ライブラリLibrary
166 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
 


Janko Nilovic, Dave Sucky

Vocal' Impressions
MP2000   LP¥10,800 VG  VG+  #6197

仏盤。Janko Nilovicのライブラリ作品の中ではいまや「Soul Impressions」を超す人気盤。タイトル通り全曲スキャット入り。様々なタイプの曲が収録されてますが、LosfeldもアレしたA6 "ATCHIKA BOUM"をはじめ、グルーヴィーでラウンジボサなオケに男女スキャットがかけあうシャレたナンバーたちが最高にかっちょいいです!


JANKO NILOVIC

Concerto pour un fou
MONTPARNASSE 2000   LP¥6,800 VG  VG+  #2283

FRANCE盤。人気のヤンコ氏のムーグと女声コーラスをフィーチュアしたライブラリー。全体的にはクラシカルだがグルーヴィー・ゴスペルの"Oh my soul", マリアッチ風味の"Adios bambina"など新たな魅力発見盤。 MONTPARNASSE 2000, MP 82


Eric Swan (a.k.a Roger Roger)

Jingle Encore
Crea Sound   LP¥6,800 VG++  VG+  #4253

仏盤。ジャケはレーベル共通の簡易仕様。Eric SwanはRoger Rogerのペンネーム。お馴染みのスッとぼけたノンキな電子音楽を聴かせてくれます。ある情報筋からRoger RogerとNino Nardiniが養子縁組の関係を持っていたということを聞いた事があるのですが、その話を聞いて僕はこの二人はモーホーなんだなぁ〜って思い込んでいた訳です。ところがNarddiniの孫娘から聞いたと言う情報によると、二人は学生時代からの友人で共にビッグバンドを結成し、ライブラリー・ミュージックの歴史を築き上げた親友であったと。さらにRoger RogerはRogerよりも35歳年上のNardiniのお母さんと結婚!!! それでNardiniはRogerの息子となったのか! へぇ〜。


Library

Orchester Joe Scott / Teddy Windholz
Europhon   LP¥3,500 VG++  VG++  #10448

独盤。鮮やかレインボージャケのドイツのライブラリレーベル。部屋鳴りのない新しめの録音。現代的なビッグバンドアレンジで様々な曲調のジャズポップインスト集となってます。Andreas Bagya (Bagya Andras)、Ulrich Sommerlatte、Paul Fedor らの作曲。


Library

Children's Songs
Sonoton   LP¥1,800 NM  VG++  #11753

独盤。童謡などのフォークソングのインストアレンジ集。リコーダーなどの木管類とアコギの重奏が中心ですが、たまにシンセなど電子鍵盤も加わります。arr. Otto Sieben、Mike Sunderland。fe. Mladen Franko (keys)。


Library

Period / Pastoral / Solo Instruments // Moog / Dramatic
Standard Music Library   LP¥2,800 NM  VG++  #11755

英盤。全体に様々な編成の演奏による3分以内の短曲集。A面は軽い雰囲気のライトクラシック〜フォーク調音楽。B面はドラマチックテーマで、スパイ風や、動的な曲調。Mike Vickers と George Martin の電子音曲も入ってます。


Library (Uwe Buschkotter)

Janine
UBM   LP¥1,000 NM  VG  #11386

特価! 独盤 82年。Jerome Munafo のアコースティックギターのみの演奏による叙情的なBGM集。


Library (J.C Pierric, R.Poulet etc)

Godchild
Les Treteaux   LP¥45,000 VG+  VG+  #11376

仏盤 70年代。マイナーレーベルからのフレンチレアグルーブのレアアルバム。イージーリスニング系のレーベルカラーもあって基本はポップインストですが、本作についてはジャズ〜ファンク要素の濃い曲も多くて、いい意味でバラエティーに富んだ内容になってます。Roger Poulet (key)、Remi Dall'Anese (b) らのスタジオバンドによる演奏で、メンバーが各曲を持ち寄ったオリジナル曲です。ジャズ〜ファンク系 A1,2, B2 や、コーラスなども入ったぶり〜じーな A5,6, B3 などなど。


Library

Holiday Mood Orchestra, Fantasy Sound
Orly   LP¥4,200 VG+  VG+  #9399

仏盤 70年頃。タイトルどおり、ラウンジーなイージージャズから、陽気なポップインストなど各種。M. Coppola、L. Ferracioli、V. Panzuti、他の作曲。


Library

Fanfares / Links & bridges
Boosey & Hawkes   LP¥2,800 VG++  VG++  #9581

英盤 79年。タイトル通りファンファーレとジングルがたーくさん! 各曲ショート ver.、アレンジ違いを収録。Tony Kinsey、John Scott、Alan Langford の作曲。


Library (Peter Hope, Roger Roger, etc)

Ceremonial, Fanfares, Martial Mood
Southern Library   LP¥2,500 NM  VG++  #6345

71年。クラシックな雰囲気のライブラリー。A面は貴族的な?ファンファーレが各種、RELIGIOUS, NOSTALGIC がテーマのB面は厳かなムードの曲が12曲入ってます。ファンファーレ数種とB面1曲で Roger Roger 入ってます。


Roger Roger et Nino Nardini

Animals' Christmas
Crea Sound   LP¥14,800 VG++  VG+  #12683

(SMSPL) 仏盤。ロジェロジェの数ある作品の中でも“最優秀ジャケ・アート大賞"を受賞した逸品。電子楽器を駆使しての様々な動物の声をイメージしたヘッポコサウンドが最高!! 1911年生まれ。オペラ指揮者を父に持つロジェは幼少の頃から音楽教育を受け、18歳の頃には早くも自身のダンスバンドを率いて活躍。55年にライブラリー制作会社Chappellと契約し、60年代にはパートナーのNino NardiniとEddie Warnerと共にフランス近郊にGANAROスタジオを設立、夜な夜な自作シンセやノイジーなハープシコード、電子変調したドラムなどを駆使して数々のオモシロ作品を生産していきました。こんな音楽を60歳位のおじさん二人で録音してるなんてイイネ! 英才教育を受けたロジェが最終的にこんなヘッポコになっちゃったのはお父さんに冗談で付けられちゃったROGER ROGERって名前のせいか!?


Cecil Leuter

Les Sons Electroniques
Neuilly   LP¥8,800 VG+  VG+  #10199

(SMSPL) 仏盤 71年。へっぽこ音楽大家 Roger Roger がちょっとマジで作ってみた変名エレクトロ ライブラリー、SE的でアブストラクトな1〜2分の短曲集です。Dialogue Dans L'Espace、Retombees Nucleaires、L'Ordinateur Deregle とか空想即物的なタイトルの曲が全17トラック。


Library (Francis Monkman)

Predictions Part Two
KPM   LP¥5,800 VG+  VG+  #8753

英盤 79年。Curved Air、801 のメンバーだった鍵盤奏者/作曲家フランシスモンクマンの電子音ライブラリー。A面は、801のバンドメイトだったブライアンイーノと同じようなアンビエントトラック集。そのまんまアンビエント使用にばっちり! B面は数十秒の短い曲/SEものが多いです。


Library (Eric Peters, Lewis Stern)

Electromusic
KPM   LP¥7,800 VG++  VG++  #7914

英盤 72年。最近再発された幾つかのエレクトロニカ系コンピCDに収録され、ようやく名が知れるようになったEric Peters。コンクレート的手法やピュアな電子音を中心に構成されたシンプルでクワイエットな音像は、ライブラリという枠を越えて、エレクトロ/アンビエント作品として大いに評価されて然るべき内容。KPMの同シリーズにはRon Geesinというスター選手がいますが、こっちの方が好きという方もいるかも。一曲だけ参加しているLewis Stern(もしかしたらEricの変名?)によるB7のペリキンの作りかけみたいな曲も面白いです。


Library (Brian Bennett, Steve Grey, Dave Richmond, etc)

Daybreak
KPM   LP¥9,800 VG++  VG+  #7223

英盤 73年。シャドウズのドラマーとしても活躍した作編曲家ブライアンベネットや、元マンフレッドマンのデイヴリッチモンドらによるライブラリー。色々なタイプの曲ですが、大まかにロック〜ジャズ傾向のポップインスト。面白いのは、これ各作曲者が別々の楽器奏者でもある、作曲と演奏を兼ねるライブラリー製造バンドになっているところ。制作コスト的に有利ですな。ちなみにグループ名は WASP だそうです。


Library (SIMON BENSON, CECIL BOLTON, DON HARPER, TONY GILBERT)

String family
KPM   LP¥2,800 NM  VG++  #7996

英盤 76年。タイトルどおりチェロとかヴァイオリン系の演奏を中心にした弦楽ライブラリー。重奏や独奏でクラッシック調をメインにしながらも、色々な演奏を収めています。半分以上が Benson 作品。


Giordano Technique

Two In a Jazz Mood
Orion   LP¥4,500 VG++  VG+  #11017

80年代。ジャズダンスのパイオニアの一人 Gus Giordano 率いる G.G. Jazz Dance Chicago 団のレコード。フュージョン的なインストを収めた、ダンス練習用のレコードのようです。全9曲、パーカッション部分を長めにフィーチャーした楽曲が多いです。A面は鍵盤担当の Peter Spirro、B面はパーカッションの Ed Hoke によるディレクション。ジャケ裏に Gus のサイン入り。


Library (Giampiero Boneschi, S.Farina)

Western 'n' Country Scene / Children's Land
Music Scene / TRF   LP¥17,800 VG++  VG++  #11589

(SOC) 伊盤。電子音ライブラリーの奇才ジャンピエロ・ボネスキがB面 "Children's Land" を担当。チルドレンテーマということでボネちゃんがいつになくソフトに送るエレクトロニック ライブラリ好作! 1〜3分程の曲が全15曲。A面はセッションギタリストでもあった Sergio Farina が叙情的でまろやかなサウンドのウェスタンBGMを6曲提供。


Library (Giampiero Boneschi)

A New Sensation in Sound "Themes, rhythmic and abstractionisms" vol.6
CAM   LP¥8,800 NM  VG+  #10420

伊盤 73年 w/ inner sleeve。ライブラリーレコードで多数のエレクトロニック作品を発表している、元はジャズミュージシャンだったイタリアのおもちろ音楽家。ボネスキの電子音作品が最も充実している CAM レーベルの1枚。これは全体的にダルな雰囲気のピュア電子音曲集となってます。



166 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART