宗教Religion, Xian
108 items found    page: 1  2  3  4  5  6 
 


Spoken (Nrr. Dr.Dallas F. Billington)

This is Your Funeral
LP¥6,800 SLD  SLD  #2523

66年。シールド!「これがあなたの葬式です」。数ある宗教スポークンものの中でも、ジャケのインパクトでは一二を争う衝撃の棺ジャケ!!存在だけは知ってたけど実物見たの俺も初めてだわ。整然とした色味や品のいいフォントも含めて、決してオカルトになっていないところがじっとりした恐怖を誘う。まさにIncredibly Strangeな一枚!


Gertrude Behanna

God isn't Dead!
Word   LP¥1,800 VG+  VG+  #2091

ジャケに並ぶ酒瓶や注射器のイラスト。アメリカってそんな前から病んでたんでしょうかねえ。宗教レーベルの代表的レーベルWordからリリースの啓発もの宗教スポークン。

genre = 説教 Sermon  

Eric Anders & Family

Same
EA   LP¥2,000 VG++  VG+  #4642

70年代? 謎のブロンド家族の宗教系アルバム。エリックだけでなく家族全員の歌唱。奥さんのアネットさんがピアノ伴奏にアレンジと、エリック以上に働いてま〜す。


Richard Avery and Donald Marsh

Hymns Hot and Carols Cool
Proclamation Productions   LP¥1,800 VG  VG  #10941

(※B7のキズで針飛びします。ご了承ください。WOC, SMSPL-L) 60年代。「おい!神聖な礼拝を無為に過ごす盲従の羊ども!これからは貴様らを退屈させんぞ!」と、ばかりに聖歌の近代化に取り組んだヴァンガードシンガーズは、ソングライトも担当する牧師の Richard Avery と Donald Marsh に、信者代表女子高生の Kay Kraft、ワーキングマザー Doris Quick の四人組。フーテナニーやフォークリバイバルな雰囲気が近いでしょうか、CCM初期の機運の一つでしょうね。fe. Ray Mateyak (g)。グループが所属する Port Jervis, NY の長老派教会の制作。


John Rydgren

Silhouette Segments
LP¥2,800 VG++  VG++  #12939

レアな2枚組からセレクトして1枚にまとめた再発盤。オレンジ色のカード付き。『新しい酒は新しい革袋に盛れ』なんて聖書からのことわざがあるようですが、これはジェネレーションギャップの大きかった60年代の若者にアピールするようラジオDJ形式で伝道活動を行った、ルーテル教会牧師ジョンライグレンの (珍) 番組 SILHOUETTE のコンピレーションレコード。


Father Peter Scholtes

Missa bossa nova
Flair Records    7'¥3,800 VG++  VG  #10316

(WOC) 66年。シカゴからの珍CCMレコ、4曲入りEP。シカゴ南部の教会のアシスタント牧師 Peter Scholtes が、教区の不信心者、世俗の物事に現を抜かしている若者達を (the Satan Lovers と表現されてます) 教化すべく一計を案じたのがこのボサミーティング!歌いたい奴、演奏したい奴みい〜んな集まれ!という趣向。そんなボサミサの中で Scholtes 師が作った歌を収めてます。ミサとボサはライムするけれど.....何でボサノヴァなの??


Mike Johnson

The Artist / The Riddle
Newpax   LP¥2,400 VG++  VG+  #4644

(SMSPL) w/ lyric sheet。76年。サイケCCMバンド The Exkursions でも知られるクリスチャンSSW。このソロ作はまったく穏健な内容、ちょっと田舎っぽいSSWといったかんじでレイドバックしております。同じくロック上がりのクリスチャンSSW、Randy Matthews のプロデュース。


Agape Force

Same
Candle Company Music   LP¥1,400 VG++  VG++  #1628

70年代初期。Barry McGuire をフィーチャーした、CCMフォークコーラス、Tony Salerno 率いる Agape Force のアルバム。後に子供向けクリスチャンレコード Music Machine シリーズを作る Candle グループの制作です。


Dan McBride

Dear Computer We Adore Thee
chm   LP¥4,200 VG++  VG++  #2398

70年頃。見よ!このグレートジャケを!!ダンおじさんは「宗教ユーモアフォークシンガー」。宗教音楽界のなぎら健壱みたいな感じですかね。この慇懃なタイトルのついたサードアルバムは、コンピュータ社会ギャグってことですな。ライブ盤なので笑い声も入ってます。「しかしコンピュータってのは律儀だね。誰が神様を作りたもうたのか?って訊いたら『ビル・ゲイツ』だって」てな感じのこと言ってんでしょうかね。まあそんなことはいいや。とにかくこのジャケ!グっときすぎすぎ!


Candle

The Music Machine
Birdwing   LP¥1,800 VG+  VG+  #355

77年。CCMグループ Candle によるチルドレンレコード。ユートピア Agapeland に迷い込んだ子供ペアが自動ソングマシン (Candle のソングライト&歌唱) と、楽しく教育的な歌を一緒に歌っていくっつー趣向。絵本付き見開きジャケ。CCM ソフロ〜AORの要人 Hadley Hockensmith らの演奏。arr. Fletch Wiley。


Evangelist Don Parker

Snowball Spitball Fireball
LP¥2,400 VG+  VG++  #7508

60年代。Parker さんのありがた〜い説教レコード。と、思ったらなにやらスパゲティーについて熱く語っております。サンプル音には6〜7分程度の盛り上がり部分を入れましたが、さらに激高レベルの語りもあるYO。恐い! A面最初とB面終わに歌あり。

genre = 説教 Sermon  

King Family

Sunday with the King Family
Warner Bros.   LP¥1,200 NM  VG+  #14366

(DH) 66年。人気のTV番組 King Family Show から派生した企画盤。King Sisters の六姉妹、二兄弟の約40人家族による賛美歌集でおじゃる。ファミリーショーは元々キングシスターズの教会慈善公演がきっかけの一つだったというので、この企画も自然な流れだったのでしょう。本作と一連のキングファミリーレコードの編曲を担当する Ralph Carmichael はクリスチャン音楽の発展に貢献した人物であります。


Hal Lindsey

The 1980's: Countdown to Armageddon
LP¥800 VG++  VG  #14057

80年代。80年代が終わればハルマゲドンが来る、って今から見れば本当だったかも知れない...?

genre = 説教 Sermon  

Sonny Salsbury & the Reflection

Good Morning, Lord
Word   LP¥3,800 VG++  VG+  #10809

(DH) 現在も活躍するCCM界の才人Sonny Salsburyの1972年発表のアルバム。コーラスグループThe Reflectionをフューチャーした本作は、まったく購買欲をそそらないジャケットとは裏腹に、ポップでCCMソフトロックの中でも良い線行ってる方じゃないでしょうか?79年のアルバム "Song For All Seasons" でもセルフカヴァーしているヨカ曲"Thanksgiving"をはじめとして、全体的にステ曲なしのアルバムです。


Jeremiah People

Where Your Heart Is
Light   LP¥3,500 VG++  VG  #2505

CCM界で幾つもの隠れた名盤をリリースしている彼らの77年作。名作『Buildin' for the Very Third Time』に比べると、ソフトロック色はぐっと落ちますが、洒落たコード使いや絶妙のコーラスワークなどは健在!なぜかB面に漫才みたいに大受けしてるトークライブが入ってます。こいつら実は面白いやつなのかな。


Renaissance

Prise God!
Tempo   LP¥2,400 VG+  VG+  #2368

75年。宗教ソフトロック。「LIFE」で有名な要注目コンポーザー、Otis Skillingsのプロデュースによる良盤。ヤング101な高揚感あるA4あたり使いどころ。


Prayer Songs for Today's People

Prayer Songs for Today's People
Concordia   LP¥2,000 VG+  VG+  #8650

71年。11曲の賛美歌を取り上げ、9〜13才の子供向けに歌の心と信仰の尊さを教え込まんとするクリスチャンレコード。なので各曲の冒頭に女声ナレ入ってます。意義ある企画だとは思いますが、しっかし、なんでこんなヒップなロック文化っちいジャケットになってんでしょうか?? ピアノも演奏している Charles E. Title のディレクション。


Merrill Womach

Happy Again
New Life   LP¥3,200 VG+  VG  #12572

(SPL) 1961年の飛行機事故によるヤケドが目印のクリスチャンシンガー、ウーマックさん。事故後もそのやけただれた顔で精力的にレコードを出し続けてきましたが、その集大成とも言えるのがこのアルバム。事故から13年間の彼の生活ぶりや、黒焦げの顔面、手術シーン、悩む家族、担当医のインタビューなどが収められたを収めた30分の映画から数カットが内ジャケに掲載されています。白人ゴスペルながら曲の方もなかなかグルーヴィー!


Merrill Womach

In Quartet
New life   LP¥3,400 NM  VG+  #592

ウーマックのいわゆる「ヤケド後増殖ジャケ」。事故以前にもおなじアイデアで一人コーラス隊アルバムを出してますが、今回はミラーボールの下で増殖した一人カルテット。飛行機事故から16年後の1977年。結局このシトは、敬虔なクリスチャンというより、自分大好き人間なんじゃないんすかね。


Ralph Carmichael Orchestra

Sacred Rhapsody
Chapel   LP¥1,800 VG+  VG+  #709

(SMSPL) 50年代。カーペンターズの "Love is Surrender" の作者。メジャーな音楽シーンでも活躍し、CCM のパイオニアの一人と言われる名作編曲家。教会音楽をストリングスによるイージーリスニングで。非常にジェントルな仕上がり。B1 "a Medley for Children" はエキゾ味もあって、おもろ。gold label with black print。



108 items found    page: 1  2  3  4  5  6 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART