フレンチFrench
167 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
 


OST (Michel Legrand)

¥13,800
disc AZ  1062  7'  
media: VG+  sleeve: VG  

※ジャケウォーターダメージ。仏盤。66年の "ポリーマグーお前は誰だ" サントラ、5曲入り7 inch。写真家ウィリアムクラインの処女映画作品。名匠ミシェルルグランの作曲と、映画同様スタイリッシュなヴィジュアルジャケのコレクタブルアイテム。特殊折り畳みジャケットです。

#13993

Les Quatre Barbus

¥1,800
Philips  432.026  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 55年。ヒゲヅラ4人組ヴォーカルグループ、レ・キャトル・バルビュスの記念すべき1stEP。30年代からキャバレーや劇場でキャリアをスタートさせており69年の活動休止までコンスタントにレコードをリリースしていた人気者。本盤はベートーベン、モーツアルト、ロッシーニ等のクラシック名曲に歌詞を付けて歌うナンセンスもの。めちゃめちゃオシャレに仕上がっておりますですよ!

genre = フレンチ French  
cover = ヒゲ Beardie  
#13944

France Gall

¥5,500
Philips  434874  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

France盤 64年。Philipsでの2nd。ジャケ写が気にくわず、回収になったいわくつきの1stプレス。ゲンズブールの出世作"アイドルばかり聴かないで"収録!アンドレ・ポップ作の「リボンと花束」、かわいいです。他に"Ne dis pas aux copains", "Si j'etais garcon"収録。

#13938

Mademoiselle (Caroline Verdi)

¥2,800
Riviera   121.462  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

France盤 73年。当時15歳のマドモワゼルちゃんこと、Caroline Verdiの3rd シングル。70年代のロリータ感満載のドリーミーポップ!彼女はキャロリーヌ・ベルディの名前で来日公演でポールモーリアと共演したり、ヤマハ主催の世界歌謡祭に出演したりしております。

#13919

ZANINI

¥2,800
RIVIERA  121310  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 70年代? 昨今そのスウィンギーなフィーリングに評価が高まっているザニーニおじさん。実はジャズ・クラリネットの名手だったりします。エロちっくな女声コーラスが最高なA面、ラテン・パーカス・グルーヴB面とどちらもちょうイケてます。 

genre = フレンチ French  
cover = ヒゲ Beardie  
#7979

ZANINI

¥4,800
Riviera  121-426  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

(WOC) France盤 70年代。唄心のあるコメディアン、ザニーニ。今も現役で週末にはパリで唄っている、てのが嬉しいじゃありませんか!本作はいつものザニーニおバカ節のA面、女声コーラスが美しいしっとり洒脱ボッサタッチのジャズ・ヴォーカルのB面と最高のカップリング!

#2220

Damien

¥1,000
Carrere  13065  7'  
media: VG++  sleeve: VG  

仏盤 82年。少年の心を持ちつづける貴兄へ。

#3944

Claudia Cardinale

¥2,500
Disques ibach  60051  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 77年。ゴージャス女優クラウディアのサルソウルちっくディスコ7"! ジャケは恐いが歌声が色っぽい!箱play O.K.!

#10910

Today's People

¥1,800
AZ  SG 541  7'  
media: VG+  sleeve: VG  

(SOC, SMSPL) 仏盤75年。詳細不明のスタジオ?グループ。A面はデスコに、B面バラード。両面フランスのソングライトチーム Michaele と Lana & Paul Sebastian の作で、編曲は Herve Roy。

#3931

Les Parisiennes

¥9,800
Philips  844897  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SOC) France盤 67年。クロード・ボリンのお眼鏡にかなった歌もダンスもイケるカワイ娘ちゃん4人組の4thにしてラストアルバム。本作では1曲もボリンの作品をとりあげてはおりませんが、従来の作品よりもソロ・ヴォーカルの比率が増え、スペシャルな雰囲気。またボリンもいつも以上に気合いの入ったエレガントで洒脱なオーケストラアレンジで手腕を発揮。なんつっても鬼気迫るストリングス・アレンジに感動すらおぼえる「Qu'est-c'qu'on attend pour etre heureux」が収録されているだけで持ってる価値ありの大傑作。black label。

#11883

Marguerite Lambert

¥2,800
disques eva  FET  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

フランス盤。フランスの女流作曲家のマルグリート・ランバールの3枚組レコ。 チェレスタやアコーディオン、室内楽をバックに心底可愛らしい童謡や子守唄を沢山歌っています。後半はインストのアンサンブル。フランスらしく印象派シャンソンといった趣き。意訳するとタイトルは「音楽であそぼう』って感じ〜?

#3827

Bourvil - Maillan

¥2,800
Pathe  C 006-11079  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

仏盤。ゲンズブールの珍カバーはいろいろあるが、その最たるものがフランスの熟年俳優Andre BourvilとJacqueline Maillaによるコメディタッチのかけあいカバーだろう。A面ではご存知ジュテームモアノンプリュを老人カップルが下品にゲラゲラ笑いながら、B面でも名曲「可愛そうなローラ」を奇声をあげながらカバー。アレンジを手掛けるのはChappellやTelemusicで仕事をしているライブラリ作家Paul Piot。オケがオリジナルに近くしっかりしているだけに、くだらなさもひとしおです。

#12115

OST (Francois de Roubaix)

¥18,800
Philips  370774  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 69年。名作シャピ・シャポと同スタッフで69~70年に制作されていたパペットアニメーション、ペパン・ラ・ビュルの激レア主題歌OST。サルやら日本人形キモノちゃんやら極彩色のカバなどなど登場の、納得のフランス制作=奇想天外な内容。音楽は基本的に、かわいくてポップなドルーベ節が大炸裂!メロ的にはシャピシャポに酷似していますが楽曲的にはシャピシャポよりクオリティ高いっす。っつーかぁ、このころのドルーベはみんなこのメロディーラインだなあ。


#10899

Ploom

¥5,800
Disques Magellan  126021  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

(WOC) France盤 70年。もさもさの地球外生物・毛虫キャラ、Ploomの唄うシングル。笑い声とリコーダーがほのぼの感をかもすが、ドラムが意外とタイトでグルーヴィーなA面、しっとりノスタルジックな雰囲気にPloomの一人芝居が虚空に響くB面。あまりにも謎のキャラすぎて目が離せない。気になってフィギュアも買ってみたのですが、どう見てもまるでバリウムうんこ。もっと欲しい。Orch. by Michel Brandt。








#10950

Brigitte Sauvane

¥1,800
Decca  461.159  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

France盤 68年。洒脱ジャズワルツのタイトル曲で幕を開けるフランスの女優/歌手の4曲入りコンパクト盤。ジャジーなシャンソンといった趣きの存在感のあるヴォーカルが魅力。またブリジットのヴォーカルを支えるイージリスニング界の巨匠Jean-Claude Pelletierの力強くもビートを感じるオーケストレーションを聴かせています。
Pardon monsieur / II s'en est fallu / Les caresses / La chasse収録。
orch. by Jean-Claude Pelletier。

#11526

Sheila

¥1,200
Philips  432.931  7'  
media: VG+  

(ジャケなしのジュークボックス用2曲入りシングル盤) France盤 67年。フランスで正統派ye-yeといえばシェイラ。トップ・アイドルに相応しい可憐さです。オールドタイミーなゆったりシャッフルA面、ラテンフレイヴァーのB面はジャズ/フォークでも定番曲「Everybody loves Saturday night」のフランス語カヴァー。両面ポップで楽しい楽曲で聴き応えあり!シェイラちゃんは顔も声もちょっと…というかたにもオススメです。
arr, by Sam Clayton。

#11525

Brigitte bardot et Sacha Distel

¥2,800
Pathe  2C006-94547  7'  
media: VG  sleeve: VG  

(ジャケ一部破れ) France盤 73年。スティーヴィー・ワンダーの名曲「You are the sunshine of my life」カヴァー。バルドーとフレンチ・ジャズ界のイロオトコことサシャ・ディステルとのデュエット。とてもエッチ.... うふん!展開がオシャレに繰り広げられるポップチューンB面はサシャのソロです。

#10892

Sacha Distel

¥1,500
Pathe  2C006-11260  7'  
media: VG++  sleeve: VG  

France盤 70年。フランスのハンサム伊達男、サシャ・ディステルの男女の賑やかしコーラス入の楽しいノヴァルティ感タップリのシングル。アルプスの少女ハイジのエンディングを彷佛とさせますなあ。B面も同様にポップにほどよくグルーヴィー。「アンリ・サルヴァドールの甥」との枕詞が付くサシャですが、叔父のRay Venturaのバンドに在籍していたアンリにギターの手ほどきを受けた、って関係説も有力。Orch. by Nick Ingman。

#10891

Sacha Distel

¥1,200
Pathe  EGF-1024  7'  
media: VG-  sleeve: VG  

(SMSPL) France盤 68年。フランスのハンサム伊達男。クルーナー歌手だったお父様の血筋を受け継ぐかのように甘美に優美にポップに聴かせますー。「アンリ・サルヴァドールの甥」との枕詞が付くサシャですが、叔父のRay Venturaのバンドに在籍していたアンリにギターの手ほどきを受けた、って関係説も有力。タイトル曲の他 "Toi, l'Italie et moi"、"Je reviendrai chez nous a la Noel"、"On croit toujours un peu au Pere Noel"収録。後の2曲は67年のクリスママス・アルバムから。Orch. by Jacques Denjean, Roger Lecussant。

#10890

Sacha Distel

¥1,200
Pathe  2C006-11185  7'  
media: VG  sleeve: VG  

(SMSPL, WOC) France盤 59年。フランスのハンサム伊達男、サシャ・ディステルのクロード・ボリンと組んだジャズ・ヴォーカルもの。クルーナー歌手だったお父様の血筋を受け継ぐかのように甘美に優美にポップに聴かせますー。「アンリ・サルヴァドールの甥」との枕詞が付くサシャですが、叔父のRay Venturaのバンドに在籍していたアンリにギターの手ほどきを受けた、って関係説も有力。タイトル曲の他 "Quand tu es partie..."、"Oui oui oui oui"、"Oh! quelle nuit"収録。

#10889


167 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART