ポップス70年以前Pops -70
143 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8 
 


Singing Dogs

Oh! Susanna / Pat-A-Cake, 3 Blind Mice, Jingle bells
RCA VIctor    7'¥1,800 VG++  #14569

US盤 55年。ノヴェルティの雄、Don Charles Presents  のかわいいわんわんクリスマスソング!サンプラーもない時代にがんばったで賞。
Dir. by Carl Weismann。


Sandi & Salli

The Now Sound of Sandi & Salli
Ranwood   LP¥2,400 VG+  VG++  #4563

70年。大学時代にコンビを組んだという Sandi Griffiths と Sally Flynn のガールデュオ。この頃TVの Lawrence Welk Show のレギュラーアクトとして人気でした。やっぱTV歌謡的な健やかな雰囲気でロイヤレッツ I Can't Stop Running Away や、Raindrops Keep Fallin' On My Head、For Once In My Life など歌いまする。arr. Frank Scott。


The Mamas & The Papas

Farewell to the First Golden Era
Dunhill / ABC   LP¥2,000 VG++  M  #1523

67年。1st〜4th からの編集盤。代名詞的な California Dreamin'、Monday, Monday はもちろん、それにまけぬキャッチーな I Saw Her Again Last Night や、Dedicated to the One I Love (シレルズのカバー)、Creeque Alley など代表的ヒット曲を収録。


Petula Clark

Downtown
Warner Bros.   LP¥2,000 VG+  VG+  #4530

65年。ブリティシュインベイジョンのポップスサイドとして大いに活躍したペチゥラクラークの、その端緒となる No. 1 ヒット「恋のダウンタウン」収録の米国での1stアルバム。やはり Tony Hatch のオリジナル曲が多い (B1,2 などリコメンド) けど、Fuqua & Lester の In Love のダルなカバーもいい雰囲気。pro. Tony Hatch。


Petula Clark

Portrait of Petula
Warner Bros.   LP¥1,800 VG+  VG+  #4528

69年。この頃はハリウッド映画にも主演しとった人気歌手ペチゥラクラーク。シングル曲 Happy Heart 収録アルバムで、Ernie Freeman と Michel Colombier がアレンジを担当した米国録音です。コロンビエの編曲による A5,6 や、クラークの自作 (Al Grant 名義) 2曲もいい雰囲気。


Connie Stevens

The Hank Williams Song Book
Warner Bros.   LP¥3,000 VG+  VG-  #1482

MONO。コケティッシュな容姿&歌声でかつてティーンエイジ・ムーヴィーで一世を風靡し現オジサマのアイドル、コニー・スティーヴンスの62年4thアルバム。可愛い歌声による Hey, Good Lookin'、Jambalaya など、ハンク・ウイリアムズ楽曲集。他にポップな B1 や、バラード系 A Teardrop on a Rose、I'm So Lonesome I could Cry などもよい雰囲気。編曲は Perry Botkin, Jr.。


Engelbert Humperdinck

Engelbert
Parrot   LP¥700 NM  VG+  #14417

(SMSPL) 69年。エンゲル! インド育ちのイギリス人歌手エンゲルベルト・フンパーディング。なぜか芸名で19世紀のドイツのオペラ歌手から名前をとっているのが謎。トム・ジョーンズと並んで60年代から70年代のセックスシンボル的ボーカルスター。どのアルバムもゴージャスで以外と選曲も良い。レスリードの Les bicyclettes de belsize、クック&グリーナウェイの The way it used to be、バカラックの Love was here before the stars 入り。


Steve Logan

My Kind of Life
Nocturne   LP¥2,000 VG++  VG+  #4663

70年頃。ハワイやベガスのホテルのクラブなどで活動していたというショービズシンガー。2曲のオリジナルのほか、Lay Lady Lay、Everybody's Talkin'、Failure to Communicate などヒットチューンを歌うぞい。arr. Harry Babasin。


France Gall

Zozoi / Merry Merry O!
La Compagnie   7'¥19,800 NM  VG++  #14562

France盤 70年。一般に不調期といわれる LC レーベル時代の、近年再評価著しい人気作 Zozoi! ギャルちゃんが、ルイスエサの Sagrada Familia、ジョイスとの Tribo での活動も知られるブラジル ミナス派の新進SSW、Nelson Angelo 作品を取り上げた異色のブラジリアングルーブソング。ブラジル録音のリズムトラックは Som Tres の Cesar Camargo Mariano 担当。黒いオルフェ〜男と女など連綿として続くフランス経由ブラジリアンのミラクルな一曲です。また、ギャルちゃんのファルセットがスウィート&キュートすぎるソフトロックB面もフランス語の発音と相まって超キラー。奇跡のカップリングですー。


Vikki Carr

It Must Be Him
Liberty   LP¥1,800 VG+  VG+  #4520

(SMSPL) 67年。MOR系シンガー、ヴィッキーカー。アドリシ兄弟の A Bit of Love や、ジミーウェッブの Tunesmith とかいい雰囲気です。カーは主にアダルトチャートで活躍しましたが、このタイトル曲はポップチャートでも大ヒットした代表曲の一つ。


Vikki Carr

Vikki!
Liberty   LP¥2,000 VG++  VG+  #4515

68年。ヴィッキーカーちゃんはアダルトな良識派ポップシンガーだけど、Never My Love、Lazy Day (スパギャン)、By the Time I Get to Phoenix などヤングポップスも歌うぞえ。アダルトチャートで1位獲得の The Lesson も収録。pro. Tommy Oliver。


Nancy Ames

Latin Pulse
Epic   LP¥2,400 VG  VG+  #1421

(ジャケ下部少し水ダメージ。サンプル画像は実物です。) 60年代中期。ナンシーエイムスが得意のスペイン語で全曲を歌うショーアップされたラテン感覚が人気のヴォーカルポップス。話題の Ese Beso や、ナラレオンの反ボサノヴァレパートリーだった Carcara 収録。ほか名ポップス "1-2-3" や、Call Me(B4) などもよし。Ese Beso の作者 Joe Sherman の編曲です。


Laura DeAtley

Ma (he's making eyes at me) / You'll never know
GNP Crescendo   7'¥2,000 VG+  #1809

(B 面後半に数回キズノイズあり) 60年代? 詳細わからないのですがマーガレット・ホワイティングとかドロシー・コリンズのノヴェルティっぽい感じにとても近い女性ヴォーカルのキュートなトラックA面最高!バックは Mel Henke Orchestra でオモチロ・アレンジにも納得。


Brigitte Bardot

L'appareil a sous +3
Philips   7'¥12,800 VG+  VG+  #2189

(SMSPL) France盤 63年。オリジナル。ゲンズブール作のタイトル曲'ため息の装置'収録!!南米調A2"El cuchipe", アンニュイなボッサ風味名曲B1"La Madrague (わたしの家)", アレンジャーのクロード・ボラン作チャールストンのB2"Les amis de la musique"を収録の好盤!!


Gene Bua

Love of Life
Heritage   LP¥2,800 VG++  VG+  #6718

(SOC) 69年。アルバムタイトルと同じ長寿昼ドラ出演で人気の好青年、Jerry Ross の制作で、ジェントルな歌声を聴かす歌手アルバム。2曲あるディーディーワーウィックのカバー、ボサ リズムのちょっと洒落たアレンジの "君に愛されたい" (B4) と、"When Love Slips Away" がいい雰囲気。他、キングの "Love Me Tender" や、ドナドナ入ってます。ジャケットに写ってるドラマ上の恋人と実際に結婚したみたい。めでたし、めでたし。arr. Claus Ogerman。


Al Morgan

A Lifetime of Memories
Beautiful Sounds KY   LP¥3,200 VG++  VG++  #9468

70年代。アルさんは戦後からロケンロー流行の50年代半ばまでに活躍したポップシンガーの一人。ほんでもって、ピアノ弾き語りスタイルで49年に "Jealous Heart" を大ヒットさせたそうです。その後巡業生活を長く送り、この頃は故郷ケンタッキーに近いオハイオ南部に腰を落ち着けたようですが、本作はシカゴ近郊に出ばってのライブ録音。若手オルガニスト Ronnie Kay と、息子ドラマー Mike を従えたトリオ演奏による、アルの思い出のポップソング集デラックス2枚組となっております。もちろん十八番の Jealous Heart も演ってくれますが、当時のイイ話秘話 MC を交えたライブならではの歌唱はファンならマストです!


Cook E. Jarr

Pledging My Love
RCA Victor   LP¥2,000 M  VG++  #5033

(CC) 69年。ベガスとかで活動していたらしいショービズシンガー。コッペルマン&ルービンPro.の制作でそれっぽいポップロックを聴かせますばい。Knock on Wood、I Can't Turn You Loose といったソウルから、Do You Believe in Magic、If I Were a Carpenter などカバー。一部編曲は Joe Renzetti。


David Seville

Donkey and the schoolboy / Gift
Liberty   7'¥1,800 VG  #9178

(B面サーフェスノイズあり) 57年。デヴィッド・セヴィルのインスト曲の7"。のんきな口笛がホンワカなA面キュートっす! *チップマンクスのピクチャースリーヴが様々プリントされた特製スリーブ付。


Paola

Stille wasser, die sind tief / Revolutiofn d'amour
Decca   7'¥1,200 VG++  VG+  #10244

Germany盤 69年。イタリア系スイス人のパオラ・フェリックスのドイツのソングコンテストへの出場曲。マイナーな曲調にも関わらずアップテンポのアレンジで小粋にスウィングするA面ステキです!ゆったり歌い上げるB面も、歌謡曲アレンジの王道といった感じでバックトラックが美しいっす。彼女はこの後も何度もユーロヴィジョン入賞を目指して奮闘するのですが、出場までこぎつけるも、あまり良い成績は残せなかったようで…。タイトルはドイツの格言で「動かぬ水は深くて危ない」。意味判んないけど、エラそう。Orch. by Henry Mayer。


Kaleo O Kalani Trio, The Entertainers Five

Same
Lehua   LP¥2,800 NM  VG+  #9465

(SMSPL) 60年代? ハワイアンポップ2組のスプリットLP。A面 The Kaleo O Kalani は女子3人組。Al Nobriga の名もメンバー名に見られるB面 The Entertainers Five は当時ホノルルヒルトンホテルのラウンジバンドを務めていた模様。両者ともにおおらかなハワイアンメロディーを60sっぽいロック/R&Bスタイルで演唱。そんな本土ポップ色の強い A6, B1,2,6 などおもろい。(A面の7曲目がB面の1曲目にずれ込んでます)



143 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART