映画・TVMovie, TV
127 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7 
 


OST

¥3,200
Nonesuch  536374-1  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

w/ lyric sheet。2013年。愛と感動のネコ映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』サントラのアナログ版、全13曲。舞台となる1960年代初期のグリニッジヴィレッジ界隈のフォークソングを、主演の Oscar Isaac や出演者が歌います。物語のモデルである Dave Van Ronk と Bob Dylan の2曲も収録 (ディランは未発表 ver.)。pro. T Bone Burnett、Joel & Ethan Coen。

#14420

OST (Corinne Marchand, Les Guitares Du Diable, Gerald Lurcy)

¥4,800
Philips  432.778 BE  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 62年。日本の女優岸惠子と結婚したYves Ciampi(イヴ・シャンピ)監督映画「Liberte 1」OST。62年の仏映画「5時から7時までのクレオ」での演技も印象的な女優、コリンヌ・マルシャン主演映画サントラ。ヴォーカルにも定評のある彼女のシャンソンが本当に素晴らしいA1、仏産アフリカンポップA2、アップテンポのバップ系フレンチジャズB1、エレキギター・ツイストB2と、どれもフランスの小粋さと自由なヒップさを感じられる好盤!
Orch. by Gérard Lurcy。

#14525

OST (Francois de Roubaix)

¥8,800
Barclay   61 501  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 71年。ロベール・エンリコ監督映画「Boulevard Du Rhum」OST。主演のBrigitte Bardot がいつも通りのフランソワ・ド・ルーベのメロディを歌うという幸せ。バルドーとGuy Marchandとのデュエットで歌われるジャン・ポール・マルティーニ作のシャンソンB1「Plaisir d'amour (愛の喜び)」、ギー・マルシャンのソロで聴かせるオールドタイミーな佳曲B2「Chanson de Ronald」収録。

#14505

OST (Francois de Roubaix)

¥21,800
Societe Generale   LPC-804  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

France盤 70年。33rpm。Societe Generale 銀行の宣伝用ミュージカル・コメディーの為に書き下ろしたノベルティーOST。スタイリッシュな映像、フランス語のシナリオ、いつものドルーベ節が大炸裂のグルーヴィーでエレガントな音楽と三位一体の激激レア盤。トータル約14分超という長尺っぷりもうれしいね♪



Ma Banque par Choeurs

#14504

François De Roubaix

¥8,800
Barclay   900.577  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL, DH) Canada盤 79年。劇伴作品集第三弾。といいつつ、過去の2枚が劇伴仕事を束ねたものに対し、本番は未発表曲をまとめた最もレアなアルバム。全体を横溢するドルーベの電子音楽愛好の側面を堪能出来る一枚。まあとりあえずA6「Luna Parking」聴いてぶっ飛んで下さい!

#14513

OST (Strawberry Alarm Clock, The Storybook, Boenzee Crtque, The Seeds, Ronald Stein)

¥4,800
Sidewalk  ST 5913  LP  
media: VG+  sleeve: VG++  

(DH) 68年。ストロベリーアラームクロック、シーズ参加のサイケ風俗映画『ジャック・ニコルソンの嵐の青春』サントラ。上記バンド曲はもちろんジミヘンをもじったA4, シタールを使ったB3,4などサイケな気分満載。

#14450

Aldemaro Romero y su Orquesta Onda Nueva

¥7,800
DISCHI NUMERO 1  ZN 50002  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

Italy盤 69年。南米におけるスペインからの独立運動の英雄、Simon Bolivar (シモン・ボリバル)を題材にした映画OST。哀愁漂う男女スキャットのA面と、アップテンポで打って来るソフトロック系コーラス曲のB面。

#13850

Original Cast (Bill Solly)

¥2,800
Private Edition Series  37090  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

(SMSPL) 80年。オフブロードウェイミュージカル BOY MEETS BOY のミネアポリスキャスト盤。同性愛も異性愛も分け隔てのないパラレルワールドな、'36年のロンドン〜おパリを舞台にしたお話し。アメリカ人敏腕特派員 Casey と、億万長者のいけず男を結婚式当日に袖にした噂の美男 The English Rose こと Guy Rose とのハラハラドキドキの胸キュン ロマンチックコメディーでーす。フルバンド演奏に、写真、ストーリー、歌詞充実のWジャケで、NYオリジナルキャスト版より豪華です!

#10317

OST (Vladimir Cosma)

¥2,500
Carrere  66.229  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

FRANCE盤 85年。サントラやライブラリーでハジけた才能を披露しているウラジミール・コスマのTVドラマOST。コスマの華麗なスコア&ストリングスアレンジが堪能できる一枚。シンセベースがうにょうにょ鳴っているB1など、時代を感じます。

#9658

OST (Dave Grusin)

¥1,000
20 th Century  ST 103  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

75年。バートレイノルズ主演『デキシーダンスキングス』サントラ。カントリー音楽を絡めた物語ということでカントリー調のフォーキーな内容。出演もした Jerry Reed の歌曲や、カントリーポップスのアレンジ曲集となってます。

#12267

Berto Pisano a la sua Orchestra

¥1,000
Prodotto da Dischi Ricordi  SRL 10734  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

(A面は多少音びびります - 針圧重くすると向上。キズはほとんどありません。SMSPL) 伊盤 74年。ジャズベーシストで、劇伴などの作編曲もこなしたベルトピサーノ。これも劇伴作品のようですが詳細不明。両面とも控えめな女声コーラス入りのバラード系です。作曲は Junior Pisano。

#10725

OST (Jean-Michel Defaye )

¥2,000
Philips   432979 BE  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

France盤 62年?。フランスで62年から続いている超有名子供向け番組「おやすみなさいこどもたち (Bonne Nuit Les Petits)」のシングル。神様と一緒に登場し、下界にいる子供達ニコラとピンプルネルのところに遊びに行くクマのヌーヌーの物語。日本でも絵本が出ていましたが、クマがリアルすぎるせいか、それほど人気がでなかったみたいですね。実写がとてもキモいです。ちなみにピンプルネルのCVはクリスチャンヌ・ルグランです。作曲はコラルゴルでも素敵アレンジで大活躍していたJean-Michel Defaye。



#12360

OST (Antoine / Michel Villard)

¥3,800
Vogue  45. V. 4023  7'  
media: VG  sleeve: VG-  

(ジャケ右辺に破れあり。SMSPL, TOC, WOC) France盤 71年。チャップリン曲のカヴァーで有名なフランスの指揮者&作曲家の手掛けるかわゆいストップモーション・アニメのテーマ。メロディも可愛ければSEやパーカスなどを多様に配したバックトラックも可愛い。

#10893

OST (Serge Gainsbourg, Alain Garaguer)

¥4,800
Philips  432.492  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

FRANCE盤。59年。 ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ監督映画"唇によだれ"サントラ。タイトル曲はゲンズブールのヴォーカルが聴けるイカすシャンソン。アラン・ゴラゲール作のクールなシネ・ジャズ名盤。他にエンディング・テーマの「黒のマーチ」、「Judith」「Angoisse」収録。

#14392

OST (Francois de Roubaix)

¥3,800
Philips  370.645  7'  
media: VG  sleeve: VG  

FRANCE盤 68年。映画"ベラクルスの男"サントラ。フランソワ・ド・ルーベが音楽を担当。ここでの雰囲気は冒険者たちや若草の萌える頃あたりの切なっち・メロディー路線。歌っているのは女優ヴァレリー・ラグランジュなどとのコラボレイトで知られるLos Incas。B2後半にドルーベ本領発揮のストレンジ・アレンジ収録。サンプリングソースにも。

#10479

OST (Francois de Roubaix)

¥3,800
Deesse  DPX-699  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

France盤 75年。フランソワ・ド・ルーベとのタッグはおなじみ、ロベール・アンリコ監督「追想」OST。正統派のサントラ・スウィングなのですが、そこはドルーベさんですから、一筋縄ではいかないヘンテコなコードワーク、こーっそり入っているシンセサイザーがキュートなA面、オーケストラ+電子音のアンビエント状態から急激に軽快なアコーディオン・ワルツへ突入するB面。映画音楽ですから映像との兼ね合いなどあるのでしょうけれど、ドルーベにはいつも展開が読めなくて驚かされます!

#10478

OST (Francois de Roubaix)

¥2,300
Disc AZ  SG-38  7'  
media: VG-  sleeve: VG-  

(SMSPL-L) France盤 68年。ジャン・エルマン監督、アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン主演の「さらば友よ」OST。男らしい二人の共演映画とあって、音楽のほうもシブく、ちょっとおまぬけ。ハードに迫り来るA面では、後奏になぜかペッコンペッコンとシンセを鳴らして婦女子の心を油断させるつもりなのか。B面はオシャレにジャズグルーヴ。

#10475

OST (Marika Rökk und die Sunny-Sisters)

¥2,500
Fontana  466001  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

Germany盤 59年。Georg Jacoby監督、Marika Rökk主演ミュージカル映画「Die nacht vor der premiere」OST。マリカ・レックはエジプト生まれ、ハンガリー育ち、パリに移住しムーランルージュでダンサーをしていたキャリアを持つドイツの女優。本映画にはルイ・アームストロングやヘルムート・ツァハリアスも本人役として出演。カリプソやチャールストンに加え、マリカのサッチモ唱法も聴ける、洒脱に楽しい50年代のジャズの雰囲気を堪能出来る一枚。

#10246

OST (ARMANDO TROVAJOLI)

¥4,800
EMI(Pathe)  2C-004-13023  7'  
media: VG++  sleeve: VG++  

FRANCE盤 74年。ヴィカーリオ監督のロッサナ・ポデスタ(監督のWife)が主演映画『Ce cochon de paolo(ああ、情熱)』サントラ。トロヴァヨーリのまぬけなムーグがまるでライブラリー!なA面、ユルい女声スキャットをフィーチュアしたB面はジャック・タチの"トラフィック・マリアのテーマ"をエレガントにした感じでかなりイイです。両面とも大胆にパン振ってますので、是非是非ステレオで聴いてちょ。

#7992

OST (ARMANDO TROVAIOLI, SCHOLA CANTORUM)

¥4,800
RCA  TBBO-1247  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

FRANCE盤 76年。日本未公開映画「醜い奴・汚い奴・悪い奴」の両面トロヴァヨーリ作曲OST。A面はSCHOLA CANTORUMという集団の唄うファンキーアレンジのグルーヴィー・ロック。ムーグもピヨンと鳴っていまーす。B面はムーグ&ハーモニカのみのアブストラクトな不思議インスト。

#7991


127 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART