俳優・有名人Celebrity
33 items found    page: 1  2 
 


John Valby

Hotel Baffalo
Refranab Music   LP¥1,500 G  VG-  #9107

(A3で数回針飛びあります。SMSPL-L,WOC) 77年。NYの現役コメディアン兼SSWのジョン・ヴァルビーによるホンキートンクピアノバックで弾き語り、ヘボいシンセ一本、気のおけない仲間たちとバンド演奏などなど。意外にもオシャレでキュートな声質で聴かせます。B面はどこかのクラブでのライヴ録音でひとりっきりで寂しい時に聴くと楽しいパーティー気分が味わえるよ!と書いてありますが、たぶん聴いたところでそんなに気分はアガらない。


Anne Lonnberg

same
Riviera    LP¥18,900 VG+  VG++  #14565

France盤 71年。注意!!ただの美人女優にあらず!スウェーデン出身の女優で、デビュー時に縁の深かったギリシャで絶大な人気をほこり、007のムーンレイカーにも出演したキャリアを持つアン・ロンバーグの英語仏語を交えたほぼ自作曲で聴かせるアルバム。どの曲もチャーミングなメロディーラインに、素直に添えられたコード感。彼女自身、ルックス通りの美人ヴォイスなうえ、ヴィブラート、ウィスパー、裏声、お茶目、などなど複数の唱法も楽しめる。シュヴァリエのストリングス・アレンジが気品を与え、どこかドライな全体のミックスが聴き手との心地よい距離感を生んでいる。カラリとしたエレピとスキャットがほのかなグルーヴを醸すForbidden seasons, フルートとアコギのカッティングが柔らかな胸キュン曲Spinner, フランス語の響きもキュートな佳曲Goodbye Alexander, Cette nuit、アコギ+オルガン+ハモリで浮遊感抜群なTu viens et tu t'en vas、バンジョー&フィドルも軽快なブルーグラス曲Bungalatusもカワイイ!フォークの名盤と誉れ高い本作ですが、ジャケのイメージ通り透明感がハンパなく、サントラを聴いているような気もしてきます。どちらにしろ、大名作ですね。
Orch by Christian Chevallier。


Vanessa Paradis

Joe le taxi / Varvara Pavlovna
Polydor   7'¥1,800 VG+  VG+  #10907

(WOC) France盤 87年。1stアルバム「M&J」よりも1年前に録音されたヴァネパラのブレイクの切っ掛けになったシングル!当時15歳ですがロリータ風味全開のコケティッシュで舌足らずの歌が最高です。何度聴いてもイイ曲。歌詞にエキゾ女王「Yma Sumac」も出てくるしね!なんとB面はアルバム未収。


Brigitte Bardot

L'appareil a sous +3
Philips   7'¥12,800 VG+  VG+  #2189

(SMSPL) France盤 63年。オリジナル。ゲンズブール作のタイトル曲'ため息の装置'収録!!南米調A2"El cuchipe", アンニュイなボッサ風味名曲B1"La Madrague (わたしの家)", アレンジャーのクロード・ボラン作チャールストンのB2"Les amis de la musique"を収録の好盤!!


Edward Byrnes & Connie Stevens

Kookie, Kookie (Lend Me Your Comb) / You're The Top
Warner Bros.   7'¥1,600 VG+  #2659

59年。探偵ドラマ「77 SUNSET STRIP」の主演者 Edward Byrnes 扮する通称 KOOKIE はナルシストで常にリーゼントにクシを入れてキメていた。KOOKIE に恋してる Connie Stevens はクシを降ろしてもっとロマンチックなムードが欲しいらしいよ。そんな歌。B 面はエドのソロ。


Father Guido Sarducci

I won't be twisting this Christmas (stereo) / (mono)
Warner Bros. Records   7'¥2,800 NM  VG+  #14495

US盤 80年。promo。アメリカのコメディアン、ドン・ノヴェロが自身で扮する神父キャラ、ファーザー・グイド・サルドゥッチ 名義でリリースしたスウィートなクリスマスソング。
Arr. by David Carr。


Valerie Lagrange

Encore un jour de notre amour +3
Philips   7'¥5,800 VG++  VG+  #14523

France盤 65年。フランスの女優でSSW、ヴァレリー・ラグランジュのPhilips時代の3rd EP。フランシス・レイ&ピエール・バルウの名曲をLos Incasのバックで切ない中南米チューンに仕上げた表題曲をはじめ、映画音楽のような切なく美しいB2「Pour te plaire」、さらにオハコのフランシス・レイ曲B2「Je suis la femme」でシメ!もしかしてオンドマルトノ使ってる?ちなみに(その1)ヴァレリーは、66年の名画「男と女」に出演しています。ちなみに(その2)Los Incasはサイモン&ガーファンクルの名曲「コンドルは飛んでいく」のバッキングを務めております。
Orch. by Francois Rauber。


Nuria Feliu

Cinema ranci i...… cinema d'avui
Nuria Feliu Productions   LP¥3,800 VG++  VG+  #12314

Spain盤 76年。74年リリースの同内容アルバムとはジャケ違い。スペインはバルセロナ、カタルーニャ地方出身の女性ジャズヴォーカリスト。同郷の盲目のピアニスト、テテ・モントリューとは親交も深く、コラボレイトも多数。本作ではカタロニアンらしく、スペイン語でも英語でもなく、カタルーニャ語にこだわり訳詞して情感たっぷりに映画音楽を歌っております。自己レーベルからのリリースで、オケは若干軽いものの、アンサンブルは美しくヌリアのヴォーカルを引き立てている。
Saps per que? (I know Why) / Canta'm paraules - Vols ballar? (Lovely to Look Up - I Won't Dance) / Mes enlla d'on hi ha l'iris (Over the Rainbow) / Nit, musica y somni (You and the Night and the Music) / He tingut un somni (Dream Lover) / La millor orquestra (Alexander's Ragtime Band) /// M'enamorent els timadors (The Entertainer) / Emmanuelle / Potser mai, en cap moment (What Are You Doing the Rest of Your Life) / Vals (When You and I Were Seventeen) / No se com estimar-lo ( I don't How to Love Him) / Mes enllá... Demá (Beyond Tomorrow).
Arranjaments i direcció d'orquestra: Lleo Borreoll


Lorraine Serabian

Happy Birthday to me / No boom boom
Capitol    7'¥2,800 VG++  #14014

(promo) US盤 69年。意外と誰かの誕生日にかける曲って無くありません?そんなときにはコチラをどうぞー。ムーディーにゴージャスにお誕生日を祝えます。Lorraine Serabin は主に舞台で活躍の女優。A面は映画/ミュージカル「Zorbá the Greek」より。アダルトなボッサチューンB面。
Arr. by Pete de Angelis。
Prod. by Tom Morgan。


John Travolta

Same
MIDLAND INTERNATIONAL   LP¥1,800 SLD  SLD  #975

(CO) 76年。テレビシリーズ「Welcome Back, Kotter」のバルバリーノ役で人気者になった頃のファーストアルバム。甘酸っぱい青春アイドル歌謡。顔や胸毛に似合わず、甘ったるい声にキュンとします。ヒットした"Let Her In"もいいですが、オススメは"A Girl Like You"


Dick Kallman

Dick Kallman Drops in as Hank
RCA Victor   LP¥2,000 VG+  VG+  #1893

(SMSPL) MONO。65年。TVドラマ「Hank」主演のデック・コールマンの歌手アルバム。自身も出演していたミュージカル「努力しないで出世する方法」からのカヴァー曲A1"I believe in you"のソフトで洒脱なヴォーカルは最高!他にも、本作の編曲を担当しているDavid Gatesの"Big city lights"や、B2の"come rain or come shine"やB3"世界は愛を求めてる"など好カヴァーひしめき合い状態。Les Baxter が B5 を提供。pro. Al Schmitt。


Hugh Downs

An Evening with
Epic   LP¥1,800 VG+  VG+  #7425

(SMSPL) カナダ盤 60年代初期。テレビ時代初期からのベテランアナウンサーの歌手アルバム。高級車よりもマーラーの音楽 (レコード) に価値を置く音楽ファンの Downs さんですが、ここではフォークソングや、賛美歌、ショーチューンなどを実直なディープヴォイスで歌いまくります。一部自作も披露。ギタリスト Mundell Lowe のサポートです。


Claude Ciari

The tiger and the snake +3
Pathe   7'¥2,800 VG+  VG+  #4404

FRANCE盤。大阪の心を持つフランス人、クロード・チアリのギターの腕が光る4曲入りコンパクト盤!ヒルビリーちっくなA1、スキャット入りの泣きのギターインストA2"Jamais personne avant toi"、チアリ氏のヴォーカルが聴けるB1"Les jours sont trop longs"(なんとフランス語!)、軽快なボッサチューンB2"La fille de Brasilia"で〜す。


Nina

Alone
Pye   LP¥4,800 NM  VG+  #12513

(※ジャケ表裏に少し剥がれあり。) UK盤 71年。Gatefold。ex-Nina & Frederick。デンマーク出身の美人女優ニーナ・ヴァン・パラントのアルバム。女優ものといえば、のプロダクトの質の高さ!スティーライ・スパンのPeter Knightがアレンジ、英国トラッドやらせたら右にでるものナシのRay Horricksがプロデュース。トラッドとポップスをイイ感じに融合させた音作りは聴いていてうっとり。美女ジャケ名盤ペギー・リプトンと並べて飾って欲しい一枚っす!レスリー・ダンカンの名曲「Love song」、ルグラン「Windmills of your mind」「恋はフェニックス」「青春の光と影」など収録。また逢う日までちっくなアレンジのグルーヴィー・チューンB3「For once in my life」ちょーカッコええ!


Eileen Fulton

For all times
NECTAR   LP¥3,800 VG++  VG++  #11449

70年代。昼ドラマの女王、兼歌手のアイリーン・フルトン。女優然とした堂々とした唄いっぷりは、巧い!とはいい難いけれど愛嬌たっぷり。サイ・コールマン作の「Where ama I going」、Arthur Hamilton作「Cry me river」、リーバー=ストーラーの「Is that all there is?」などスタンダードやポップスを収録。Susanne Forestieriさんなる人の描いたざっくりしたジャケイラストを女優として怒らず縁故採用してあげているところに、人の良さを感じます。
Arr. & Cond. by Louie Forestieri。


George Segal & the Imperial Jazzband

A Touch of Ragtime featuring the music of Scott Joplin
Signature   LP¥1,600 VG+  VG+  #2936

(DH) カナダ盤。74年。学生時代バンジョー弾きとしてジャズバンドを組んでいたという、俳優ジョージシーガルのラグタイムアルバム。Teresa Brewer とのデュエット A2、B2 などいい雰囲気よ。Nilsson が A5 でピアノを弾いてたり、Michael Gately が B1 でコーラスとってたりもします。fe. Hank Jones、Dick Hyman、Johnny Mince、etc。arr. Glenn Osser。


Los Angeles Symphony Orchestra

Carnival of the Animals
LRS   LP¥2,600 NM  M  #367

65年。動物の謝肉祭。俳優の Carroll O'Connor の企画らしく、オコナーがオグデン・ナッシュの詩を朗読します。オコナーの奥さん Nancy さんがジャケイラスト担当。


John Travolta

Travolta Fever
Midsong International   LP¥500 VG++  VG  #14060

(DH, WOC) 78年 2枚組 reissue。見たくないけど見てしまうトラボルタの股間


George Burns

A Musical Trip with George Burns
Buddah   LP¥1,800 NM  VG  #7967

(CO, 裏面WOC, SOBC)72年 (69年の "George Burns Sings" の reissue)。10代からショウビジネスに身を投じ、20年代はヴォードビル、30〜50年代は夫婦コメディアンとして舞台、ラジオ、TV で活躍したという根っからの芸人さん。1896年生まれというから、73歳の頃に作ったコンテンポラリーなポップスアルバム。まー、一種のジョーク レコードなのでしょうが、名匠 Larry Fallon の編曲によるプロダクションはけっこう見事。シルバー歌唱とオケとの対比?をお楽しみください。その後76年には最優秀助演として見事オスカー像を獲得。pro. Lewis Merenstein。


Marisol

Hablame del mar, marinero
Zefiro    LP¥3,800 VG  VG++  #12316

Spain盤 76年。大ヒット映画「マリソルの初恋」で日本でも人気を博した子役から活躍のスペインの女優。本盤はスペインの巨匠作曲家、マヌエル・アレハンドロの楽曲を歌うという趣向。成長したマリソルの堂々たる歌唱も聴きどころ。アルバムタイトルにもなっている「船乗りよ話して」はじめ、スペイン歌謡感たっぷりの楽曲が多いが、ソフトロック的アプローチのA3、フリオ・イグレシアスもインスパイアされたというハッピーバースデイのメロディで幕を開けるB3「28 anos」など、流石のプロダクト。



33 items found    page: 1  2 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART