その他電子音楽Electronic Misc.
9 items found    page: 1 
 


Rick Powell

¥8,800
Incentive Publications  IP03-R  LP  USA  1972
media: VG++  sleeve: VG+  

ナッシュビルのマッケンジー夫妻が運営する宗教系出版社による子ども向け情操教育シリーズ“Kids Stuff"の一環として製作されたこのアルバム。授業を担当するはCCMの大御所アレンジャー/プロデューサーにしてCCM界唯一の電子音楽家Rick Powell氏。ムシ声なんかも入ってたりして、素晴らしいアルバムなのです。聴いてみて!楽しいよ!ちなみにARPの名前は創設者Alan R. Pearlmanの頭文字から。 white label。

#14991

The Paper Bag Players / Donald Ashwander

¥5,800
PEPER BAG PLAYERS  31343  LP  US盤  73年
media: SLD  sleeve: SLD  

シールド盤。NYを拠点に活動を続けるTHE PAPER BAG PLAYERSは1958年創立のニューヨーク芸術基金などによって運営されている子どもの為の参加型パフォーマンス劇団です。クレヨンでペイントされた紙袋や段ボールなどで作られた舞台で、ダンス、パントマイム、芝居、ライブペインティング、ライブ演奏などをパッケージしたステージは多くの子ども達に人気です。現代ラグタイムの研究・作曲家のDonald Ashwanderが手掛けた73年のこのアルバムは、エレクトリック・ハープシコード、リズムボックス、メロディカ、スライド・ホイッスル、カズーなどのバックトラック+子どもの歌。悪いわけがありません。BRUCE HAACK的な一面を持ったオススメ盤です。

#14911

TM Production (Tom Merriman)

¥16,800
TM Productions Inc.  LP  USA  1980
media: VG++  sleeve: VG+  

これはすごい!2枚組にビッチリおさめられたラジオサンプラー。TMプロダクションが1978年に出した最初のサンプラーに続いて1980年にリリースした2枚組サンプラー。この会社はラジオ局のステーションジングルなどを製作する会社で、ジングルを使った各種の音楽番組のサンプルが入っているという訳。圧巻はA面をまるまる使って収録されたドラマ仕立ての大作「Tomorrow Media」だろう。ナレーション、カットアップ、コラージュ、電子音などなど美味しさ満点の、プロモーションオンリー盤!

#14989

Marshall McLuhan

¥6,800
Columbia  CS 9501  LP  US盤  68年
media: VG++  sleeve: VG+  
w/ shrink

アメリカの元祖メディア評論家マーシャル・マクルーハンの、現在のインターネット時代を予見したかのような1967年の名著「メディアはマッサージだ」の音版。サウンドコラージュを担当したのがあのジョン・サイモン。ミュージックコンクレートというにはあまりにポップでイカれた切り貼りセンス!文句無しの大傑作!

#14683

Jim Fassett

¥7,800
Ficker  C 1002  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL) 55年。「Strange To Your Ears」で知られるテープ操作のマエストロ、ジム・ファセットと、エンジニアのモーティマー・ゴールドバーグが、本物の鳥の声のテープ操作と変調のみを使用し、偏執狂的な編集作業によって作り上げた交響曲。手法としてはミュージック・コンクレートだが、ファセット自身がラジオディレクターだったこともあってか、ポップさを併せ持つ、極めて独特な音世界の現出に成功している。

#9256

Bernard Krause

¥2,800
NONESUCH   NB-78007  LP  
media: SLD  sleeve: SLD  

(DH) 81年。初期のシンセ普及の功労者 Bernie Krause による、68年にポールビーバーと共に発表したシンセ/電子音楽講座レコの続編。サイン波とか入ってた前作とは違ってコッチは全部曲っぽくなってます。B面はちょっとアブストラクトな雰囲気。

#11442

Dickie Goodman

¥1,200
Extran  601  7'  
media: VG+  

82年。ジョーズ、スターウォーズ、スーパーマンなどなどをネタにトークとカットインで楽曲構築を得意とする50年代から変わらない芸風のおふざけマン、ディッキー・グッドマンの今回の餌食はE.T.ダ! これはホントの意味でレコード(記録)やね!そして一子相伝のこの芸風、ディッキーの死後は息子のJonが受け継いだという(美談)。

#12183

Dickie Goodman

¥1,400
Wacko  WCKO 1001  7'  
media: VG++  

50年代からカットアップ&スポークンのノヴェルティ一筋、ディッキー・グッドマンの81年シングル。ポリスやJTのヒット曲をバックにブッタ斬るゼ。B面はおバカなデスコファンク。

#13886

Barbra Streisand

¥1,800
Columbia  KC 32655  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

73年に放映されたバーブラ・ストライザンドのテレビスペシャルのサウンドトラック。バーブラの声を一つの楽器として位置づけ、世界各国のあらゆる楽器(エレクトロニクス含む)や電気歯ブラシや掃除機など楽器でない物までも「楽器」として紹介してみようと言う実験作。全体に凄く良く構成されたお餅ろい意欲作です。B1"Don't Ever Leave Me"からエレクトロニクスが顔を出しはじめ"モノローグ"を挟み、シーケンスパターンをバックに歌うB3"By Myself"〜B4"Come Back To Me"へと雪崩れ込んでいきます。DVDで映像も観てみたいですねぇ。

#1221

INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART