イージー70年以前EZ -70
69 items found    page: 1  2  3  4 
 


Richard Christensen

Muve
Capitol   LP¥1,400 VG+  VG  #1067

(SMSPL-L, DH) 68年? ポエトリーリーディング レコード。BGM は Tartaglia の編曲。


COCKTAIL TRIO

Voor geen hondderdduizend gulden/ Stil laten staan
Wea   7'¥2,000 VG+  VG+  #2206

HOLLAND盤。sonota注目のオランダの陽気なオジサン3人組カクテル・トリオ。両面ほのぼのとジャジーなマーチ曲。ザニーニ、サルヴァドールの次はコレですよ!79年。


Frank Wojnarowski

Dream Polka
DANA   LP¥2,800 VG+  VG+  #11360

(SMSPL) 60年代? ちっともエロくない景気のいいポルカ曲にのせてウェットドリームをどうぞ! Frank Wojnarowski バンドによるポーランド系ポルカスタイル演奏。ポルカ名士 Walter Dana 主宰の DANA レーベルより。


Marco Rizo

Bossa Nova
Somerset   LP¥1,350 VG++  VG  #5586

(SMSPL-L) MONO。60年代前半。キューバ出身のピアニストのラウンジボサ。リゾートムードな軽い雰囲気が良いですね。TVドラマ "I Love Lucy" の音楽担当者だったので、そのテーマ曲をアレンジした Lucy Bossa を聴かせてくれますYO。ワオ。Desafinado、One Note Samba なども選曲。


Pedro Rodriguez

Bossa Nova
Sutton   LP¥1,400 VG+  VG+  #4805

(WOC) MONO。60年代。ボサノヴァのボの字も感じられぬラテンラウンジ。でもラウンジとしてはエエ塩梅だから許してあげようよ。レーベルの曲順もズレまくっているのでご注意。A5, B2,5 などなど。他、Bolero (B4)、Cumana (A3) とかも演っちょる。


V.A. (Gershwin, Wagner, Henri Rene, Sauter-Finegan, etc...)

Hearing is believing
RCA Victor   7'¥2,000 VG+  VG+  #10886

(SMSPL) 54年。文字通りでいいますと、一聞は百見にしかず!?


Eddiw Warner

4 Calypsos
Odeon   7'¥3,200 VG  VG  #7538

仏盤 1953年作, 4曲入り。70年代に二ノ・ナルディニ、ロジェロジェらとともに電子音楽スタジオを設立、ヘッポコ電子音楽に明け暮れたフランスの才人が、50年代にトロピカルバンドを率いて録音した処女作。サビアクガード、ペレスプラード人気の波に乗り人気を博し、ムーランルージュの新しいキャバレー等のダンス会場でフランスで大人気だったとか。Terry Gilkyson らのヒットで知られる Marianne も演ってます。


Googie Rene

Beautiful Weekend
Randezvoud   LP¥3,800 VG+  VG-  #2911

(WOC-L, SMSPL) 西海岸で活動したオルガニスト/ピアニスト・グーギーが、同じく作曲家でレーベル経営をしていたお父さん(Leon Rene)のレーベル"Class"からのシングルを集めた洒落た1枚。彼はこのレーベルでA&R兼プロデューサーとしても活躍。この盤での演奏は分からないが時期的には56年頃なので、Plass Johnson,Clifford Scott, Earl Palmer, Jphnny "Guiatar" Watson などのウエスト・コーストの凄腕セッションメンが参加してるカモ? ちなみに芸名のグーギーは彼が生まれた時の第一声から取られたもの。


Roy Harrison and his Orchestra

Music for lovers
Imperial    LP¥1,800 VG  VG+  #12303

(SMSPL) US盤 56年。イギリスでも映画音楽や劇場音楽の作曲家として携わっていた指揮者、作編曲家ロイ・ハリソンのインンペリアルでのイージリスニング4部作のうちの4枚目。A面はストリングスを主軸に置いたエレガントで甘美な楽曲、B面ではピアノコンチェルトものやダイナミクス溢れるオケものなど集めております。
[A] Saint Louis Blues/Siesta/String Operation/Oh What A Beautiful Morning/I'll See You Again/Liza
[B] Mood Indigo/The Man I Love/Black And Tan Fantasy/Hora Staccato/Mexican Hat Dance/Emperor Waltz/Neapolitan Love Song収録。


Raymond Scott

Warm Rain
Sunset   LP¥3,800 VG+  VG+  #13609

60年代末 (58年の "Rock 'n Roll Symphony" の編集盤)。ロックンロール旋風吹き荒れる、58年のある日レイモンド・スコットはこう問われた「レイスコさんだったらロックンロールをどう料理しちゃうんですかね〜、大人に憎まれないロックンロールなんて作れちゃったりして?」その質問の回答としてレイスコが悩んだ末に作り上げたのがこのアルバムってワケ。ストリングス・ムードにちょっぴりビートを効かせてみた感じ。


Los Brasilios and the Juan Morales Singers

Brasilian Beat '67
Design   LP¥3,000 VG+  VG+  #9836

カナダ盤 MONO。60年代後期? ご存知セルメン クローンの有名盤。でも実は中身はジャケほどセルメンに非ず! ややキッチュなラテン〜エキゾ ラウンジとして楽しいアルバムとなっておりやす。Brasilian Beat (Tijuana Country) 収録 (ブラジリアンでティファナとはこれ如何に?)。


Los Mayas

Viva Los Mayas
Palette   LP¥1,200 VG++  VG++  #4075

オランダ盤。67年。ギタリストLuiz Ricardoをフィーチャーしたムーディーなギター・インスト。コーラスやハープシコードやピアノをバックに気怠く朴訥に響くクラシック・ギターの妙なる響きよ。「ララのテーマ」「エリ−ゼのために」「Maria Magdalena」など。シミるなあ〜、お銚子もう1本つけて〜。


Baja Marimba Band

Band Rides Again
A&M   LP¥1,500 VG++  VG+  #10608

(SMSPL) 65年 2nd。立ちション伝説はここから始まった! B1,3, A4,5 などレコメンド。宇宙から帰還したホセヒメネスがライナー書いてます。


Herb Alpert's Tijuana Brass

Volume 2
A&M   LP¥1,400 VG+  VG+  #10610

63年。A&M の創業者ベンチャー社長アルパートのアメリアッチグループ、ティファナブラスの二枚目ですだ。Mexican Corn など数曲の自作の他、シャンソン曲 Milord、サントラ曲 More などを陽気に、ちょいとホンキートンクにカバー。


Herb Alpert & the Tijuana Brass

What Now My Love
A&M   LP¥1,600 VG+  VG+  #10613

MONO。66年 6th。A&M レーベルのリーダーとして60年代ポップスをリードしたトランペッター、ハーブアルパートのティファナブラス。本作は John Pisano の So What's New?、Julius Wechter の Brasilia など、A&M一家のヨカ!オリジナル曲も入ってます。


Herb Alpert & the Tijuana Brass

The Beat of the Brass
A&M   LP¥1,500 VG++  VG+  #10611

68年。通算10作目は豪華Wジャケ内側のスチールに見られるように、ティファナブラスをフィーチャーした同タイトルのテレビ特番と連動したアルバム。がんばった甲斐あって This Guy's in Love with You がアルパートとA&Mならびにバカラック&デヴィッドにとって初である全米1位を獲得。やったね社長! 他、Slick、The Robin、Panama などオリジナル佳曲も収録。


Herb Alpert & the Tijuana Brass

This Guy\'s in Love with You
A&M    LP¥1,000 VG++  VG+  #11292

英盤 70年。60年代後期作を中心に8枚のアルバムから選曲された編集盤。Bittersweet Samba、Casino Royale も入ってます。


Denny Vaughan and his orchestra

Aberga-Denny
Beverly Hills   LP¥1,800 VG+  NM  #935

69年? トロント出身の作編曲家。イギリスで歌手としての活動歴もあるようですが、この頃はアメリカで "Glen Campbell Show"、"Smothers' Brothers Comedy Hour" などの音楽ディレクターを務めていました。Good Morning Starshine、自作の Lonely Evening Time など。CTL レーベル音源の模様。


Pete Schofield

It's a Sign of the Times
Birchmount   LP¥1,800 VG+  VG++  #5947

(DH) カナディアンフレンチのレーベルとしてモンド2000でも取り上げられたBirchmountですが、ファーストリリースのスザンヌがバカラックの大量コピーをしていたくらいで、ポップスというよりイージーリスニング的な作品を多く出していたようです。このカナディアンズは、リーダーのPeteに集められた10代の若者が2年間音楽訓練をして出したBirchmountの二枚目。"Taste of Honey"や"Yesterday"などをのんびり演ってます。ホーンセクションに異常に深いリバーブがかかってるのは、ヘタさをごまかすためでしょうか。ヘタでもいいのにねえ。


Les Reed

New dimensions
Deram   LP¥3,000 VG++  VG++  #7513

MONO盤。音圧ぶっとくキテます!60年代末。There's a Kind of Hush、It's Not Unusual などポップヒットも多く書いたエゲレスの作編曲家。本作は上記の二曲も含め、Call Me や、Strangers in the Night など演っちょるポップオーケストラアルバムでやんす。



69 items found    page: 1  2  3  4 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART