欧州ジャズ・ポップスEurope Jazz, Pops
87 items found    page: 1  2  3  4  5 
 


Susy Paula

¥1,800
Orfeu   YSAT-5113  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

Portugal盤 81年。ポルトガル出身のシンガー。73〜81年までブラジルに渡っておりましたが、本作はポルトガルに帰ってきてすぐの録音で大ヒット。オランダの女性SSW、Lenny Kuhrの楽曲でフランスのキッズグループLes Poppysと歌ってヒットした曲「Visite」のカヴァー。キッズコーラスを従えたほのぼのチューンのA面、うってかわって大人コーラスも入るフォークソングっぽいB面。


#12378

Salome

¥1,800
Belter   07.529  7'  
media: VG+  sleeve: VG  

Spain盤 69年。スペインのye-yeシンガー、サロメちゃんの超ご機嫌なユーロヴィジョン・ポップ。B面もオーケストラアレンジも好調な爽快なソフロです。ちなみにサロメちゃんはマリソルの「Bossa nova junto a ti」カヴァーでレコ好きのみなさまの間で有名ですね。

#12419

Lolita

¥800
CBS   3539  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

Spain盤 75年。スペインの国民的シンガー、ロラ・フローレスを母に、フラメンコ・ギターの名手アントニオ・ゴンザレスを父に持つ超絶サラブレッド・シンガーのロリータ嬢。ちなみに妹のロサリオも歌手。幼少時から母の世界ツアーにも同行しステージで踊ることもあったという英才教育っぷり。しかしその頃は音楽にあまり強い興味はなかったそうです。本盤は自身のルーツであるロマの音楽へと回帰し、大ヒットとなったアルバムからのシングルカット。熱く切ない歌声を聴かせております。
Arr. by J. Galvao、
Prod. by Jose Luis De Carlos。

#12416

Gelu

¥2,800
La Voz De Su Amo   7EPL 13.856  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

Spain盤 62年。本名María de los Ángeles Rodríguez Fernández (ながっ!)、愛称Geluというスペインの人気ye-yeシンガー。コンテストでの優勝経験もある陽気で溌剌とした歌声は皆に愛されたとさ。日本人がイメージするスペイン歌謡を、抜群の歌唱力とキュートなフェイクを絡めて歌っております。洗練されたチャチャチャのハッピーチューンA1、イエイエ・ガールの本領発揮なお転婆なポップコーンチューンB2おすすめ。小粋なサンバアレンジのA2はボビー・ダーリン作「Come September (9月になれば)」のスペイン語カヴァー。
A1 Canta conmigo
A2 Cuando llegue septiembre
B1 El poeta lloró
B2 Vuela, vuela hacia mí

#12415

OST (Bernard Gerard)

¥3,800
Fonit- Cetra International  IS 20098  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

伊盤 70年頃。 ゲンズブールのジュテームモワノンプリュのパロディー?、セクシーな男女会話入りのスキャットソング。男女役は Henri Piegay、Dany Danielle、スキャットはスウィングルシンガーズの Anne Germain、作編曲が Bernard Gerard で、フランス制作です。男女コーラス入りのB面は Radio Monte Carlo の番組のテーマ曲だったようです。

#10716

Celia

¥2,800
Palobal   S-64  7'  
media: VG++  sleeve: VG++  

Spain盤 70年。「4 festival de la cancion infantil de TVE」。1967~70年、一時中断して73年にのみ復活したTelevisión Española (TVE)主催のキッズソングフェスティバルのレコード。ノヴェルティータッチのポップでノリノリのA面、軽いタッチのワルツ曲B面。あんまり歌手然としていないヘタウマ系の女性ヴォーカルがキュート。裏ジャケのファッションもスゴい。

#12392

Celia

¥2,800
Palobal  S-61  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

Spain盤 70年。「4 festival de la cancion infantil de TVE」。1967~70年、一時中断して73年にのみ復活したTelevisión Española (TVE)主催のキッズソングフェスティバルのレコード。本作は70年の第4回大会で優勝した楽曲をCelia嬢の歌唱でお届け。子どもでなく、おねえさんです。ノリノリのB面オススメです。

#12391

OST (Marika Rökk und die Sunny-Sisters)

¥2,500
Fontana  466001  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

Germany盤 59年。Georg Jacoby監督、Marika Rökk主演ミュージカル映画「Die nacht vor der premiere」OST。マリカ・レックはエジプト生まれ、ハンガリー育ち、パリに移住しムーランルージュでダンサーをしていたキャリアを持つドイツの女優。本映画にはルイ・アームストロングやヘルムート・ツァハリアスも本人役として出演。カリプソやチャールストンに加え、マリカのサッチモ唱法も聴ける、洒脱に楽しい50年代のジャズの雰囲気を堪能出来る一枚。

#10246

Piera Martell

¥8,500
EMI  13C 062-33892  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

スイス盤 76年。70年代にヨーロビジョンコンテストなどに出場していたスイスのガールシンガー。チューリッヒの Mascotte クラブでのライブ作。It don't Mean a Thing、Hi Lili, Hi Lo など、欧米のスタンダード〜ヒットポップスを中心に、伴奏を務める Peter Jacques、Renato Anselmi のオリジナルソングを交えて、聴かせます。

#11367

Christine Schaller

¥4,800
ML  CAR 80062  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

swiss盤 80年。ヨーロッパ各地を流浪して演奏活動をしている(現在はパリに定住しているようです)ベルギー出身の女性ジャズピアニスト/ヴォーカリストのクリスチャンヌ。本作でプロデュース、アレンジ、作詞作曲、モチロン演奏もこなす才媛。今まで聴いていたものが甘っちょろく聴こえてしまうスピリチュアルの域に達している情念こもったスキャットに震撼。我らがGuy Cabayも涼やかなヴィブラフォンで参加!12人によるビッグバンドを従えてダイナミズム溢れるA面と、Aksak Mabouでのプレイでオナジミ、ギターのPaolo Radoni、どことなくモンクスタイルのクリスチャンヌのピアノ&歌、リズム隊とのセッションスタイルのB面。一筋縄ではいかない自作曲が特に良いですね!

#8837

Gloria

¥2,800
Universal / Orlador  12062  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

Spain盤 71年。スペイン版フランソワーズアルディなぁ〜んて言われていたらしいガールシンガー。本作はグロリアちゃんがリリースしていたシングル曲をコンパイルしたコンパクト盤。タイトル曲はブラジル人作曲家ホベルト・カルロスの手掛けたミディアムスローなソフトロック。本当にフランソワーズ・アルディみたいなオシャレなフレンチポップちっくなA2「No soy un poeta」、情感たっぷりのスパニッシュ歌謡B1「Por eso te quiero」、フリオ・イグレシアス作曲の哀愁の歌謡ワルツ「No estoy enamorada de ti」収録。


#12368

Gloria

¥3,800
Movieplay  SN-20 699  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

(RW) スペイン盤 72年。スペイン版フランソワーズアルディなぁ〜んて言われていたらしいガールシンガー。1st アルバムからのシングルカット。寂しげなグロリアちゃんのヴォーカルが切なさを助長するね!B面は華麗にアンニュイなスキャットチューン、モリコーネ先生のサントラ名曲 "ある夕食のテーブル" のカバーでっす!

#12369

Pavel Bobek

¥2,400
Panton  8113-0207  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

チェコ盤 81年 w/ lyric sleeve。学生時代の50年代末から活動を始めた歌手パヴェルボベック。本作は自国曲も数曲含みますが、多くの曲はケニーロジャース、クリスクリストファーソンとか米国ポップスを取り上げたカバーアルバムの趣き。カントリー〜フォーク調が持ち味のようですが、ルーリードの Walk on the Wild Side、ラヴィンスプーンフルの Daydream なんてカバーもありますよ。

#10370

Erik Norstrom

¥4,800
Ton Art  3  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

スウェーデン盤 79年。テナーサックス奏者 Erik Norstrom のリーダー作、サックストリオを中心にした編成のストレートジャズアルバム。曲によってギター、ピアノを加えたり、ベースがトロンボーンにスイッチしたりします。5曲のオリジナルの他、Song for the Strayhorn を取り上げてます。

#7202

Lars Erstrand

¥2,400
EMI Columbia  4 E 062-34277  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

英盤? 71年。スウェーデンのヴィブラフォン奏者エルストランド。タイトル曲や、A Nightingale Sang in Berkeley Square、Cherokee などの古いスタンダードを軽快に聴かせる爽やかジャズ。fe. Rolf Larsson (p)。pro.&arr. Ove Lind。

#4104

Real AX Band

¥14,000
April  LC 4553  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

w/ lyric sleeve。独盤 77年録音。Embryo (独) に参加していた鍵盤奏者 Dieter Miekautsch、女性ボーカリスト Maria Archer らのフュージョンファンクバンド。英語圏出身のアーチャーが歌う曲は英米のそれと比して違和感の感じない正統的なファンクネスを醸しておりますですよ。ブラジリアングルーブ Samba Mortale 収録。

#13959

V.A.

¥6,000
Dischi Ricordi  MRP 9046  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(ジャケコーティングに少しシワあり) 伊盤 68年。Dischi Ricordi レーベルのポップ歌手、グループのコンピレーション盤。A面は Wilma Goich、Bobby Solo などソロ歌手集、B面は Equipe 84、I Dik Dik などのロックグループ集という構成。Nora と Paola の Orlandi 姉妹作曲の女声スキャット入りボサ Un Bacio Alla Volta も収録 (El Supremo Brass Band 名義でおそらくスキャットも姉妹でしょう) 。

#11053

Monika Linges Quartet

¥5,800
Nabel  Nbl 8415  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

(SOC) 独盤 84年。お洒落なクロスオーヴァーサンバアルバム「Floating」が人々を魅了したドイツの女性ボーカリストの自身名義2nd。高速スキャットがダイナミックに飛び回るジャズサンバのA4 "Samba de Coracao" をはじめ、スピード感のあるトリオジャズと彼女のクールかつ情熱的なボーカルやスキャットが満載の傑作です!

#6536

Czerwone Gitary

¥2,400
Muza  SX 1383  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

Poland盤。76年。66年にデビューしたポーランドのビートルズことCzerwone Gitary(Red Guitarの意。ネオアコみたい〜。)の10作目。楽曲のポップさ、リズムの面白さ、国籍不明な音像など東欧というより、同じ頃の南米のビートルズフォロワーとテイストが似ていますなあ。全ての楽曲を作曲し、ヴォーカル、ムーグ、マンドリン、12弦ギター、ピアノなど複数楽器を担当しているリーダーのKrajewskiの才能に感嘆。コーラスでAlibabki参加で超カワイク花を添えているところもポイント高いネ。ムーグがウニョウニョでプログレッシヴなA1、ギターのカッティングがグルーヴィーなA2、ラテンフレイヴァー溢れる、Telegraph Avenueあたりと同じ香りのするグルーヴィーポップA4、ジョージ・ハリスンORイアン・マシューズちっくなカントリーB3あたり、かなりイイですね。

#3839

Coco Briaval Quartet

¥4,000
Polydor  658089  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

France盤 67年。64年に、ココことHenri Briaval 中心にルネ、ジルベールのブリアヴァル兄弟3人で結成されたジプシー・スウィング(manouche jazz) グループ2枚目のアルバム。本作ではLive for life (ボサ調でステキアレンジ) 、男と女、俺たちに明日はないなどの映画音楽や恋はみずいろなどのヒットポップスのカヴァーとココの自作スウィングが交互に収録。アンリくんは49年生まれですのでこの当時18歳。まだこなれていない部分もありますが、自作曲のスウィングっぷりはなかなかポップで楽しい。元々はジャンゴ・ラインハルトを目指していたらしいですが、いつの間にかウェス・モンゴメリーのことを好きになって行ったそうです。なるほどー。

#13998


87 items found    page: 1  2  3  4  5 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART