映画・TVMovie, TV
124 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7 
 


Geoff Love

¥1,000
Ace of Clubs  SCLA 7013  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

オーストラリア盤。イギリス制作の'68年録音。ミュージカル『ヘアー』をなぞったクローンレコ。オリジナルキャストっぽい生録風の作りに、ロック度を増してそれなりにダイナミックになっとります。fe. Dave Wintour, Pat Whitmore。musical supervision by Alyn Ainsworth。

#12667

Original Broadway Cast

¥800
RCA Victor  LSO 1150  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

オーストラリア盤 gold label。68年。反体制的なヒップな若者風俗を描くなかに当時実際に米国が参戦していたベトナム戦争への反戦メッセージを込めた異色のミュージカル。Aquarius、Good Morning Starshine などはポップスカバーされてヒット曲にもなりました。

#12666

OST (Fiorenzo Carpi)

¥2,800
Milan  A-309  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

FRANCE盤 87年。クラウディア・カルディナーレ主演、ルイージ・コマンシーニ監督映画OST。"地下鉄のザジ"でお馴染みのカルピが音楽を担当。ヨーロッパの街角に流れている手回しオルガンのようなキュート曲"Organetto Cucchiarelli", "Organetto Ghetto", ハープシコードやピアノ等をふんだんに使用した洒脱な作品。

#9654

Al Barr

¥3,800
Nonesuch  H 72001  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

64年。オリジナルサントラじゃないです。フランス短編映画秀作"赤い風船"をノヴェライズした本の朗読アルバム。音楽もそれをイメージした書き下ろしです。

#9894

Polytechnic High School

¥2,800
Century  26766  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(WOC) 67年。LA の John H. Francis Polytechnic High School の学生による、新聞漫画原作のミュージカル "リル・アブナー" (歌詞:ジョニーマーサー、曲ジーンデポール) でやんす。田舎町の存亡に関わる一大事件と、主人公リルアブナーを巡る恋の鞘当てのお話し。歌はともかく、頼りなさげな演奏が聴き所の一つとなってます。ヒロインの恋敵 Appasionata Von Climax 役の Toni Janotta ちゃんは役者、歌手としてプロになったみたいよ。

#10110

OST (Orietta Berti)

¥1,800
G&G Records  GG-0033  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

(音に影響ありませんが、ソリあり。キズはなし。) Italy盤 83年。イタリアの国民的歌手オリエッタ・ベルティが歌うシグラ(イタリアのちょっとしたTVプログラム)のテーマ曲。子どもたちも加わってタリアテッレの歌を歌いま〜す。ちょっと不思議なコードワークとシンセのビヨ〜ンとした音色がなんともナイス!優しいバラードB面もハートウォーミングですぞ。Orch. by Gianni Mazza。

#10878

OST (Fiorenzo Carpi)

¥2,800
CBS   A1098  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 80年。ルイジ・コメンチーニ監督の80年映画「Eugenio」OST。14歳の少年が主人公の映画なのですが、多分その子が歌っている主題歌A面はまるでスペインのジャネットちゃんが歌う「カラスの飼育」の少年版!!いたいけ感と寂しげなメロディーがハートわし掴みです〜!ショタコンなあなたも、そうでない方も試聴よろしくです♪両面作曲は「地下鉄のザジ」で知られるフィオレンツォ・カルピ、アレンジはモリコーネの右腕としても知られるブルーノ・ニコライときたもんだ!その割にはB面は単音シンセがメロディを執る切ないインストでユルいです。

#12363

OST

¥1,200
Sountrak  ST 101  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

74年。色男はつらいよ! Bing Crosby のモテ期映画「ラジオは笑う」(1932) のサントラブートレグ。ラジオ局を舞台にクロスビーが人気歌手として主演するバックステージもの。以下の歌手が客演する豪華キャスト。Boswell Sisters、Mills Brothers、Cab Calloway、Burns and Allen、etc。映画はシリーズ化されましたがこれが1作目です。

#14232

OST (Gianna Nannini)

¥600
Ricordi  817-541-1  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

独盤 83年。ベルナルドベルトルッチの制作でルチアーノマヌッツィ監督映画のサントラ、4曲入りミニアルバム。70年代から活動する若い女性シンガーソングライター、ジャンナナンニーニの作編曲、演奏です。fe. Mauro Paoluzzi。

#14291

WOMBLES

¥4,800
7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

UK盤。74年。UKのヘンテコTV番組キャラのWombles! オールドタイミ超ーなポップ曲A面&ビーチボーイズ風B面。なんと両面Mike Sammes Singersが歌っていて本家とは別物! Music For Pleasure, FP-10047

#2293

Franck Pourcel

¥3,000
Odeon  SURL 20976  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

ウルグアイ盤 70年代。フレンチイージー楽団プゥルセルオーケストラの "Vivre et Laisser Mourir" のウルグアイ盤。ウルグアイ仕様の独自ジャケ。007 / ジェームズボンドの映画音楽から選曲した企画アルバムです。The James Bond Theme (B3)、Mr. Kiss Kiss, Bang Bang (B4)、You Only Live Twice (A5) などYOチェック。アルバムタイトルのウイングス曲 Live and Let Die (007 死ぬのは奴らだ) ももち演ってます。

#11466

Frances Langford

¥1,400
Take Two  TT 214  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

82年。フランセスラングフォードは1935年の映画出演によりブレイクした、ラジオ、映画、テレビでお馴染みのスター歌手、タレントでした。本作はそのブレイク時期'35〜'37年の音源集です。『夜毎八時に』('35)、『踊るアメリカ艦隊』('36) など、出演した映画挿入歌をレコード化したものを多く収録してます。

#14401

OST

¥3,200
Nonesuch  536374-1  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

w/ lyric sheet。2013年。愛と感動のネコ映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』サントラのアナログ版、全13曲。舞台となる1960年代初期のグリニッジヴィレッジ界隈のフォークソングを、主演の Oscar Isaac や出演者が歌います。物語のモデルである Dave Van Ronk と Bob Dylan の2曲も収録 (ディランは未発表 ver.)。pro. T Bone Burnett、Joel & Ethan Coen。

#14420

OST (Corinne Marchand, Les Guitares Du Diable, Gerald Lurcy)

¥4,800
Philips  432.778 BE  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 62年。日本の女優岸惠子と結婚したYves Ciampi(イヴ・シャンピ)監督映画「Liberte 1」OST。62年の仏映画「5時から7時までのクレオ」での演技も印象的な女優、コリンヌ・マルシャン主演映画サントラ。ヴォーカルにも定評のある彼女のシャンソンが本当に素晴らしいA1、仏産アフリカンポップA2、アップテンポのバップ系フレンチジャズB1、エレキギター・ツイストB2と、どれもフランスの小粋さと自由なヒップさを感じられる好盤!
Orch. by Gérard Lurcy。

#14525

OST (Francois de Roubaix)

¥8,800
Barclay   61 501  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 71年。ロベール・エンリコ監督映画「Boulevard Du Rhum」OST。主演のBrigitte Bardot がいつも通りのフランソワ・ド・ルーベのメロディを歌うという幸せ。バルドーとGuy Marchandとのデュエットで歌われるジャン・ポール・マルティーニ作のシャンソンB1「Plaisir d'amour (愛の喜び)」、ギー・マルシャンのソロで聴かせるオールドタイミーな佳曲B2「Chanson de Ronald」収録。

#14505

OST (Francois de Roubaix)

¥21,800
Societe Generale   LPC-804  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

France盤 70年。33rpm。Societe Generale 銀行の宣伝用ミュージカル・コメディーの為に書き下ろしたノベルティーOST。スタイリッシュな映像、フランス語のシナリオ、いつものドルーベ節が大炸裂のグルーヴィーでエレガントな音楽と三位一体の激激レア盤。トータル約14分超という長尺っぷりもうれしいね♪



Ma Banque par Choeurs

#14504

François De Roubaix

¥8,800
Barclay   900.577  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL, DH) Canada盤 79年。劇伴作品集第三弾。といいつつ、過去の2枚が劇伴仕事を束ねたものに対し、本番は未発表曲をまとめた最もレアなアルバム。全体を横溢するドルーベの電子音楽愛好の側面を堪能出来る一枚。まあとりあえずA6「Luna Parking」聴いてぶっ飛んで下さい!

#14513

OST (Philippe Besombes)

¥12,000
Pole  Pole 0004  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

(SMSPL) France盤 75年。フランスの電子音作家 Besombes の初期作、映画 Libra のサントラ。文明を離れ自然に暮らす4人組の楽園が、衛星の墜落によってその平和を破壊されるという、全編セリフのない前衛的なSF映画だったようで、音楽はダークなアンビエントムードから、フリークアウトなサイケムードまで、ジャケも含めてかっくいいエクスペリメンタル電子音となってます。Besombes は学生時代から電子音楽にのめり込み、本作以前にはジャンミッシェルジャールと活動したり、この頃にはリュックフェラーリに師事、その演奏活動に参加していた模様。

#14453

OST (Strawberry Alarm Clock, The Storybook, Boenzee Crtque, The Seeds, Ronald Stein)

¥4,800
Sidewalk  ST 5913  LP  
media: VG+  sleeve: VG++  

(DH) 68年。ストロベリーアラームクロック、シーズ参加のサイケ風俗映画『ジャック・ニコルソンの嵐の青春』サントラ。上記バンド曲はもちろんジミヘンをもじったA4, シタールを使ったB3,4などサイケな気分満載。

#14450

Aldemaro Romero y su Orquesta Onda Nueva

¥7,800
DISCHI NUMERO 1  ZN 50002  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

Italy盤 69年。南米におけるスペインからの独立運動の英雄、Simon Bolivar (シモン・ボリバル)を題材にした映画OST。哀愁漂う男女スキャットのA面と、アップテンポで打って来るソフトロック系コーラス曲のB面。

#13850


124 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART