Odeon
5 items found    page: 1 
 


Radames Gnattali Sexteto

¥10,800
Odeon  SMOFB 3879  LP  Brasil盤  75年
media: VG++  sleeve: VG  
TOC

ブラジルの誇るマエストロ、ハダメス・ニャッタリ率いるセステート(六重奏団)による、モダンな解釈のショーロ集。ブラジル音楽の父ピシンギーニャのカヴァーA1,A2の洗練、時折ストリングスも交えた胸弾むアレンジのLouro e Joao de Barro作のA3、ジョビンの才能を見いだしたハダメス自作の、まるでフランス映画のサントラのような洒脱なA5「Meu Amigo Tom Jobim」、軽快なサンバB1、涼しげなのに熱っぽいアレンジ&演奏のB6と、一枚通して素晴らしいの一言。!裏ジャケにはハダメス御大の愛猫と思しきシャム猫も!というわけで、裏ネコード!
パーソネル/Radamés Gnattali (Pf, cond.), Chiquinho (Acordion), Zé Menezes (Gui), Pedro Vidal (Bass), Luciano Perrone (Drs), Laercio de Freitas (Pf)

#14712

Deny & Dino

¥8,800
Odeon  URL-3506  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

(ジャケに少しシワあり) Uruguay盤 67年。ブラジルのSSWデュオの2ndアルバム。ビートルズを通過したジョーベン・グアルダなサウンドはソフロにも通じるメロディの胸キュンさと相まって爽やか&ポップ。ペナペナしたギター・ソロも聴きどころっす。ホーンズが花を添えるキュートなマルシャ「O ciume」、オルガン&EGが味だしまくりのユルいマージービート「Agora e diferente」、60'sモッズの雰囲気「E o fim」、「Pra ver voce chorar」などなど。

#9104

Los Wawanco

¥3,000
ODEON  DTOA - E3464  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

(RW) Argentina盤 64年。55年の結成以来いまも現役で活動中!のアルゼンチアのクンビア・バンド。メンバーは南米中から集結しているようです。なんとなくまったりとしたクンビアのリズムが程よい湯加減で心地よいですね。その楽曲もクンビアらしさ満開で、聴いていていい感じです。

#14572

Wilson Simonal

¥4,800
Odeon  ELD-1875  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

(キズはあまりありませんが多少ちりちりします。) "Alegria, Alegria Vol.3" の PERU盤。エモーショナルでファンキーなヴォーカルで人気のシモーナル。オルガンとコーラスがグルーヴィーなマルコス・ヴァリ作"Mustang cor de sangue"、自作曲"What you say"などイイ曲揃いです。

#9696

Eddiw Warner

¥3,200
Odeon  SOE3237  7'  
media: VG  sleeve: VG  

仏盤 1953年作, 4曲入り。70年代に二ノ・ナルディニ、ロジェロジェらとともに電子音楽スタジオを設立、ヘッポコ電子音楽に明け暮れたフランスの才人が、50年代にトロピカルバンドを率いて録音した処女作。サビアクガード、ペレスプラード人気の波に乗り人気を博し、ムーランルージュの新しいキャバレー等のダンス会場でフランスで大人気だったとか。Terry Gilkyson らのヒットで知られる Marianne も演ってます。

#7538

INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART