ブラジリアンBrasilian
57 items found    page: 1  2  3 
 


Grupo Veneno

Lembrancas
Edition Kuenstlertreff   LP¥7,800 NM  NM  #8139

Germany盤 79年。ジャズコンピの常連曲「Guarana-Guaranar」収録のレアな自主制作盤。本作はボッサ寄りというよりもサンバ/ラティーナのグルーヴが堪らなく心地良い捨て曲無しのユーロブラジリアン好盤!男子がヴォーカルを執ってるB3、B4あたりはしっとりMPBの香りも漂わせソングライティングの素晴らしさには目を見張るものがあるです。トロピカリアな雰囲気「Me da nao dou」、テンションコード&クイーカ使いがお見事「Venta O Vento」、マルシャ「Genival」もお薦めなんだなあ。録音やミックスのインディージャズ感もナイス。


Deny & Dino

same
Odeon   LP¥8,800 VG  VG+  #9104

(ジャケに少しシワあり) Uruguay盤 67年。ブラジルのSSWデュオの2ndアルバム。ビートルズを通過したジョーベン・グアルダなサウンドはソフロにも通じるメロディの胸キュンさと相まって爽やか&ポップ。ペナペナしたギター・ソロも聴きどころっす。ホーンズが花を添えるキュートなマルシャ「O ciume」、オルガン&EGが味だしまくりのユルいマージービート「Agora e diferente」、60'sモッズの雰囲気「E o fim」、「Pra ver voce chorar」などなど。


Nonato e seu Conjunto

Same
SOM   LP¥6,000 VG+  VG-  #11093

(※B1前のリードイン部分にプレスミスあり。B1溝の冒頭からでないと掛かりません。) ブラジル盤 74年。ポップソウルサンバグループ。"Fitipaldiando", "Jogado Fora" 収録。fe. Piu-Piu。


Paulinho Da Viola

A Danca Da Solidao
Odeon   LP¥3,500 VG++  VG+  #11921

(SMSPL) ブラジル盤 w/ lyric sheet, 72年。60年代から活動するMPB世代の洗練されたサンバ シンガーソングライター、パウリーニョダヴィオラのソロ5作目のアルバム。自作のアルバムタイトル曲の他、所属するサンバチーム (エスコーラジサンバ) Portela の先輩 Monarco 作の Passado de Gloria や、プロ活動のきっかけを貰った恩師 Cartola の B2 や、B3などお試しを。


Os Comunicadores Do Samba

Samba Lele
AMC   LP¥3,800 VG++  VG+  #12239

74年。サンバ狂ってタイトルかな?数枚作られてシリーズ化されたサンバソングコンピの1枚目。Ivan Lins、Eduardo Gudin など、若手シンガーソングライターの新しい歌を多く取り上げてスタジオグループがカバー演奏してます。ブラジル独自のブラックミュージックを探求した Luis Vagner、Arnaud Rodrigues の Chula Louca、Vo Bate Pa Tu など試してみてね。


Astrud Gilberto

And roses and roses +3
Verve   7'¥2,800 VG  VG+  #14555

France盤 66年頃?元祖天然ヘタウマ・シンガー、アストラッドのかわいいフランス盤4曲入りEP。全曲母国ブラジルの作曲家の楽曲で統一。表題曲の他、Once I loved, Berimbou, Photograph収録。


Luli e Lucina

Amor de mulher / Yorimata
Nos La Em Casa    LP¥9,800 VG  VG  #14547

(WOC) Brasil盤 82年。w/歌詞袋 (印刷部分には掛かってませんが破損あり)。Grupo ManifestoのメンバーだったLucinaとLuliの女性SSWユニットの2ndアルバム。A面をLuiz Fernandoに、B面をNey Matogrossoの捧げるというコンセプト。
子どものアカペラから始まるA3、二人のハーモニーの美しいA4、カンタベリー系な面白さもあるB4"India puri"、パーカスとハモったボーカルのみで構築したグルーヴィーなB6など、アコースティックで心地よい浮遊感に溢れた名作。


Ornella, Vinicius de Moraes, Toquinho

La voglia la pazzia / Senza paura
Zafiro    7'¥1,800 VG++  VG+  #12364

Spain盤 76年。イタリアの国民的女性シンガー、オルネッラ・ヴァノーニとブラジルの詩人ヴィニシウス・ジ・モライス、トッキニョとのサウダーヂな共演盤からのシングルカット。



Mauro Celso

Bilu - Teteia +3
RCA Victor   7'¥1,800 VG++  VG+  #12376

Portugal盤 75年。ブラジルMPB。本作は歌謡祭でお披露目され大ヒット!子どもコーラスとビルビルビル♪という親しみ易いリフがキャッチー。子ども向けのアルバムも制作しており、リフ反復系のポップシングを多数作曲しているようです。本盤ではB2がアルバム未収で、ちょっとトロピカリアちっくなロックでカッコよい。マウロさんは89年に自動車事故に遭い、この世を去ってしまいました。
A1 Bilu Tetéia (Mauro Celso)
A2 Coisa Com Coisa(Mauro Celso - João Bárata)
B1 Coceira (Mauro Celso)
B2 Fumaça (Mauro Celso)


Heloisa Raso con Sebastiao Tapajos

Samba, Viola e eu
APF   LP¥14,800 VG++  VG+  #14559

(SOC, 二つ折りジャケの下辺ののり付け剥がれあり) Argentina盤 76年。美女過ぎ!70年代に主に活躍し、いまも現役のブラジルの女優、エロイーザ嬢のレアなアルバム。歌唱力が表現力についていかないもどかしさが、ヒジョーに愛おしく、結果たまらなくセクシーに仕上がった大名盤。アンビヴァレントってこういうこと?このジャケ、この声、この楽曲…もう降参!カルロス・リラ"Lobo bobo"、ジョビンEsse seu oihar"など取り上げておりますが、ピースフル胸キュンボッサMinha violaをはじめ、タパホスとのデュエットB1、マイナーボサA1などタパホスのオリジナル曲のソングライトがどれも素晴らしい。アルナウド・エンリケスもそうだけど、つくづくタパホスは脱力系のヴォーカリストのプロデュースが巧い。


Arnaldo Henriques

So danco samba
APF   LP¥7,800 VG  VG+  #14558

(SOC, SMSPL) Argentina盤 76年。エアプレインジャケでもオナジミのアルゼンチンボッサの名盤、サバスティアノ・タパホス&マリア・ナザレス&アルナウド・エンリケス(73年)のメンバーのソロ作。ボンヤリした表情のジャケ写と気のいいおじさんがほろ酔い気分で唄っているような鼻歌加減が味わい深い愛すべきアルバム。ボッサ定番Rosa Morena、So danco sambaも収録。MPB感覚のNo manches mi panama、エレピとトロンボーンが心地よい自作ボサPoema de amor mayor、微妙にメロがリズムに乗らずキュートなボサRisoleta、同じく自作のグルーヴィーなサンバSamba da pesadaはむちゃカッコよす!タパホス渾身の作のアルゼ・ボッサDrink caprichadoでは音はずれっぱなしなのですが怒られなかったのかなあー。前述のアルバムもこの人が加わっていたからこそ、どこかおおからな、魅力的なものに仕上がったんだろうなあ。ギターで全面的にタバホス弾きまくり。Dir. by Oscar Cardozo Ocampo


Antonio Adolfo & A Brazuca

Same
EMI   LP¥10,800 NM  VG+  #12841

ブラジル盤 70年代。ブラジリアンソフロバンド、ブラズーカの編集盤。女性ヴォーカル二人 (後に男女) をフロントにした洗練された雰囲気はセルメン66の影響が窺えますが、ブラズーカはよりロック的ビートを効かせたヒップなスタイルが特徴。本盤はバンドの残した全2枚のアルバムから選ばれた編集盤です。Atencao! Atencao!、Juliana、Maria Aparecida、Moca など収録。


Sonia Rosa

Golden Bossa Nova
Columbia / EMI   LP¥10,800 VG+  VG++  #6660

オーストラリア盤。邦題『ボサノバの新星・ソニア・ローザ登場』東芝原盤。ギザカワユスなロリ声で数々のファンを魅了するソニア。この珍しいアルバムはソニア・ローザが来日してナベサダをバックに吹込んだ東芝盤のオーストラリアでリリースされたもの。ジャケット写真は日本盤の内側のブックに使われてた写真を使用。ちょっと雰囲気の違うジャケットになっています。内容は日本盤と同じですが、これも欲しくなるんでないかい? 選曲演奏歌声すべて文句無し。


Wilson Simonal

Pais Tropical
Odeon   LP¥4,800 VG  VG+  #9698

PERU盤。エモーショナルでファンキーなヴォーカルで人気のシモーナル。本作は全体にショービズ的な洒脱ジャジー。自作曲をはじめジョビン、カエターノ、ノナート・ブザール、エラズモ&ホベルト・カルロス兄弟などブラジルの作家郡の曲を取上げこのスタイルなのが嬉しい。


Wilson Simonal

Alegria, Alegria
Odeon   LP¥4,800 VG  VG+  #9696

(キズはあまりありませんが多少ちりちりします。) "Alegria, Alegria Vol.3" の PERU盤。エモーショナルでファンキーなヴォーカルで人気のシモーナル。オルガンとコーラスがグルーヴィーなマルコス・ヴァリ作"Mustang cor de sangue"、自作曲"What you say"などイイ曲揃いです。


Burnier & Cartier

Same (1976) -Fotos P/A Capa Do LP
EMI   LP¥10,800 VG+  VG+  #12693

ブラジル盤 w/ lyric sleeve, 76年 2nd。Aquarius での活動もナイスなルイスボンファの甥子、ヒゲのオクタヴィオブルニエール (aka Tavynho Bonfa) と、クラウヂオカルチエールのギター/シンガーソングライターデュオの二作目。AORな前作のクオリティーはそのままに本作は二人のガットギターを核にしたアレンジでアーシーな雰囲気のアルバムになってます。アジムスやソンイマジナリオのメムバーが伴奏参加。A2, Dom Joao はポールモーリアにカバーされました。


Nonato e seu conjunto

Som & Balanco
RCA   LP¥4,800 NM  VG+  #9692

BRAZIL盤 79年。ノヴォス・バイアーノス・タイプのファンキーでメロディの良いグルーヴィー・チューン満載の人気盤。


Beth Carvalho

No Pagode
RCA Victor   LP¥2,800 VG++  VG+  #9657

ブラジル盤 79年 w/ lyric sleeve。子どもコーラスも入ったサンバA1 "Coisinha do pai"、Toniniho作のB2"Samba no quintal"、アコギをフィーチュアしたDanilo Caymmi作のメロウボッサB6"Andanca"など、全体的にサウダージ感溢れる胸キュン・ブラジリアン。


Grupo Roupa Nova

Brasil Samba Especial
Fontana   LP¥5,800 VG++  VG  #12544

(SOC, WOC) ブラジル盤 78年。懐メロというか、1927〜60年のサンバソングの名曲を集めた企画作。コンピレーションではなくて新録で、コーラスとコンテンポラリーな演奏で歴史的な古さを感じさせない内容ですので、マニア以外の方も違和感なく楽しめると思いますYO。O orvalho vem caindo、Gosto que me enrosco などなど全14曲。


Erasmo Carlos

Convida
Polydor   LP¥3,600 VG+  VG+  #10779

ブラジル盤 80年。60年代に隆盛を極めたジョーヴェングアルダのアニキキャラとして、以降もSSWとして活躍するエラズモカルロスの豪華なデュエットアルバム。ジョーヴェン仲間 Roberto Carlos、Wanderlea、Tim Maia に、トロピカリア一派の Caetano Veloso、Gilberto Gil、Nara Leao、Gal Costa、Rita Lee や、Jorge Ben などなど、各曲のデュエット相手が長年の音楽仲間であるスター達で、アニキ感健在です! arr. Lincoln Olivetti、Roberto Menescal、etc。



57 items found    page: 1  2  3 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART