イージー・ラウンジEZ, Lounge
135 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7 
 


Stradivari Strings

String along with me
Spinorama   LP¥3,800 VG+  VG+  #11551

(SMSPL) MONO。60年。ロサンジェルス、NYの有名劇場支配人のEarl Carrollに請われてアレンジャー、指揮者としての地位を固めたAl Goodmanのプロジェクト、スタラディヴァリ・ストリングス。ショパンの幻想即興曲,ボロディンのだったん人の踊りなどのクラシックやJeanette MacDonald and Maurice Chevalier主演のMerry Widowからヴィリア、Victor Herbert作曲のキスミー・アゲインなどのミュージカルオペラ曲をストリングスのほか、管、アコーディオン、チェレスタなども交えて流麗にラウンジーに聴かせます。あ、いい忘れてましたがジャケ写が106cmという巨乳の持ち主、カルト&セクシーアイコンのジェーン・マンスフィールド様だというのが本作のイチバンの売りです!!


The Dirty Old Men

Same
Nocturne   LP¥1,600 VG++  VG  #13256

(SMSPL) 70年頃。Jackie Kelso (sax)、Bob Harrington (p) らのデスコテーク〜ラウンジ系ポップインスト。Honky Tonk Women、Woolly Bully、など。


Sam "The Man" Taylor and Dick Hyman

Rockin' Sax and Rollin' Organ
MGM   LP¥2,800 VG+  VG  #5680

(SMSPL) 57年。レイスコの Secret 7 などにも参加している売れっ子テナーマン、サムテイラー (日本でのムードインストの録音も多い親日家) と、これまた売れっ子鍵盤奏者のディックハイマンの、サックス&オルガン共演アルバム。ブルージー〜R&B テイストなポップジャズ。


Gary Schneider / Don Hazelitt / Herb Goodman

Very Easy
Garrus   LP¥3,200 NM  NM  #3345

70年代? サンフランシスコのローカルトリオ。オルガン担当の Schneider はオハイオの少年時代に子役として地元のラジオ放送局に出入りしていたが、スタジオ機器とりわけハモンドオルガンに魅了され、16歳でついにハモンドを手に入れたのでした。それぞれセミプロな活動をしてきたようですが Goodman (clnt, sax) はボイドレイバーン楽団での活動歴もあり。 ドラムの Hazelitt は多重録音で鍵盤も担当。彼らの世代を越えた名曲スタンダードをたっぷり16曲をイイ湯加減で。Hindustan、Blue Skies、It Had to Be You、Lady Be Good、etc。


Don Costa

Echoing Voices and Trombones
United Artists   LP¥2,500 VG+  VG+  #13263

60年代初期? 名アレンジャー/プロデューサーのステレオアクション系アルバム。コーラスをフィーチャーして、ボブトンの Mmm Nice の向こうを張った楽しいアレンジで聴かせます。Day In Day Out、Just In Time、Skyliner などスタンダード系の選曲。Bobby Byrne、Terry Snyder などコマンドレーベルでもお馴染みの演奏陣です。fe. Joe Venuto, Al Caiola, etc。


Franck Pourcel

Pages Celebres vol. 4
La Voix de Son Maitre   LP¥1,800 VG++  VG+  #3847

仏盤 70?年。イージーリスニング フランス代表のプゥルセル。これはクラシック〜オペラ系の格調高い選曲。なにかのノベルティーとしてのプレスだと思いますが詳細不明。Wジャケットです。


Richard Hore

At Home
ODE   LP¥3,800 VG++  VG+  #3067

(SMSPL) ニュージーランドの視覚障害者オルガニスト、リチャードくんによる、E感じのオルガン湯加減ラウンジミュージック!"Brazil" "Yellow Bird" "雨にぬれても"などをプライベート感たっぷりに一人熱演してます。70年代中期の作品だと思われますが、リズムボックスの音、特に金物系がアナログとは思えないので、もうちょっと後なのかなあ。この手のレコは年代を確定するのが難しいす。演奏は非常にスクエアで、リチャードくんの真面目さが伝わってきます。


All Accordion Band

Accordion Capers
Time series 2000   LP¥1,400 VG++  VG  #14236

(SMSPL) 60年代。NYシーンのセッションメンでもある Dominic Cortese、Angelo Di Pippo ら4名のアコーディオン奏者をフィーチャーした軽音楽集。Four Brothers、Lullaby of Birdland といったジャズソングや、ポップススタンダード、クラシックのアダプトなど演奏してます。編曲担当の Joe Cain は主にNYのラテン音楽界で活動したトランぺッター、作曲家。


Emmanuel Brun

La scie musicale

France盤 75年。scie musicaleはそのままmusical sawの意。フランスののこぎり奏者。なんともスペーシーなフォーキーな浮遊感がたまりません。アヴァンギャルドなピアノとベースのみのバッキングの上を自由にのこぎりが漂うA3、オルガンをフィーチャーしたグルーヴィーなリズム隊にのこぎりが絡むA4、ファズギター+のこぎりのグルーヴB1など意外に聴き応えのある、のこぎりの限界に迫った意欲作。


Richard Christensen

Muve
Capitol   LP¥1,400 VG+  VG  #1067

(SMSPL-L, DH) 68年? ポエトリーリーディング レコード。BGM は Tartaglia の編曲。


COCKTAIL TRIO

Voor geen hondderdduizend gulden/ Stil laten staan
Wea   7'¥2,000 VG+  VG+  #2206

HOLLAND盤。sonota注目のオランダの陽気なオジサン3人組カクテル・トリオ。両面ほのぼのとジャジーなマーチ曲。ザニーニ、サルヴァドールの次はコレですよ!79年。


Frank Wojnarowski

Dream Polka
DANA   LP¥2,800 VG+  VG+  #11360

(SMSPL) 60年代? ちっともエロくない景気のいいポルカ曲にのせてウェットドリームをどうぞ! Frank Wojnarowski バンドによるポーランド系ポルカスタイル演奏。ポルカ名士 Walter Dana 主宰の DANA レーベルより。


Rudy Rosa with His Custom X66 Hammond

A Musical Climax
Rudy Rosa Custom Organ Services, Unltd.   LP¥3,600 VG++  VG+  #11646

w/ poster。77年。バージニア州からフロリダに移住したオルガンウィザード、ルディーローザは Bradenton Beach の風光明媚なビーチ際に店を構えるレストラン Trader Jack's のレギュラーオルガニストに収まったのであった。ローザのチューンアップしたハモンド X-66 や、アープシンセなどのコンビネーションによるきらびやかな音色、プレイスタイルはトロピカルなロケーションと相まって絶妙な効果を発揮したことでしょう。スインギーな Satin Doll や、アトラクティブな "愛のテーマ" (A6)、Brazil、Sweet Georgia Brown の他、違いがわかる Theme from Mahogany、バカラック Make it Easy on Yourself など演ってます。地元サラソタの Dave Walshaw がドラム担当。同時期に作られた姉妹盤 "A Love Story" もよろすく。


Rudy Rosa on His Custom X66 Hammond

A Love Story
Rudy Rosa Custom Organ Services, Unltd.   LP¥3,600 VG++  VG+  #11647

w/ poster。77年。バージニア州からフロリダに移住したオルガンウィザード、ルディーローザは Bradenton Beach の風光明媚なビーチ際に店を構えるレストラン Trader Jack's のレギュラーオルガニストに収まったのであった。ローザのチューンアップしたハモンド X-66 や、アープシンセなどのコンビネーションによるきらびやかな音色、プレイスタイルはトロピカルなロケーションと相まって絶妙な効果を発揮したことでしょう。本作はラブソング特集。Look of Love、When I Fall in Love、You and Me Against the World など、全て愛のテーマで、バリアー島である楽園のラブムードを盛り上げます。地元サラソタの Dave Walshaw がドラム担当。同時期に作られた姉妹盤 "A Musical Climax" もよろすく。


Robert Maxwell, His Harp and his Orchestra

Red Hot Harp
MGM   LP¥2,200 VG++  VG+  #12938

1958年 MONO
Ebb Tide(ひき潮)の作曲者として知られるハープ奏者、スペースエイジラウンジ系の好作。
収録曲:Bing Bang Boomerang / Johnson Rag / Runnin' Wild / Just Foolin' Around / Happiness is a Thing Called Joe / Sing Sing Sing / Don't Get Around Much Anymore / Second Avenue Scene / Tarantula / Lullaby in Rhythm / One O'Clock Jump / Good Nigh, Sweetheart


Bob Rickles & The Bob Freeman Orchestra

The Sound of Banjos & Ping Pong Percussion
CORONET   LP¥1,500 VG++  VG+  #12933

(SMSPL) 1960年 STEREO
ステレオLPが登場した1958年〜60年代に掛けてのレコード業界の流行となったパーカッションレコード。
収録曲:Ring the Banjo / Bill Bailey / Oh! Susannah / Rings on My Fingers / Comin Through the Rye / In the Good Old Summertime / Arkansas Traveler / Stars and Stripes / The Man on the Flying Trapeze / Rosie / Goodbye Little Girl / Bedelia


Arthur Lynds Bigelow

Ring! Christmas bells
Columbia    LP¥2,500 VG+  VG+  #14546

(SMSPL) US盤 65年。カリヨン、ハンドベル、スレイベルなど、ベルのことならなんでもお任せ!のベル奏者Arthur Lynds Bigelowと、マサチューセッツ州の教会でオルガン奏者をしているMarjorie MacCombとのコラボレーション。やむを得ないチューニングのズレも気にならないくらい、おおらかな気持ちで、ああクリスマスだな〜〜って雰囲気になれます。


Boulou with the Paris All Stars

13 years old jazz sensation from France
4corners of the world   LP¥11,800 VG  VG+  #6109

66年。ジャンゴ・ラインハルトの甥っ子の天才ギター少年のLP!この年(13才)にしての枯れたプレイとやんちゃスキャットの取り合わせが微笑ましくってサイコーです。バックはアラン・ゴラゲールがガッチリ仕切っているのでなるほどイイ感じ。"Girl from Ipanema", "Salt peanuts", "Bluesette"など全12曲収録。


George Barnes

Country Jazz (MONO)
Sparton / Colortone   LP¥14,800 VG+  VG++  #3027

(キズはほとんどありませんが、少しチリチリします) カナダ盤。50年代後期? 30年代シカゴから12歳でプロ活動を始め、黎明期のエレキギター奏者としてソロ/リード楽器としてのギター演奏発展に貢献したギターマエストロ。50年代はニューヨークに活動拠点を移し放送局やレコード録音のセッションに明け暮れ、Three Suns や Raymond Scott などとも録音しとります。この頃、ステレオ録音紹介期にはスペースエイジなリーダー作もあるが、本作は、カントリーフェアでの演奏やブルースセッションを行っていた10代の自分と現在の自分をオーヴァーラップさせ、"Shortnin' bread" や、"Chicken reel" などカントリーな選曲をステディーなジャズ演奏で聴かせるレア目な一枚です。


Lloyd Green

Shades of Steel
Monument   LP¥1,500 VG+  VG  #12616

73年。ナッシュビルのスティールギター殿堂入りの名人ロイドグリーンの Monument 吹き込みの1枚目。Killing Me Softly〜、Here Comes the Sun、Sleep Walk などヒットポップスや自作を演奏するイージームードなアルバム。自身が設計し、この年に完成した Sho-Bud LDG ギターとのジャケット。

genre = ギター Guitar  


135 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART