電子系ライブラリLibrary Electronic
35 items found    page: 1  2 
 


Patch Cord Productions (Mort Garson)

The Connection
William d Cunningham & Associates   LP¥24,800 VG++  VG+  #11364

Mort GarsonとDave Williamsによる電子音楽スタジオ"Patchcord Productions"制作のCM作品を集めたプロモーション・レコード。「エド・サリバン・ショー」などでも活躍したコメディアン兼俳優のCliff Nortonによる軽妙なナレーションに乗って様々なCM曲が紹介されていきます。鬼レア盤!!  片面のみの収録です。


Heinz Funk

Haendel Goes Electronic & Signals & Bridges in Music
Selected Sound   LP¥3,800 NM  VG++  #9093

独盤 82年。エレクトロニックライブラリー。A面は自作を交えつつヘンデルをアレンジしたスイッチトオンバロックな内容、1〜2分程度の長さで12曲。B面は数秒のワンフレーズ集でびっちり136トラック! ハインツフンクさんはドイツで劇伴なども手掛けていた作曲家。1915年生まれということですから、70才近くでモーグでしこしこしていたのですなぁ〜。


Library (Simon Park)

Prophecy
music de wolfe   LP¥2,000 VG++  VG+  #7213

(SOC) 81年。シンセライブラリー。A面はクラシック曲をスイッチトオン! B面は Park のオリジナル曲でライトクラシック調からややアブストラクト調などいろいろ入ってます。


Library

Weekend Hobby
Selected Sound   LP¥2,800 VG++  VG+  #9095

独盤 84年。イージーポップなBGM集。静かめな曲もありますが、"週末のお楽しみ" ということで、全体的には陽気な雰囲気。シンセ率も高し。Alexander Schulga、Peter Thomas、Hans Haider、Jan Troysen らの作曲。


JANKO NILOVIC

Concerto pour un fou
MONTPARNASSE 2000   LP¥6,800 VG  VG+  #2283

FRANCE盤。人気のヤンコ氏のムーグと女声コーラスをフィーチュアしたライブラリー。全体的にはクラシカルだがグルーヴィー・ゴスペルの"Oh my soul", マリアッチ風味の"Adios bambina"など新たな魅力発見盤。 MONTPARNASSE 2000, MP 82


Roger Roger et Nino Nardini

Animals' Christmas
Crea Sound   LP¥14,800 VG++  VG+  #12683

(SMSPL) 仏盤。ロジェロジェの数ある作品の中でも“最優秀ジャケ・アート大賞"を受賞した逸品。電子楽器を駆使しての様々な動物の声をイメージしたヘッポコサウンドが最高!! 1911年生まれ。オペラ指揮者を父に持つロジェは幼少の頃から音楽教育を受け、18歳の頃には早くも自身のダンスバンドを率いて活躍。55年にライブラリー制作会社Chappellと契約し、60年代にはパートナーのNino NardiniとEddie Warnerと共にフランス近郊にGANAROスタジオを設立、夜な夜な自作シンセやノイジーなハープシコード、電子変調したドラムなどを駆使して数々のオモシロ作品を生産していきました。こんな音楽を60歳位のおじさん二人で録音してるなんてイイネ! 英才教育を受けたロジェが最終的にこんなヘッポコになっちゃったのはお父さんに冗談で付けられちゃったROGER ROGERって名前のせいか!?


Cecil Leuter

Les Sons Electroniques
Neuilly   LP¥8,800 VG+  VG+  #10199

(SMSPL) 仏盤 71年。へっぽこ音楽大家 Roger Roger がちょっとマジで作ってみた変名エレクトロ ライブラリー、SE的でアブストラクトな1〜2分の短曲集です。Dialogue Dans L'Espace、Retombees Nucleaires、L'Ordinateur Deregle とか空想即物的なタイトルの曲が全17トラック。


Library (Francis Monkman)

Predictions Part Two
KPM   LP¥5,800 VG+  VG+  #8753

英盤 79年。Curved Air、801 のメンバーだった鍵盤奏者/作曲家フランシスモンクマンの電子音ライブラリー。A面は、801のバンドメイトだったブライアンイーノと同じようなアンビエントトラック集。そのまんまアンビエント使用にばっちり! B面は数十秒の短い曲/SEものが多いです。


Library (Eric Peters, Lewis Stern)

Electromusic
KPM   LP¥7,800 VG++  VG++  #7914

英盤 72年。最近再発された幾つかのエレクトロニカ系コンピCDに収録され、ようやく名が知れるようになったEric Peters。コンクレート的手法やピュアな電子音を中心に構成されたシンプルでクワイエットな音像は、ライブラリという枠を越えて、エレクトロ/アンビエント作品として大いに評価されて然るべき内容。KPMの同シリーズにはRon Geesinというスター選手がいますが、こっちの方が好きという方もいるかも。一曲だけ参加しているLewis Stern(もしかしたらEricの変名?)によるB7のペリキンの作りかけみたいな曲も面白いです。


Library (Giampiero Boneschi, S.Farina)

Western 'n' Country Scene / Children's Land
Music Scene / TRF   LP¥17,800 VG++  VG++  #11589

(SOC) 伊盤。電子音ライブラリーの奇才ジャンピエロ・ボネスキがB面 "Children's Land" を担当。チルドレンテーマということでボネちゃんがいつになくソフトに送るエレクトロニック ライブラリ好作! 1〜3分程の曲が全15曲。A面はセッションギタリストでもあった Sergio Farina が叙情的でまろやかなサウンドのウェスタンBGMを6曲提供。


Library (Giampiero Boneschi)

A New Sensation in Sound "Themes, rhythmic and abstractionisms" vol.6
CAM   LP¥8,800 NM  VG+  #10420

伊盤 73年 w/ inner sleeve。ライブラリーレコードで多数のエレクトロニック作品を発表している、元はジャズミュージシャンだったイタリアのおもちろ音楽家。ボネスキの電子音作品が最も充実している CAM レーベルの1枚。これは全体的にダルな雰囲気のピュア電子音曲集となってます。


Library (Giampiero Boneschi)

A New Sensation in Sound, relaxing musical themes vol. 1
Cam   LP¥9,800 NM  VG++  #9587

伊盤 74年 w/ inner sleeve。"Relaxing musical themes"電子音楽ものライブラリー。本作はシンセ以外の生楽器も使用しイタリアン・サントラといった雰囲気。


Rick Baker

Electronic (Sports)
Chappell   LP¥1,800 VG+  VG+  #7646

(SMSPL) 英盤 86年。シンセ ライブラリー。sporting flavour ということで、派手めなシンセBGMが10曲収められております。それぞれの曲の30秒程のジングル ver. も入ってます。


Jan Yrssen

Week-End Party
PSI   LP¥3,800 VG+  VG+  #9993

仏盤 75年。クラヴィネットやシンセなど使ったライブラリー。パーティーつって、けっこうレイドバックした雰囲気ネ。


Amedeo Tommasi

Grandangolo
Cinacolo   LP¥4,800 NM  VG++  #14292

伊盤 81年。映画音楽作家、ジャズピアニストのアメディオトマシのエレクトロニックライブラリーレコ。SF〜サスペンス系の曲調。


H. TICAL

Modulations
MUsique Pour L'image     LP¥8,800 VG++  VG+  #14277

MONO 仏盤。イタリアのヴァイオリニスト、作曲家のアルマンドシャーシャ (aka H. Tical) のライブラリー作。全曲抽象的なエレクトロニック音楽です。2〜3分程度で、全16曲。


Library (Giampiero Boneschi)

A New Sensation in Sound, fantastic, futuristic music vol. 4
Cam   LP¥9,800 VG++  VG+  #9590

伊盤 74年 w/ inner sleeve。"Fantastic and futuristic music"アブストラクトに流れる電子音楽もの。本作のテーマは'抽象'。アグレッシヴで凄くカッコいいです。


Library (Giampiero Boneschi)

A New Sensation in Sound, fantastic and futuristic music vol. 3
Cam   LP¥9,800 VG++  VG++  #9589

伊盤 74年 w/ inner sleeve。ライブラリーレコードで多数のエレクトロニック作品を発表している、元はジャズミュージシャンだったというイタリアのアーチスト。アブストラクトに流れる電子音楽もの。本作のテーマは'描写'。アグレッシヴで凄くカッコいいです。


Mladen Franko, Giuseppe Solera

Golden Age
Intersound   LP¥2,000 VG++  VG++  #7073

独盤。あの大ヒットデスコ "ソウルドラキュラ" Hot Blood の演奏サポートもした Franko と Solera のライブラリー系アルバム。ユーロデスコ人脈の裏の顔というか、仕事量的にはたぶんこちらが本筋なんでしょうな。Solera のハーモニカと、Franko のシンセをフィーチャーしたMORインスト集です。意味不明のジャケも Franko 画。


Don Voegeli

Four Notes in Search of a Tune
Wisconsin-Extension   LP¥8,800 VG++  VG+  #11378

知られざる電子音楽の名盤を数多く発表しているDon Voegeliの73年作。ものスゲェ〜良いのに、何故こんなにも無名なのかと言うと、彼の所属したウィスコンシン大学が行っていた大学に蓄積された物的・知的・人的資源を社会に解放しようという「エクステンション活動」が彼の活動基盤だったからだろう。この活動はウィスコンシン・モデルと称され、全米各地に広がっている。彼は元々はジャズ編曲家だったが、この活動に参加し、同大学内に自身の電子音楽スタジオを設け視聴覚や放送事業の為の音楽を提供し続けた。一般にはその名前を知られていない存在だが、彼の音楽は全米のラジオ・テレビ局のほとんどで使用されていたという。



35 items found    page: 1  2 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART