリカ電子音楽界に君臨するAppletonのキャリアスタートともいえる69年のアルバム。若い頃から世界の様々な土地で暮らし(日本にも住んでいたことがある)、その都度オンナを取り替えて、その学者っぽいルックスからは考えられない体験主義者的な生活をしていた彼らしく、コラージュと電子音が乱交するアカデミック一辺倒ではないヒップさが魅力。実験と悪ふざけの境界線!

#11460

Jean-Pierre Massiera

¥13,800
Canusa  CLJ 33-113  LP  カナダ盤  68年
media: VG++  sleeve: VG  
WOBC

フランス人ギタリスト Jean-Pierre Massiera による、サイケ、虫声、電子音、ラウンジ、等々、ストレンジなおいしい要素満載のモンドインスト! JP Massiera はエレキインストブーム時代からのギタリストで、この頃から数々の録音スタジオを設立して、アルケミストよろしく様々な音楽的異種交配を試みていたスタジオマッドサイエンティスト。これは Massiera の最初のスタジオ、ニースの SEM スタジオで制作された初期アルバム。後にプログレ、ジャズ界で活躍する Patrick Djivas (PFM)、Andre Ceccarelli も演奏に参加しているそうです。Tony Roman の Canusa レーベルより (姉妹レーベル Revolution からの "L'experience 9" と内容同じです)。

#11859

Ron Geesin

¥4,800
Ron Geesin Products  Ron 28  LP  UK盤  73年
media: VG++  sleeve: VG+  

ソロ作品ではコラージュポップアーティスト的な顔を見せるスコットランドの現代音楽家。英ライブラリーレーベルKPMでも電子音系の作品を数枚残しています。

#10269

Library (Giampiero Boneschi, S.Farina)

¥12,800
Music Scene / TRF  TRF 947  LP  イタリア盤  
media: VG++  sleeve: VG++  
SOC

電子音ライブラリーの奇才ジャンピエロ・ボネスキがB面 "Children's Land" を担当。チルドレンテーマということでボネちゃんがいつになくソフトに送るエレクトロニック ライブラリ好作! 1〜3分程の曲が全15曲。A面はセッションギタリストでもあった Sergio Farina が叙情的でまろやかなサウンドのウェスタンBGMを6曲提供。

#11589

Henri Salvador

¥5,800
Rigolo  RI 30.008  LP  フランス盤  70年
media: VG++  sleeve: VG+  
SOC

フランスを代表するミュージシャン、喜劇役者のアンリ・サルヴァドールがディズニー作品「おしゃれキャット」からインスパイアされたオリジナルソングを制作。この頃アンリはメジャーレコード会社やテレビ局とのトラブルによりインディで活動していたため、録音は超低予算。アンリ自ら自宅ですべての楽器を演奏、全編リズムボックスや手弾きのアナログシンセを多用しており、それがまた独特の質感を生んでいる。アレンジもアイデアと遊び心たっぷりで、ムシ声まで登場する。その後アンリはディズニーから依頼を受け、5枚のチルドレンアルバムを作ることになる。

#14937

OST (Robert Cohen-Solal)

¥18,800
Barclay  80380  LP  フランス盤  69年
media: VG  sleeve: VG+  

Gatefold。見開き10Pの絵本仕様。フランスで1968年から放映が始まったジャック・ルクセル作の不思議グラフィカルアニメ「Les Shadoks」OST、ついに入荷!お空の左側に位置するシャドック星と右側に位置するジビ星の奇妙奇天烈な対決のお話。電子音と、ムシ声で喋るシャドックたちとのコラボレーション。基本的におはなしが被っておりますが、飛び交う電子音や不条理ストーリーに拍車をかける音楽が最高にヒップ!フランス語テキスト、シャドック・ワールドのことがつぶさに判る、シャドック辞典も付属ですのでお勉強にもー。

#11100

Sounds and music of

¥6,800
RCA  LM-1922  LP  US盤  55年
media: VG++  sleeve: VG+  
SMSPL

「シンセサイザー」という正式名称が初めて使われた世界初のシンセサイザー、RCA Electronic Music Synthesizer Mark Iのデモアルバム。エレクトロニクス/コンピュータミュージックの記念碑! A面は音合成のあらましを解説。B面は語りなしで、クラシックからポップスまでサンプル演奏を7曲たっぷり収録。A面の最後に人の歌声のサンプルも収録してます。

#4333

Exercize (Jean Jacques Perrey)

¥12,800
Black & White  JKL 42002  LP  US盤  82年
media: NM  sleeve: VG++  
w/ insert。

モーグ電子音を使用したエクササイズもの珍品。ミネソタのダンサー、振り付け師の Bette と Ione の Darrell 姉妹が考案したエクササイズ法、エナジャイズ体操のレコードでーす。姉妹のお気に入りだったのか、あるいはこの音楽がエナジャイズを触発したのか? なんと Jean Jacques Perrey と Harry Breuer のアルバム "Happy Moog" が伴奏音楽として全面使用されてます! JJペリー関連の珍品の上、ローカルプレスの稀少盤です。

#10955

First Moog Quartet

¥2,500
Audio Fidelity  AF-181  7'  US盤  72年
media: VG++  
promo

ムーグ!byガーシュン・キングスレイのソロ名義。72年リリースの「Popcorn」からのシングルカット。音圧高めでいっただっきま〜す!!

#14808

The Paper Bag Players / Donald Ashwander

¥5,800
PEPER BAG PLAYERS  31343  LP  US盤  73年
media: SLD  sleeve: SLD  

シールド盤。NYを拠点に活動を続けるTHE PAPER BAG PLAYERSは1958年創立のニューヨーク芸術基金などによって運営されている子どもの為の参加型パフォーマンス劇団です。クレヨンでペイントされた紙袋や段ボールなどで作られた舞台で、ダンス、パントマイム、芝居、ライブペインティング、ライブ演奏などをパッケージしたステージは多くの子ども達に人気です。現代ラグタイムの研究・作曲家のDonald Ashwanderが手掛けた73年のこのアルバムは、エレクトリック・ハープシコード、リズムボックス、メロディカ、スライド・ホイッスル、カズーなどのバックトラック+子どもの歌。悪いわけがありません。BRUCE HAACK的な一面を持ったオススメ盤です。

#14911

Orchid Spangiafora

¥10,800
Twin Tone  TTR 7910  LP  US盤  79年
media: NM  sleeve: VG++  

テープコラージュに取り憑かれた若者Spangiaforaが学生時代に制作した音源をまとめたアルバム。ミネアポリスのポストパンクレーベルTwin Toneから限定版でリリースされたレアアイテム。全曲声を中心としたのコラージュをひたすら行った怪作だが、不思議とずっと聴いていられるのは、無駄に音を重ねてノイズ化しておらず、人の声の抑揚が時としてメロディアスに聞こえてくるからかもしれない。

#14654

Joe Venuti / Giampiero Boneschi

¥22,000
JUMP  LP  Italy  1976
media: VG++  sleeve: VG+  

1920年代から活躍したジャズヴァイオリンの草分け的存在Joe Venuti。幼なじみでもあるジャズギターのパイオニアEddie Langとの活動は、その後のジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリにも多大な影響を与えましたが、日本ではティンパンアレーにも影響を及ぼしていました。1975年ラグの研究をするためにVenutiとLangのレコードを仕入れてきた細野晴臣さんと鈴木茂さん。その成果が「キャラメル・ラグ」になったとか。同じ頃イタリアでVenutiが録音していたのが、電子音楽家Giampiero Boneschiとの共作によるこのアルバム。Boneschi独特の洗練された電子音楽をバックに、洒落たスウィングジャズを聴かせてくれます。本当に驚きの鬼レアな1枚ナリ!超名盤!嫁を質に入れてでも買うべし!

#14746

Dick Hyman

¥3,800
Command  RS 946 S  LP  アメリカ盤  69年
media: VG++  sleeve: VG++  

69年。MOOG 超定番にして超名盤!ポップ感覚の中にアブストラクトな感覚も織り込んだ絶妙のアレンジが凡百のイージームーグものと一線を画す。有名なジェームズ・ブラウンのカバー "Give it up or turn it loose" 収録!

#14614

Exercize (Jean Jacques Perrey)

¥15,800
Black & White  JKL 42002  LP  US盤  82年
media: VG++  sleeve: VG+  
※ジャケ二つ折り糊付けの剥がれあり

w/ insert。JJペリー関連でもあまり知られていない珍品。Jean Jacques Perrey と Harry Breuer のアルバム "Happy Moog" が伴奏音楽として全面使用されたエクササイズレコード!果たして許可は取ってるのかどうなのかどうなのよ!

#14593

Pat Prilly (a.k.a Jean Jacques Perrey)

¥6,800
MP2000  MP 27  LP  フランス盤  72年
media: VG++  sleeve: VG+  
WOBC

珍しいパイプジャケ。ディズニーランドのエレクトリカル・パレードのテーマ曲で有名なペリー&キングスレーのコンビ解消後、フランスに戻ったジャン・ジャック・ペリーはモンパルナス2000から71年〜74年の間に7枚の作品を発表しています。PAT PRILLYという名前はペリーの変名で娘のパトリシアに由来しているとか。これはPAT名義での3枚目。1969年にアルバム「HAPPY MOOG」を共作したHarry Breuerがほとんどの曲を共作しています。オススメ!

#14611

Fred Miller

¥4,500
Yorkshire  27021  LP  US盤  72年
media: VG++  sleeve: VG+  

エロムーグ、なんていう下品な言葉を使うにはあまりにも美しすぎるジャケット。甘美かつ洗練されすぎていないアーリー70'sのムーグサウンドに絡む、女性の吐息、あえぎ声!Mort Garsonの「Music For Sensuous Lovers」と並ぶエッチエレクトロニクス超名盤。Fred Millerって誰かの変名?

#14616


101 items found    page: 1  2  3  4  5  6 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART