ソフトロック基本編Sunshin Pop Well-known
33 items found    page: 1  2 
 


Novelty (Ford)

The Going Thing 1969
Ford   LP¥14,800 VG++  VG+  #12044

(SMSPL) 日米問わず60年代から70年代の自動車メーカーのノベルティといえばソフトロックが定番。その中でもダントツにソフロなのがフォード。ナンバーワン自動車メーカーならではの派手でゴージャスで金の匂いがプンプンとする素晴らしいレコードを多数リリースしていますが、その中でも、このGOING THINGがなんと言っても素晴らしいのです。なにしろラブ・ジェネレーションのバーラー兄弟も参加、ギタリストは若きラリー・カールトン。(カーペンターズにもオファーがあったらしいですぞ)。アルバムは1968、1969,1970と3枚出ていますが、シングルやジャケなしも多数。このアルバムはバーラー兄弟が掛け合いで曲紹介をしながら、スパギャンの名曲 Like to get to know you や、ボサポップス、Up, Up and Away などメドレーで歌う楽しいA面、B面はフォードのプロモーション監督のスポークンとなってます。Going Thing のテーマももち収録。 これが非売品だなんてホントにもったいない!!!


Pic-Nic

Me olvidaras / El es dixtinto a ti
HispaVox    7'¥2,000 VG+  VG+  #12407

Spain盤 68年。我らがロリータヴォイスの美少女シンガー、ジャネットちゃん在籍のスペインのソフトロック・グループ。ヴォーカルの感じがあまりにもイノセントであどけないからって騙されてはいけません。彼女、実はイギリス生まれのベルギーxコンゴ人とスペイン人とのハーフ、スペイン移住前の12歳までアメリカ育ちというコスモポリタン。さらに実は英語ネイティヴで、スペイン語、仏語、独語、日本語もいける、なんつーの、バイリンガルの5カ国語版!それでもってディラン、ドノヴァンら英米のフォークシンガーが大好きで、ずっとギターを爪弾きながら曲も書き貯めていた!そう考えるとただのヘタウマや天然では片付けられない彼女の魅力に納得なのです。本盤は前身Brenner's Folkを経て67年に結成したPic-Nicのアルバム収録曲のシングル盤。ジャネットも作曲に関わったと思われるフォーキーボッサA面の素晴らしさ!B面はジャニス・イアンの「Society's child」のカヴァー。


Linda Ball

The End / Always You
Jerden   7'¥19,800 VG+  #14560

(※ほとんど音に影響ありませんが、外周のほうに1カ所ヒビあり。) US盤 67年 promo。奇跡のダブルサイダー7"!!!ロジャニコ曲のなかでも上位に入る胸キュン切なっちメロディーの「Always you」 のガールズカヴァー!!Ian Whitcomb作のちょっとサイケな良曲カヴァー「The End」もロジャニコやトニー・アッシャーの手に掛かるとこんなに切なくキュートなソフトロックに!なんというミラクル!なんというマジック!!
Arr. by Roger Nichols。 Prod.d by Tony Asher, Roger Nichols and Chuck Kaye。


Claudine Longet

I don't intend to spend Christmas without you / Snow
A&M   7'¥3,800 VG++  #14570

(WOL) US盤 67年。クロディーヌ・ロンジェのレアな6thシングル。アルバム未収のA面「あなたのいないクリスマス」はマーゴ・ガーヤンの作で、いつものクロディーヌ節よりロックでちょっとサイケな感じで、やっぱりウィスパー。溌剌としたオケのアレンジも新鮮です。マーゴの作るメロディラインもヘンテコでイカすー!B面は3rdアルバムに収録のランディ・ニューマン作の静かな冬の名曲です。 arr. Nick De Caro。


Claudine Longet

Como la luna / Mucho tiempo mas
CBS   7'¥4,800 VG++  VG+  #10102

(SMSPL) スペイン盤 71年。Barnaby移籍後の最初のアルバム"We've Only just Begun"に収められていたElectric Moon (Como La Luna) と Long Long Time (Mucho Tiempo Mas)をスペイン語で歌っているシングル。もちろんスペインオンリーのリリースです。


Bob Azzam et Son Orchestre

Toute Une Epoque
Barclay   LP¥9,800 VG++  VG+  #6585

France盤。エジプトに生まれ、スウェーデンとフランスで活躍した人気アレンジャー、68年にフランス側からリリースされた大人気盤!ポップスオーケストラからのソフトロックへの回答とも言うべき、折り重なる完璧なハーモニーワークとポップなアレンジによる華やかな音世界!落ち着いたテンポが多いが、太めのベースがランニングするレアグルーヴィーな楽曲も多く、音量を問わない好内容となっております!


Wichita Fall

Life Is But a Dream
Imperial   LP¥1,800 VG+  VG  #530

(DH) 68年。ソングライター David Roush、Phil Black を中心に、LAで活動した4人組。二人は後に南部に渡り、Coon Elder Band に合流することからも分かるようにこのバンドの本来の芸風はフォークロックだったようですが、本作はレーベルの意向でコンセプチュアルな、Artie Butler による手の込んだ管弦アレンジが彩りを添える、叙情派ソフトロックになってます。


White Plains

My Baby Loves Lovin'
Deram / London   LP¥3,200 NM  VG+  #12566

(SMSPL) 70年 1st。ソングライターの、ジョンカーター (=フラワーポットメン) から R. Cook & R. Greenaway に引き継がれたエゲレスポッププロジェクトグループ (実活動より初めからレコード販売マーケットに主眼をおいた "プロジェクト" で説明はひじょ〜にまどろっこしい! 専門書を読もう)。ヒットしたアルバムタイトル曲と I've got you on my mind や、Tony Burrows (aka- First Class, many more!) をフィーチャーした You've got your troubles、In a moment of madness などなど。


Wendy & Bonnie

Genesis
Skye    LP¥13,800 VG++  VG+  #12511

(SOC) US盤 69年。名字がFlowerというなんともピースなサンフランシスコ出身の姉妹デュオ。二人の両親もプロの音楽家だったそう。作詞作曲は全てこの2人名義。録音時に17歳と13歳だったという恐るべき少女たち。完成度の高いソングライトと溶け合うハーモニー、そして瑞々しくも憂いを含む少女特有の歌声に心奪われる、歴史に残るソフトロック/ソフトサイケ名盤です! promo khaki label。
personnel;
Larry Carlton(Guitar)
Michael Lang & Mike Melvoin (Organ, Piano)
Randy Cierly (Bass, Kalimba)
Jim Keltner (Drums)


Harpers Bizarre

Feelin' Groovy
Warner Bros.   LP¥2,100 VG+  VG+  #1991

(DH) MONO。67年 1st。S&G の "59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)"、ヴァン・ダイク・パークスの "Come to the Sunshine" のソフトサウンディングなカバーを筆頭に、編曲も担当しているレオン・ラッセルの好ポップス A4、ランディー・ニューマンのオールドタイミーな "Simon Smith & the amazing dancing bear" などなど、バーバンク サウンド全開!pro. Lenny Waronker。


Mother Love

Carousel of Daydreams
Epic   LP¥2,800 VG++  VG+  #5781

60年代末。Brady Bunch など手掛けるソングライター Danny Janssen を中心にしたソフトロックグループ。レダーメンに提供していた Sherry Don't Go のセルフカバーや、オールドタイミー The Way You Look Tonight、ポップス名曲 Put a Little Love in Your Heart といったカバーなど、雲の波間の回転木馬に乗ったジャケイメージどおりたゆたうようなドリーミーなソフトハーモニーで聴かせるでぇ〜。arr. Al Capps。pro. Jackie Mills。


Royalettes

I want to meet him / Never again
MGM    7'¥1,800 VG+  #12743

(DH) US盤 65年。MGMでの5thシングル。天才作編曲家 テディ・ランダッツォの手掛けたベストワークの一つ、Royalettes。前シングル「It's gonne take a miracle」タイプのしっとり切ないバラードA面と、ソフロファン一撃の疾走感溢れるB面。両面共ストリングスアレンジもゴージャス&エレガントな佳曲カップリング。両面1stアルバム収録。
Prod. & Arr. by Teddy Randazzo。


Royalettes

An affair to remember (Our love affair) / I don't want to be the one
MGM    7'¥1,800 VG+  #12744

(DH) US盤 66年。MGMでの7thシングル。天才作編曲家 テディ・ランダッツォの手掛けたベストワークの一つ、Royalettes。♪シャラシャラ〜のコーラスもキュートな、アダルティに洗練されたポップスA面と、6/8ワルツの切ないラヴソングB面とのカップリング。両面2ndアルバム収録。
Prod. & Arr. by Teddy Randazzo。


Toys

Ciao baby / I got carried away
Philips    7'¥3,800 VG+  #13980

US盤 67年。65年デビューで、Bob Crewe プロデュースの一連の作品で一斉を風靡した、あのToysのレアなPhilips盤!Scotts English 作曲で、Mel Tormeや オーストラリアのモッド・ガールLynne Randellのバージョンでもお馴染みのポップチューンA面と、間奏の金管が効果的なミドルテンポのソフトロック・チューンB面。
Arr. & Prod. by Alan Loeber。


Pam and Jane

Little girl stay away / There goes Linda
Petal    7'¥2,800 VG+  #14015

US盤 63年。オブスキュアな女の子デュオ。両面とも作曲クレジットが"Jane Connell"となっておりますので、歌っているどちらかの娘なのでしょう。少女特有の透き通った歌声同士がハモりまくり。A面ズンドコR&Rなのですが、ハモリの上が目立ち過ぎていて、5度や7度が主メロになってしまう、ハーモニーマニアにはたまらん仕様!B面はどことなくウェスタン気分で、どちらも定石無視のオモシロい曲ですね〜。
Prod. by Arthur Smith。


The Girls

Perfect love / Mr. Foster
Scepter Records   7'¥2,800 VG  #13978

(promo) US盤 69年。ラララ〜コーラスもとてつもなくキュートなオブスキュアな女性グループのソフロ大名曲!B面もまるでサントラの挿入歌のようなラララ〜スキャットのラウンジポップ!!両面最高!!


Guy and David

Granny / When I was five
ABC Probe    7'¥2,800 VG++  #13973

(promo) US盤 69年。ハーモニーを聴かせるタイプのヴォーカルデュオ。軽快なジャジーなシャッフルA面と、哀愁を帯びたボサノヴァアレンジのB面。両面ともアルバム「Guy And David」からのカッティング。耳奪われる洒脱なアレンジはAl Cappsが手掛けております。
Arr. & Prod. by Al Capps。


Jimmy Vann Band

The Upper Left Hand Corner of the Sky
Kaleido Sound   LP¥9,000 VG++  NM  #13152

このいかにもローカル自主盤って感じのジャケットにつつれたアルバムの1曲目を聞いて誰もが驚くだろう。それがタイトル曲の"The Upper Left Hand Corner Of The Sky"で、曲のクオリティ、アレンジ、コーラスなど、この1曲だけでも欲しくなってしまう様なアルバム。ローカルのバンドにありがちな事だが、曲調、カバーなどフォーク,ジャズ、ロックと収められている内容はバラバラながら、他の曲もそれなりに楽しめるところは特筆ものである。


Claudine Longet

Claudine
A&M   LP¥2,800 VG++  VG+  #14005

(SMSPL) US盤 67年 1st。ウィスパーボイスと可憐なルックスで根強い人気のフランス出身女優/シンガー。ソッピーズキャメルの "Hello, Hello" や、フレンチで歌われるジョビン曲 "Meditation" や、"男と女", "My Guy" などなどを、とってもキュートにカバー! arr. Nick De Caro。


Chris Montez and Raza

Ay no Digas / Heart and soul
CBS    7'¥1,500 VG++  VG  #13992

(SMSPL) Holland盤 73年。なんて寂しいジャケなんだ…。A&Mの頃はあんなに女の子に囲まれてニコニコしていたのに。スペイン語を交えて歌われるA面はソフトなラテン調バブルガムポップ、ミディアムテンポのB面も、ソフトロックの流れを汲んでいて胸キュン。クリスモンテスの中性的でジェントルなボーカルも健在で優しい気持ちになりますよ。両面73年のアルバム「Let's dance」より。



33 items found    page: 1  2 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART