その他電子音楽Electronic Misc.
15 items found    page: 1 
 


Marshall McLuhan

¥6,800
Columbia  CS 9501  LP  US盤  68年
media: VG++  sleeve: VG+  
w/ shrink

アメリカの元祖メディア評論家マーシャル・マクルーハンの、現在のインターネット時代を予見したかのような1967年の名著「メディアはマッサージだ」の音版。サウンドコラージュを担当したのがあのジョン・サイモン。ミュージックコンクレートというにはあまりにポップでイカれた切り貼りセンス!文句無しの大傑作!

#14683

Synclavier

¥5,800
New England Digital Corp.  NED 1  LP  
media: VG  

81年。最も初期の市販デジタルシンセサイザーにして最高級機 (数千万だって) シンクラヴィアのデモンストレーションレコード。そもそもダートマス大の電子音楽家 Jon Appleton がモーグシンセのコンピュータ制御化を同大の学生 Sydney Alonso (ハード担当) と、Cameron Jones (ソフト担当) に依頼したことが開発の始まりでしたが、独自のデジタルシンセ Dartmouth Digital Synthesizer (Synclavier 1) を開発してしまいました (Appleton はこの初期機 Dartmouth Synth でフォークウェイズにアルバムを残しているので、そちらもチェックよろしこ)。初期機を改良、FM 音源搭載で市場に勝負を賭けたのが Synclavier 2 で、このデモレコードには、解説スポークンなど一切なく、様々な音シミュレーション&演奏がひたすら収められています。B面後半は開発協力者 Patrick Gleeson 制作のヴィバルディ "四季" の夏部分を収録。clear blue vinyl。

#9258

Jim Fassett

¥7,800
Ficker  C 1002  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL) 55年。「Strange To Your Ears」で知られるテープ操作のマエストロ、ジム・ファセットと、エンジニアのモーティマー・ゴールドバーグが、本物の鳥の声のテープ操作と変調のみを使用し、偏執狂的な編集作業によって作り上げた交響曲。手法としてはミュージック・コンクレートだが、ファセット自身がラジオディレクターだったこともあってか、ポップさを併せ持つ、極めて独特な音世界の現出に成功している。

#9256

OST (Philippe Besombes)

¥12,000
Pole  Pole 0004  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

(SMSPL) France盤 75年。フランスの電子音作家 Besombes の初期作、映画 Libra のサントラ。文明を離れ自然に暮らす4人組の楽園が、衛星の墜落によってその平和を破壊されるという、全編セリフのない前衛的なSF映画だったようで、音楽はダークなアンビエントムードから、フリークアウトなサイケムードまで、ジャケも含めてかっくいいエクスペリメンタル電子音となってます。Besombes は学生時代から電子音楽にのめり込み、本作以前にはジャンミッシェルジャールと活動したり、この頃にはリュックフェラーリに師事、その演奏活動に参加していた模様。

#14453

Bernard Krause

¥2,800
NONESUCH   NB-78007  LP  
media: SLD  sleeve: SLD  

(DH) 81年。初期のシンセ普及の功労者 Bernie Krause による、68年にポールビーバーと共に発表したシンセ/電子音楽講座レコの続編。サイン波とか入ってた前作とは違ってコッチは全部曲っぽくなってます。B面はちょっとアブストラクトな雰囲気。

#11442

Dickie Goodman

¥2,400
Chains  NCS 9000  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

promo white label。70年代。カットアップ、ブレイクインの王様、Dickie Goodman(& Buchanan)によるコラージュシングルを集めたお得な編集盤!とにかく慌しく繋ぎ合わされた怒涛のコラージュトラック全集!

#14049

Taj Mahal Travellers

¥8,800
Columbia  PLP 7612/3  LP  
media: NM  sleeve: NM  

2001年のアナログ再発盤、2枚組 w/ insert。75年 2nd。タージマハル旅行団は実験音楽家の小杉武久を含む7名の即興演奏団。74年のスタジオ録音作。ジャズ等の即興とは異なる電気エフェクトを通したある種のアンビエント音楽的なアプローチです。

#14025

Dickie Goodman

¥1,200
Extran  601  7'  
media: VG+  

82年。ジョーズ、スターウォーズ、スーパーマンなどなどをネタにトークとカットインで楽曲構築を得意とする50年代から変わらない芸風のおふざけマン、ディッキー・グッドマンの今回の餌食はE.T.ダ! これはホントの意味でレコード(記録)やね!そして一子相伝のこの芸風、ディッキーの死後は息子のJonが受け継いだという(美談)。

#12183

Dickie Goodman

¥1,400
Wacko  WCKO 1001  7'  
media: VG++  

50年代からカットアップ&スポークンのノヴェルティ一筋、ディッキー・グッドマンの81年シングル。ポリスやJTのヒット曲をバックにブッタ斬るゼ。B面はおバカなデスコファンク。

#13886

Dickie Goodman

¥1,000
Extran  601  7'  
media: VG  

(端にちょっと熱ダメージあり) 82年。ジョーズ、スターウォーズ、スーパーマンなどなどをネタにトークとカットインで楽曲構築を得意とする50年代から変わらない芸風のおふざけマン、ディッキー・グッドマンの今回の餌食はE.T.ダ! これはホントの意味でレコード(記録)やね!そして一子相伝のこの芸風、ディッキーの死後は息子のJonが受け継いだという(美談)。

#1784

Clara Rockmore

¥14,800
Delos  DEL-25437  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

81年の後発盤。77年。映画「テルミン」観ましたか?運命のいたずらによってテルミン博士と生き別れ、NYで半世紀以上ぶりに再会するかつての愛弟子であり純愛の相手、それがクララ・ロックモアです。現在においてもテルミン奏者の第一人者として語られる彼女の演奏は、それはそれは美しく繊細で、電子ガジェットではなくアコースティック楽器としてテルミンを使い続けたクララの、演奏者としての愛情がそのまま伝わってきます。

#9383

Phyllis Hiller

¥5,800
C&M  LP 6608  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(ゆるいソリあります。) 71年。作家でも音楽家でもある才能豊かな女性、Phyllis Hillerの代表作、気分によって体の色が変わる不思議な象RAMOのソングストーリー。シロホンやなどの可愛い楽器や多彩なSEと共に、MOOG的なサウンド(オルガン?)が全面的に使われており、Bruce HaackやJim Coppなど好きな方にもお勧め。とにかく可愛い!

#6755

Rick Powell

¥14,800
Incentive Publications  IP03-R  LP  
media: M  sleeve: VG+  

(SMSPL) 72年。ナッシュビルのマッケンジー夫妻が運営する宗教系出版社による子ども向け情操教育シリーズ“Kids Stuff"の一環として製作されたこのアルバム。授業を担当するはCCMの大御所アレンジャー/プロデューサーにしてCCM界唯一の電子音楽家Rick Powell氏。ムシ声なんかも入ってたりして、素晴らしいアルバムなのです。聴いてみて!楽しいよ!ちなみにARPの名前は創設者Alan R. Pearlmanの頭文字から。 white label。

#6515

Children (Music:The Octopus)

¥7,800
Caedmon  TC 1287  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL, SOC) 69年。なんて奇妙なレコード!男なのに「現代のマザーグース」と呼ばれ、独自に制作したナンセンスでリズミカルな教材で子供達に読書や学習の楽しみを伝え続けたTheodor Seuss Gieselことドクター・スースの朗読のバックに、なぜか延々とかぶさる奇妙な電子音。その正体はRalph Curtisなる人物が自作したエレクトロニクスデバイス「The Octopus」によるもの。ダイオードやテープループから発信されるクレイジーな電子音は、自由で子供が思わず目を輝かすドクター・スースの教材と見事にマッチしている。楽曲と呼べるようなものはないが、Bruce Haackの一連の仕事を想起させる素晴らしい内容!

more...
Happy birthday to you!
The big brag
Gertrude McFuzz

Scrambled eggs super!
And to think that I saw it on Mulberry Street
#3220

Barbra Streisand

¥1,800
Columbia  KC 32655  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

73年に放映されたバーブラ・ストライザンドのテレビスペシャルのサウンドトラック。バーブラの声を一つの楽器として位置づけ、世界各国のあらゆる楽器(エレクトロニクス含む)や電気歯ブラシや掃除機など楽器でない物までも「楽器」として紹介してみようと言う実験作。全体に凄く良く構成されたお餅ろい意欲作です。B1"Don't Ever Leave Me"からエレクトロニクスが顔を出しはじめ"モノローグ"を挟み、シーケンスパターンをバックに歌うB3"By Myself"〜B4"Come Back To Me"へと雪崩れ込んでいきます。DVDで映像も観てみたいですねぇ。

#1221

INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART