事故・違和感Weird,Odd
Incredibly Strange, Oddball, Weird, Bizarre...
44 items found    page: 1  2  3 
 


Merrill Womach

¥2,800
DJ  DJ 69-1-10  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

飛行機事故によるヤケドが目印のクリスチャンシンガー。彼のヤケド後の半生を売りに...いや、テーマにした名盤「Happy Again」の4年前、さりげなくリリースされたアルバム。

#588

Trifids

¥2,800
Scarab  SCB 813  7'  
media: NM  

カナダ盤 83年。One of You を改名して The Trifids になったようです。共産圏だった当時のチェコスロバキアはプラハからカナダに移住してきた謎の家族?バンドの自主制作盤。One of You 時代と違い、バンド演奏のインストに変わってます。ユートピアと夢想していた自由主義国の、ドライな人間関係や退廃的な街並に幻滅したのが創作活動のきっかけだったようですが、だんだん同化してきたのか?遂に西側トレンドに対応! DIYなシンセポップを聴かせます。

#9714

Ellisville State School Choir

¥4,000
156575  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

75年。ミシシッピはエリスヴィルの障害者学校で行われていた音楽療法の研究の一環として制作された生徒達の歌唱を記録したアルバム。ラルフカーマイケルのCCM曲などクリスチャン系の曲が多い他、 ラマンチャの男から「見果てぬ夢」などが選曲されてます。ジャケに謝意が記された、後にクリスチャンバンドになる David Huff 率いる David and the Giants が伴奏や録音に協力しています。独特のストリングスつーかオルガンはメロトロンじゃね?

#12584

Mansfield Training School Band and Blind Chorus

¥4,500
Mark  DK-1544  LP  
media: SLD  sleeve: SLD  

60年代? コネチカットで最初の障害者学校だったという Mansfield Training School の、障害のレベルもまちまちな視覚、知的障害者の生徒達によるバンドとコーラス団の演奏集です。エドサリヴァンショーやホワイトハウスでの演奏歴もあるそうで、校外活動も積極的だった模様。豆知識→ 同校は現在廃校。心霊スポットになってるみたいよ。

#10168

Lillay Deay

¥4,800
Timely  1001  7'  
media: VG  

60年代? 音痴!なぜかばあさん歌手が多い音痴 (OOT) レコードですが、これもやっぱりばあさんなのね〜。どのような音楽活動、経歴の人物かまったく不明ですが、Lillay さんはどうやら自作自演のSSWと思われ、本作は両面コミカルなノベルティーシングルとなってます。自作自演ということで単なる音痴以上にアウトサイダー音楽家として、今後の研究が期待されますな。

#11126

Mexia State School Sunshine Singers

¥3,800
Precision Custom Recording  PR 2420  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

80年代。Mexia State Schoolはテキサスにある知恵遅れの子供達の学校。これまでも何枚ものレコードをリリースをしており、同系列のMentally RetardedバンドのHi Hopesと並んで、好き者コレクターたちの人気アイテムになっております。これは67年の1stから80年代音源まで、その活動の全期間から万遍なく収録したベスト盤です。

#11657

Mexia State School Sunshine Singers

¥5,800
Precision  PR 1639  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

70年代。テキサス州立のメヒーア障害者学校の音楽隊サンシャインシンガーズ。'67年に1stアルバムを発表していて、本作は通算7作目ということです。やはり複数のアルバムを発表し、コンスタントな活動を行った同種のスクール音楽隊 Hi Hopes と比べますと、歌唱のほかバンド演奏も重視した Hi Hopes と比べ、こちらはコーラス、歌を主体にしたスタイルです。I Am a Promise とか Gaither 夫妻のCCM曲などを選曲。

#12596

Mexia State School Sunshine Group

¥5,800
Century  29187  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

60年代。テキサス州立のメヒーア障害者学校の音楽隊サンシャインシンガーズ。'67年に1stアルバムを発表しているそうで、本作は1枚目か2枚目頃の初期のアルバムと思われます。グループは80年代まで断続的にレコードを制作してますが、本作は学校用の教会堂設立の寄付金集めの一環として制作されています。後には陽気なポップス調の選曲に変わりますが本作はまだ王道のゴスペル選曲、質素な雰囲気でつ。カントリーゴスペル I saw a man や、For god so loved the world、In times like These など選曲。

#12606

Merrill Womach

¥3,200
New Life  NL 74-1-10  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

74年。ヤケドクリスチャンシンガー。同年に出された同名のアルバムのジャケ違いかと思いきや、曲順やマスタリングもやり直されているようで、抜群に音がいい!

#591

Merrill Womach

¥3,200
New Life  NL 74-1-10  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

(SPL) 1961年の飛行機事故によるヤケドが目印のクリスチャンシンガー、ウーマックさん。事故後もそのやけただれた顔で精力的にレコードを出し続けてきましたが、その集大成とも言えるのがこのアルバム。事故から13年間の彼の生活ぶりや、黒焦げの顔面、手術シーン、悩む家族、担当医のインタビューなどが収められたを収めた30分の映画から数カットが内ジャケに掲載されています。白人ゴスペルながら曲の方もなかなかグルーヴィー!

more...
Happy again
Echoes of yesterday
Lord, take control of me
It all belongs to you
Through it all
Reach out - take the hand of Jesus

Here comes the son
Carpenter tools
He was saying to the world, "I love you."
If I could pretend
Jesus is alive
#12572

Frank Raye

¥4,200
Jomer  JR-10849  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

指のない右腕でギターをつまびくことは、彼にとっても俺にとってもたいした問題ではないようです。ノースダコタ州で長いキャリアを持つ片腕のギタリストが作ったこの作品の最大の特徴は、カントリーミュージックにリズムボックスが全面的に導入されていること。意外なようでしっくりくる、でもやっぱどこかストレンジなその取り合わせ。初めてカリフォルニアロールを食べた時のあの動揺が蘇ってくるような。

#12088

Gordon Thomas

¥5,800
Samhot  10-3-1541  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

84年。'40年代の大戦期に人員不足のディジーガレスピー楽団にトラとしての参加経験もあるトロンボニスト。終戦後はジャズミュージシャンとしてのキャリアは絶たれてしまいましたが、'60年代になって自作自演のシンガーソングライターとして再生!以降自主盤制作など数十年に亘る地道な活動は'90年代以降にアウトサイダーミュージックとしての認知によりささやかな成功を獲得します。ブルーズが無い訳でもないでしょうが、不屈の執念というより楽観者の飄々とした成りが愛らしいじじいです。童謡みたいなシンプルで素直な曲が多いですが、本作はジャズピアニスト Richard Wyands のオーセンティックなヴォイシングの伴奏もあって、ラウンジシンガー的ななかなかヨカ仕上がりです。写真ではよくパリっとしたスーツ姿ですが、仕立屋が本業となったよう (自作らしい)。

#11788

Merrill Womach

¥3,000
New Life  NL 0803-6  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

80年。飛行機墜落事故から生還した奇跡のヤケドクリスチャンシンガー、メリルウーマック。本作はイエスの物語から題材を得た歌を中心に、相変わらず揺るがぬ信仰心に根ざした確かな歌唱で聴かせます。

#11655

Jeff Steinberg

¥4,800
Hymtone  HPS 7739  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

フックを装着した右手でマイクを持ち、右足よりかなり短い左足で立ち、神への感謝を歌い上げるジェフくん。生まれつきの彼の障害は、しかしそのまま彼のキャリアとなり、2005年現在も超多忙なスケジュールな中、彼は歌唱活動を続けている。惜しむらくは、せっかく装着したフックをパーカッションとして使っていないことだ。と、俺以外の誰かが言ってました。


#11265

Malvina Reynolds

¥2,800
Century City  CCRS 5100  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

71年。サンフランシスコの元気ばーちゃん、1900年生まれの女流フォークSSW。Alex Hassilev 制作のフォークロック作。Dick Rosmini, Gene Parsons らのバッキングに、The Dillards や The Sunshine Company らがコーラス参加。イラストは John Swanson。

#567

Merrill Womach

¥2,400
New Life  NL 73-1-9  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL) 73年。ナイスジャケ! 毎回イイジャケを届けてくれるヤケドクリスチャンシンガー。 歴史の重みを感じさせるジャケットの本作は、有名曲を中心に安らぎと勇気を与える確かな歌唱で聴かせます。

#6804

Dwight Fiske & Nan Blackstone

¥3,800
Jubilee  JGM 2026  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

50年代? 戦前に活躍したナイトクラブアクト二人の、たぶんそれぞれの10inchアルバムを2 in 1にしたLPアルバム。二人共ちょっと大人向けの漫談を語り口調で歌うレトロ芸を聴かせてくれるぞい。ヨカジャケのシックなロケーションはスピークイージーを模したというNYの?会員制大人クラブ Gaslight Club (有名なフォーククラブ Gaslight Cafe とは別もの)。

#6332

Spoken (Dr. Dallas F. Billingham)

¥2,400
Akron Temple  126  LP  
media: VG-  sleeve: VG+  

(SMSPL) 66年。ビリンガム牧師による説法集「This is Your Fneral (これがあなたの葬式です)」の簡易印刷ジャケ盤。とは言え表裏面とももちろん棺写真!A面が「もしあなたがクリスチャンだったら」B面が「もし救われずに死んだら」と、2パターンに分けて葬儀の仕方を伝授。今も昔も布教に必須なのは脅しなり。

#3105

Mae West

¥4,500
Round  RS 100  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

66年の "Wild Christmas" の70年代?の reissue。これでメイ姐さんの濃厚サービスがいつでも受けられます。メリークリスマス!

#5001

Spoken (Nrr. Dr.Dallas F. Billington)

¥6,800
LP  
media: SLD  sleeve: SLD  

66年。シールド!「これがあなたの葬式です」。数ある宗教スポークンものの中でも、ジャケのインパクトでは一二を争う衝撃の棺ジャケ!!存在だけは知ってたけど実物見たの俺も初めてだわ。整然とした色味や品のいいフォントも含めて、決してオカルトになっていないところがじっとりした恐怖を誘う。まさにIncredibly Strangeな一枚!

#2523


44 items found    page: 1  2  3 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART