宇宙博Space
宇宙、無重力、ロケット、月。
50年代から現在に至るまで
我々はその言葉を聞いただけで
うっとりしてしまいます。
21 items found    page: 1  2 
 


レイモンド・スコット、アメリカン・アイコンズ・オブ・リベリオン、イーゴ・プラム、ヴァガボンド、ヴァガボンド + ガク・サトー、上野耕路アンサンブル、岡村みどり、オプティガナリー・ユアーズ、片岡知子オクテット+ベス・ソレンティーノ、カボ・サン・ロケ、コシミハル、ジャン・ジャック・ペリー&ダナ・カントリーマン、徳武弘文、ノアルイズ・マーロン・タイツ、ハーモニカ・ライナーズ、ブノワ・シャレ、ブノワ・シャレ・フィーチャリング・キッド・コアラ、星野源、細野晴臣  Raymond Scott / Various Artists

レイモンド・スコット・ソングブック  Raymond Scott Songbook
Daisyworld   CD¥5,400 NEW  NEW  #14180

●特製7インチボックス入り●CD2枚組 ●ブックレット(100ページ) ●レイスコ年表 ●DESIREシート・ミュージック・レプリカ ●ジングル・ワークショップ・ポスター・レプリカ ほか

DISC-1 30年代のクインテット、40年代のオーケストラ、50年代のジングル、さらにクインテット結成以前の楽団まで、初音盤化音源30曲を含む32曲収録。
DISC-2 新録カヴァー集/18曲収録
参加アーティスト : アメリカン・アイコンズ・オブ・リベリオン、イーゴ・プラム、ヴァガボンド、ヴァガボンド + ガク・サトー、上野耕路アンサンブル、
岡村みどり、オプティガナリー・ユアーズ、
片岡知子オクテット+ベス・ソレンティーノ、カボ・サン・ロケ、コシミハル、
ジャン・ジャック・ペリー&ダナ・カントリーマン、徳武弘文、
ノアルイズ・マーロン・タイツ、ハーモニカ・ライナーズ、ブノワ・シャレ、
ブノワ・シャレ・フィーチャリング・キッド・コアラ、星野源、細野晴臣

監修・解説 : 岡田崇 
解説 : アーウィン・チューシッド、 イーゴ・プラム、瀬川昌久、 細野晴臣、 松永良平



Robert Maxwell, His Harp and his Orchestra

Red Hot Harp
MGM   LP¥2,200 VG++  VG+  #12938

1958年 MONO
Ebb Tide(ひき潮)の作曲者として知られるハープ奏者、スペースエイジラウンジ系の好作。
収録曲:Bing Bang Boomerang / Johnson Rag / Runnin' Wild / Just Foolin' Around / Happiness is a Thing Called Joe / Sing Sing Sing / Don't Get Around Much Anymore / Second Avenue Scene / Tarantula / Lullaby in Rhythm / One O'Clock Jump / Good Nigh, Sweetheart


Raymond Scott and his orchestra

On The Swinging Side
Sounds of Swiing    LP¥6,800 SLD  VG++  #14544

70年代?の編集盤。レイモンド・スコットの1940年代のSP音源でコンパイル。ただし、A6,7の"TWILIGHT ZONE"と"UNCLE WILLE'S TUNE"はレイスコの最高傑作"SECRET 7"をリリースしたTOP RANKからのシングル曲なので1950年代の録音。この"TWILIGHT ZONE"はレイスコが発明したキーボード付テルミン、クラヴィボックスを使用した珍しい曲なのだ。これだけでも買いじゃん!


Raymond Scott

This Time with Strings
Coral   LP¥8,800 VG  VG  #12244

(※ジャケ下部に破れあり。SMSPL) レイモンド・スコットが1950年代後期に発表したストリングスをフィーチャーした珍盤。ストリングスだからと言って、ただのイージーリスニングに終わるわけがありません。カートゥーン・ジャズ時代の名曲な数々や1956年にTED HEATHに提供した曲、1945年に手がけたヒットミュージカル"Lute Song"の挿入歌などバラエティに富んだ楽曲をオモチロ・アレンジで聴かせてくれます。 A1のPowerhouse〜Penguinのメドレーは見事!!他に"Toy trumpet", "Twilight in Turkey", "Boy scout in Switzerland"などを収録。


Lucia Pamela

Into Outer Space
Gulfstream   LP¥25,000 VG++  VG+  #8912

(SMSPL) 69年。アウトサイダー系音楽のアイドル女性SSWによる名作! '26年のミスセントルイス、自称ジーグフェルドフォリーズ出演、実娘で後のセントルイスラムズ オーナーのジョージアとのパメラシスターズなどで活躍した元気ばあちゃんの月旅行中に録音された革新的スペースエイジ/スペースジャイブ アルバム。音源発見、パメラさんのパーソナリティーにまつわるイイ話しはアーウィンチュシドの "ソングスインザキーオブZ" で読んでくだちゃい! しかしなんたって月での録音ですからねぇ〜、俄には信じられないでしょうが、真偽を確かめるにはこのオリジナルレコードを聴くのが一番!!と思いますよ! 全曲オリジナルですが、数曲の共作者は実息子の模様。娘ジョージアと結婚していた、サントラ、アコーディオン名手の Dominic Frontiere は一時義理の息子だったってことねぇ〜。


Raymond Scott

His World Famous Quintet and Orchestra
Audivox   10'¥8,800 VG+  VG  #12143

(TOC) 50年代前半。このレイモンドスコットの自主レーベル Audivox と、その前身 Master で40年代末に発表していたSP盤を中心にまとめた10"アルバム。レイスコが60年代に電子音楽研究とCM製作の裏方に専念する以前、折につけ製作していたフォーマット、自作の奇天烈曲をスモールコンボで演奏する作品の1枚。後にアニメに使用されカートゥーンジャズとなる30年代末のオリジナルクインテットと、60年にステレオ/スペースエイジ時代に発表されたシークレット7、その中間にあたる Master 〜 Audivox 時代は奇天烈スモールコンボ系の作品の中でも特に美味しい要素を備えた音源です! Ectoplasm、Snake Woman など全8曲。


Tony Burello / Lucia Pamela

The Sound of Worms / Walking on the Moon
SOL   7'¥4,500 NM  VG+  #11398

(CC) モンドディスクジョッキーDr. Dementoやアウトサイダー発掘人Irwin Chusidらが93年にリイシューした激レアモンド音源のカップリング7インチ。Tony Burelloは52年にSP盤で制作されたストレンジな虫ムシノベルティソング。(制作にはあのJohn Peelが関わっていたみたい)。もう片方のLucia Pamelaは「月で録音された」ということになっているオールドタイミーなスペースジャズ。ARF ARFからIrwin Chusidプロデュースで再発されたアルバムすらもはや希少です。ThanksにはR.Stevie MooreやWFMU関係者の名も。みんな面白ガリアンなのねー。


Attilio Mineo

Man in Space with Sounds
Wah-Wah   LP¥2,800 NM  VG++  #14457

スペイン盤 98年の reissue, w/ insert。62年。電子音楽初期のカルト盤、アッティリオミネオ作曲のスペースエキゾチカ アルバム。『宇宙時代の人類』をテーマにした同年のシアトル万国博覧会で使用された音楽です。ミネオはシアトルのお隣りタコマのご当地音楽家で、ホスト州ワシントンの21世紀をテーマにしたパビリオンで、未来感を演出する音楽として使用された模様です。サウンドエフェクトは Thomas J. Valentino, Inc. の協力。


Elsa Popping & her Pixieland Band

Delirium in Hi-Fi
Fontana   LP¥15,800 VG  VG  #11728

(SMSPL) ついに入荷の珍ジャケオーストラリア盤!50年代末? Andre Popp の変名。"Love is Blue (恋は水色)" で知られる Popp が、クリスチャンヌ・ルグランの夫で Swingle Singers 等のエンジニア、レコーディング・プロデューサーの Pierre Fatosme(レコーディング機材やテープ操作によるエフェクト等を担当)とのコラボレーションで作り上げたストレンジでポップな大問題作! ジャケは William Steig イラストをリミックスした Morris Toohey。

genre = 宇宙博 Space  
cover = 宇宙・SF Space  

Clara Rockmore

Theremin
Delos   LP¥14,800 NM  VG++  #9383

81年の後発盤。77年。映画「テルミン」観ましたか?運命のいたずらによってテルミン博士と生き別れ、NYで半世紀以上ぶりに再会するかつての愛弟子であり純愛の相手、それがクララ・ロックモアです。現在においてもテルミン奏者の第一人者として語られる彼女の演奏は、それはそれは美しく繊細で、電子ガジェットではなくアコースティック楽器としてテルミンを使い続けたクララの、演奏者としての愛情がそのまま伝わってきます。


Fortune Tellers

Song of the Nairobi Trio / Camel Train
Music Makers   7'¥3,800 VG+  #9222

60年代。米TV番組 Ernie Kovac Show のテーマとして61年に大ヒットしたナイロビ・トリオ(ゴリラの着ぐるみ3人組)のテーマを、「引き潮」で有名な作者のロバート・マックスウェル自身のバンドによる再録。B面もオリジナル奇天烈エキゾ曲の強力カップリングシングル!


Dominic Frontiere

Love Eyes, the moods of romance
Columbia   LP¥2,800 VG++  VG  #14235

60年。ジャズアコーディオン奏者としても好作を残す作曲家ドミニクフロンティアのらぶムードアルバム。アルフレッドニューマンの弟子でもあり、この後は劇伴作家として活躍しますが、本作はそんな作編曲家としての能力を存分に発揮した、全曲書き下しのイージー〜ライトクラシックな管弦楽アルバムです。写真:Erwin Blumenfeld


Paul Lavalle

Lavalle in Hi-Fi
RCA Victor   LP¥4,800 VG++  VG+  #14097

57年。アンドレポップみたいなへんてこアレンジが楽しいライトクラシック〜ポップ イージーリスニング。ポールラヴァルはクラリネット奏者として放送局のスタジオミュージシャンとして活動、NBC交響楽団に参加後、クラシック〜マーチバンド系の指揮者、作編曲者として活躍していました。3曲の自作の他、Where or When、It Ain't Necessarily So、Jockey on a Carousel などポップス曲をおもちろアレンジ!


Andre Popp

L'homme invisible / Military dance / Chasseurs sachez danser / Embouteillages
Vogue   7'¥5,800 VG  VG  #8697

(SMSPL, 裏面TOC) 仏盤 64年。名作 "Delirium in Hi-Fi" でお馴染みのフランスの奇才アンドレポップの4曲入りEP。これもポップのユーモア系作品。狩猟者、交通渋滞、透明人間といったテーマをコミカルに、シュールに音楽化した、音楽のコメディスケッチとなってま〜す。全曲 "恋はみずいろ" コンビの Pierre Cour との共作となってますが歌はな・し・よ。


Frank Comstock

Music from Outer Space
Werner Bros.   LP¥9,800 VG++  VG  #10772

(ジャケ下辺に水ダメージあり。SMSPL) MONO。62年。スペース・エイジ・ラウンジの名作! テルミン + エレクトロニクス + オーケストラで描かれるこの上なく美しい夢幻的宇宙イメージ。正統的な技術で構成されたオーケストレーションに、テルミンやElliott Fisherによるエレクトリックバイオリン、ノヴァコードなどの楽器が彩りを添え、エキゾチカとしての宇宙感を極限まで表現した屈指の名作です!


Ted Heath and his orchestra

A Yank in Europe (the music of Raymond Scott)
London   LP¥7,800 VG++  VG+  #11731

1956年10月、レイモンド・スコットはロンドンにあるTED HEATHのオフィスを訪ねてこう言った。“あなたの楽団にピッタリの12楽章で構成された組曲があるんだ。やってみないか!" かくしてアレンジャーJohnny Keatingの協力の元、翌年このアルバムは録音されることとなる。ちなみに56年はレイスコがキーボード付きテルミン"CLAVIVOX"を発明した年なのでR。


Dean Elliott Dance Band

The Hi-Fi Sound
KAPP   LP¥6,800 VG++  VG+  #11735

57年。西海岸でビッグバンドのアレンジや劇伴作曲を営むディーンエリオットは、ほとんど裏方に徹していたようでいまだにその全貌は知れませんが、1960年前後にわずかに残したリーダー作の一つ、スペースエイジラウンジ有数の名作「Zounds! What Sounds!」で有名です。本作もそんなスペースエイジなラウンジジャズの好作で、ハープシコードのクラシカルで新奇なサウンドをユーモアあるジャズバンド演奏にアレンジにした愉快なアルバムです。半分オリジナルですが、The Axidentals など歌手に提供していた歌ものをインストにアレンジしたようです。fe. Bobby Hammack (key)、Frank Flynn (per)、Ted Nash (flt)、etc。

genre = 宇宙博 Space  

Vocal By DENA / Danny Guglielmi

Crazy Dream / You Are the Light Of My Life
Dot   7'¥8,800 VG++  #11714

1956年作。アルバム「Adventure in Sound」が人気のヴァイオリン版レス・ポールこと、ダニー・グリエルミとその奥さんディナによる激レアシングルが遂に入荷!ヴァイオリンでムシ声演奏をやってのけるという離れ業を披露!めくるめく音像にクラクラの最高のスペースエイジ・ラウンジ盤です!


Vocal By JUNELL / Danny Guglielmi

Another World / Why Should I Cry
Nova   7'¥8,800 VG+  #11715

1957年頃。アルバム「Adventure in Sound」が人気のヴァイオリン版レス・ポールこと、ダニー・グリエルミが、奥さんのディナではなくジュネル嬢と制作した激レアシングルが遂に入荷!めくるめく音像にクラクラの最高のスペースエイジ・ラウンジ盤です!


Shay Torrent

Sound Spectrum
Mercury   LP¥4,200 VG+  VG+  #7702

60年前後? シカゴ・ホワイトソックス〜カリフォルニア・エンジェルスの野球場公式オルガニストとして活躍した人物のメジャー盤。タイトル通りの音の残像をたっぷり楽しめる1枚。ジーン・クルーパ楽団で活躍した REMO BIONDI がギター、マンドリン、バイオリンで参加しています。"Cotton Pickin' Boogie", "Caravan", "Tiger Rag" がオススメ!



21 items found    page: 1  2 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART