ライブラリLibrary
73 items found    page: 1  2  3  4 
 


Roger Roger et Nino Nardini

¥6,800
Crea Sound  46541  LP  フランス盤  78年
media: NM  sleeve: VG+  
ジャケテープ補修あり

ロジェロジェの数ある作品の中でも“最優秀ジャケ・アート大賞"を受賞した逸品。電子楽器を駆使しての様々な動物の声をイメージしたヘッポコサウンドが最高!! 1911年生まれ。オペラ指揮者を父に持つロジェは幼少の頃から音楽教育を受け、18歳の頃には早くも自身のダンスバンドを率いて活躍。55年にライブラリー制作会社Chappellと契約し、60年代にはパートナーのNino NardiniとEddie Warnerと共にフランス近郊にGANAROスタジオを設立、夜な夜な自作シンセやノイジーなハープシコード、電子変調したドラムなどを駆使して数々のオモシロ作品を生産していきました。こんな音楽を60歳位のおじさん二人で録音してるなんてイイネ! 英才教育を受けたロジェが最終的にこんなヘッポコになっちゃったのはお父さんに冗談で付けられちゃったROGER ROGERって名前のせいか!?

#15152

Roger Roger and his Synthesizers

¥6,800
Mondiophone  MON 18  LP  フランス盤  71年
media: NM  sleeve: VG+  
ジャケテープ補修あり

タイトル通り可愛くてキュートで笑っちゃうような楽曲が満載だよ!人気のCecil Leuter名義の「POP ELECTRONIQUE」的な楽曲を含むロジェロジェ集大成盤!大スイセン盤なり!ロジェロジェは1911年フランス生まれ。父はオペラの指揮者でドビュッシーとご学友だったとか。幼少の頃から音楽教育を受けたロジェは18歳の頃には早くも自身のダンスバンドを率いて活躍。ポピュラー音楽に魅せられたロジェはアメリカからガーシュイン、コールポーターなどの楽譜を定期購読し、第2次大戦後には自身のオーケストラを率いてパリの劇場ではMaurice ChevalierやEdith Piafといった歌手の伴奏をしていた。1955年にライブラリー制作会社Chappellと契約すると放送局用の匿名性の高い数多くの作品を録音、60年代にはパートナーのNino NardiniとEddie Warnerと共にフランス近郊にGANAROスタジオを設立、夜な夜な自作シンセやノイジーなハープシコード、電子変調したドラムなどを駆使して数々のオモシロ作品を生産していった。こんな音楽を60歳位のおじさん二人で録音してるなんてイイネ! 英才教育を受けたロジェが最終的にこんなヘッポコになっちゃったのはお父さんにジョークで付けられちゃったROGER ROGERって名前のせいなのか!?

#15151

Library (Vladimir Cosma)

¥14,800
Musique Pour L'image  LP-534  LP  フランス盤  71年
media: NM  sleeve: VG+  
A3後半でプレスミスで針飛びあります。他の盤も同様だったので、元々このようなプレスと思われます。

コスマのかわゆいライブラリー傑作!シンプルだけど、楽器編成&効果など丁寧な設計で、流石の職人技が光ります。 電子音もソフトに挿入。あまたあるライブラリー界でジャケの秀逸さナンバーワンのMusique Pour L'imageからのリリース。

#15153

Library (Giampiero Boneschi)

¥6,800
Music Scene  MSE-106  LP  イタリア盤  
media: VG++  sleeve: VG+  
軽いソリあります

伊盤。イタリアの奇才ジャンピエロ・ボネスキの電子音ライブラリー。アブストラクトな作風も多いボネさんですが、本作はチルドレン&マンガ音楽ということで可愛いくも、コミカルなアルバム。1〜2分程度の短曲で、大盛り!全32曲。作曲クレジットの Mitridate はボネスキの変名です。

#11001

Yannick Chevalier, Jean-Poll Danine

¥4,800
Point 12  YCJP 002  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

仏盤 80年代? フランスのおもちろライブラリー。ディスクジョッキー向けに、テンション高めのジングルやSE、キューフレーズを提供する、ヤニックのライブラリーシリーズの一枚。これは、A面は SE 集 (割と電子音多し)。B面は長いデスコ?インストやジングルが3トラック入ってます。

#11743

Patch Cord Productions (Mort Garson)

¥24,800
William d Cunningham & Associates  CF-2107  LP  US盤  68年
media: NM  sleeve: VG+  
SOC, SOL

Mort GarsonとDave Williamsによる電子音楽スタジオ"Patchcord Productions"制作のCM作品を集めたプロモーション・レコード。「エド・サリバン・ショー」などでも活躍したコメディアン兼俳優のCliff Nortonによる軽妙なナレーションに乗って様々なCM曲が紹介されていきます。片面のみの収録です。

#11967

Alfred Wolfsohn

¥10,800
Folkways  FX 6123  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

(SOC, WOC, TOC) w/booklet。入手困難なカラージャケ版!56年。人はどこまで高い声と低い声を出せるかをテーマにした、奇妙な実験アルバム。Alfred Wolfsohnは、ヴォイスムーブメントセラピー(VMT)という運動に携わり、人声や歌唱そのものを研究し続けていた半キチガイな先生。FOLKWAYSファンの中でも一度これを聞いてみたかった方も多いと思います。

#12067

Eric Siday

¥14,800
SOUND OF NOW  SON1  LP  UK盤  71年
media: VG++  sleeve: VG++  
SOC

これは衝撃だ! SONOTA認定、世界3大(カワイイ)電子音楽家のひとり! 一般的には知られていないエリック・シデイですが、Eric Siday Musical Creativity Awardな〜んて賞まであるくらいのお方なのです。イギリスでジャズ・フィドラーとしてキャリアをスタートさせたシデイは、FRED WARINGのススメで36年にアメリカへ渡りNBC放送にスタッフ・プロデューサーとして参加、後にアメリカ初のCMジングル制作の会社を設立、ペプシコーラなどのジングルで大成功を納めたそうです。オシレーター、テープループやレジスターなどの現実音をループさせたリズム+電子音。レイモンド・スコットのMANHATTAN RESEARCH INC.みたいな曲やノンキな曲からアヴァンギャルドな曲までホントに楽しいレコードです。64年にいち早くモーグ・プロトタイプシステムを購入(モーグ社の2人目の顧客だった)したのですが、映画『MOOG』でのガーション・キングスレイの話によると、なんとペリキンにモーグを紹介したのがシデイだったとか! PAUL BEAVERと共に電子音楽をポピュラーミュージックに持ち込んだ最重要人物なり! 2枚リリースされたうちの1枚目。

#15129

Joe Venuti, Giampiero Boneschi

¥13,800
Music Scene  MSE124  LP  Italy盤  75年
media: VG++  sleeve: VG+  
SMSPL

伊盤。1920年代から活躍したジャズヴァイオリンの草分け的存在Joe Venuti。幼なじみでもあるジャズギターのパイオニアEddie Langとの活動は、その後のジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリにも多大な影響を与えましたが、日本ではティンパンアレーにも影響を及ぼしていました。1975年ラグの研究をするためにVenutiとLangのレコードを仕入れてきた細野晴臣さんと鈴木茂さん。その成果が「キャラメル・ラグ」になったとか。同じ頃イタリアでVenutiが録音していたのが、電子音楽家Giampiero Boneschiとの共作によるこのアルバム。Boneschi独特の洗練された電子音楽をバックに、洒落たスウィングジャズを聴かせてくれます。本当に驚きの鬼レアな1枚ナリ!超名盤!嫁を質に入れてでも買うべし!

#15034

Yannick Chevalier

¥4,800
Point 12   MTJ-01  LP  France盤  80年代
media: VG++  sleeve: VG+  
(WOC)

France盤 80年代。 お薦めのライブラリーレコ。大胆にもジャケ&レーベルに自分の顔をあしらい我らにド深い印象を残すヤニックによるディスクジョッキー向けのライブラリー集。ジングルやSEが雑多に詰まった1枚どえす。Yannick さんは確認できただけでも20枚以上のジングル音源をリリースしていらっしゃるのですが、これだけいろんなシーンを想定して、数秒でその場の空気を変えなくてはいけないジングルを作りまくって、心からすげーな、と思います。

#15032

Library (Cecil Leuter, Georges Teperino)

¥10,800
Chappell  TVM-102  LP  France盤  70年
media: VG++  sleeve: VG+  

仏盤。Cecil LeuterとGeorges Teperino、つまりはRoger RogerとNino Nardiniが片面ずつ制作した、全編効果音と言ってもいい珍しくシリアスなライブラリ作品。"POP Electronique"と同時期の録音だとか。Nardini面が「Weird Sounds」Roger Roger面が「Crazy Sounds」という曲名で統一されていて、エフェクトを駆使しつつノリでやっちゃったみたいなサウンドスケープが展開されております。

#15035

Library (Henrik Nielsen)

¥1,800
Media Music  MERS 4  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

大手レーベル キャピトルからのライブラリーシリーズ。クラシック曲集。モーツァルト、シューベルト、ショパンらの名作をライトアレンジで。arr. Henrik Nielsen。

#8261

Library

¥2,800
Boosey & Hawkes  SBH 3078  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

英盤 79年。タイトル通りファンファーレとジングルがたーくさん! 各曲ショート ver.、アレンジ違いを収録。Tony Kinsey、John Scott、Alan Langford の作曲。

#9581

Library (Brian Bennett, Steve Grey, Dave Richmond, etc)

¥8,800
KPM  1120  LP  UK盤  73年
media: VG++  sleeve: VG+  

シャドウズのドラマーとしても活躍した作編曲家ブライアンベネットや、元マンフレッドマンのデイヴリッチモンドらによるライブラリー。色々なタイプの曲ですが、大まかにロック〜ジャズ傾向のポップインスト。面白いのは、これ各作曲者が別々の楽器奏者でもある、作曲と演奏を兼ねるライブラリー製造バンドになっているところ。制作コスト的に有利ですな。ちなみにグループ名は WASP だそうです。

#7223

Library (SIMON BENSON, CECIL BOLTON, DON HARPER, TONY GILBERT)

¥2,800
KPM  1185  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

英盤 76年。タイトルどおりチェロとかヴァイオリン系の演奏を中心にした弦楽ライブラリー。重奏や独奏でクラッシック調をメインにしながらも、色々な演奏を収めています。半分以上が Benson 作品。

#7996

Dumpty Cooper Group

¥2,200
Bam  BLP 107  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

Italy

#12955

Sir Fletcher's Swing Band

¥2,800
Selected Sound  9043  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SOC) Germany
1974年録音

#12962

Library

¥2,600
Chappell  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

仏盤 60年代。アメリカの劇伴音楽の仕事人 John Cacavas や、ビューチフルミュージックの達人 Robert Farnon らのライブラリー。ジャズバンドからオーケストラ系の演奏が混在して、曲調は実に様々。Ole Jensen などの演奏。

#8763

Library (Cecil Wary)

¥4,800
Montparnasse2000  MP 97  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

仏盤。各地のイメージを音楽で表現するというコンセプト。なんだか壊れたラグタイムB6がイカス。

#9624

Library

¥2,400
Illustra Son  870617  LP  
media: VG++  sleeve: NM  

仏盤 87年。チルドレン イメージの愉快な音楽集。素性の知れぬ Francois Comtat、Jean-Baptiste Chaudoul、Litwin らの作曲。

#3825


73 items found    page: 1  2  3  4 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART