Riviera
9 items found    page: 1 
 


MARCEL ZANINI

¥1,500
RIVIERA  121257  7'  France盤   70年
media: VG  sleeve: VG  
WOC, SMSPL

サルヴァドールと並んで唄心のあるコメディアンなジャズメン、ザニーニ。今も現役で週末にはパリで唄っている、てのが嬉しいじゃありませんか!バルドーも歌っているGroovy + funnyなチュブチュブパ最高です!洒脱スウィングB面もイカす。



Zanini

#14805

Anne Lonnberg

¥18,900
Riviera   521.174T  LP  
media: VG+  sleeve: VG++  

France盤 71年。注意!!ただの美人女優にあらず!スウェーデン出身の女優で、デビュー時に縁の深かったギリシャで絶大な人気をほこり、007のムーンレイカーにも出演したキャリアを持つアン・ロンバーグの英語仏語を交えたほぼ自作曲で聴かせるアルバム。どの曲もチャーミングなメロディーラインに、素直に添えられたコード感。彼女自身、ルックス通りの美人ヴォイスなうえ、ヴィブラート、ウィスパー、裏声、お茶目、などなど複数の唱法も楽しめる。シュヴァリエのストリングス・アレンジが気品を与え、どこかドライな全体のミックスが聴き手との心地よい距離感を生んでいる。カラリとしたエレピとスキャットがほのかなグルーヴを醸すForbidden seasons, フルートとアコギのカッティングが柔らかな胸キュン曲Spinner, フランス語の響きもキュートな佳曲Goodbye Alexander, Cette nuit、アコギ+オルガン+ハモリで浮遊感抜群なTu viens et tu t'en vas、バンジョー&フィドルも軽快なブルーグラス曲Bungalatusもカワイイ!フォークの名盤と誉れ高い本作ですが、ジャケのイメージ通り透明感がハンパなく、サントラを聴いているような気もしてきます。どちらにしろ、大名作ですね。
Orch by Christian Chevallier。

#14565

David Alexandre Winter

¥3,800
Riviera  550001  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 70年。オランダ生まれのシンガーでバンドのフロントマンだった彼ですがいまいちぱっとせず一旗揚げるために69年パリに。実力が認められリヴィエラからリリースしたデビューシングル"Oh lady Mary" が大ヒット!おめでとう!!言わずもがな、のGamble&Huff作Tighten up風フリーソウルチューン "I can't stop dancing (Archie Bell & the Drells)"のフレンチカヴァー"Qu'est-ce que j'ai danse!"収録!ジャケ違いの再発盤。

#9647

Nino Ferrer

¥4,800
Riviera  231311  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 68年。ソウルほとばしるフランスSSWニノ・フェレールのコンパクト盤。もちろんバロンのグルーヴィーなオルガン・プレイも大フィーチャーでカッコいいです!ミシェル・コロンビエarr.の踊れるファンクA1、オールドタイム・ジャズB1、タンバリンが異様に格好イイグルーヴィー曲B2など使える一枚です。

#10978

Nino Ferrer

¥3,800
Riviera  121162  7'  
media: VG  sleeve: VG+  

(※サーフェスノイズあり。SMSPL) France盤 67年。ソルボンヌ卒業という頭脳明晰、容姿端麗なご身分にも関わらず、ジャズ好きが高じてミュージシャンになってしまったというクレイジーなフランスSSW、ニノ・フェレールのレアなjukebox用7"。ラグタイムにシャウトを織りまぜる粋なA面、ハモンドとホーンズを使ったグルーヴィー曲TV番組"Agence Interim"の主題歌B面。PS付き。

#10980

Mademoiselle (Caroline Verdi)

¥2,800
Riviera   121.462  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

France盤 73年。当時15歳のマドモワゼルちゃんこと、Caroline Verdiの3rd シングル。70年代のロリータ感満載のドリーミーポップ!彼女はキャロリーヌ・ベルディの名前で来日公演でポールモーリアと共演したり、ヤマハ主催の世界歌謡祭に出演したりしております。

#13919

ZANINI

¥2,800
RIVIERA  121310  7'  
media: VG+  sleeve: VG+  

France盤 70年代? 昨今そのスウィンギーなフィーリングに評価が高まっているザニーニおじさん。実はジャズ・クラリネットの名手だったりします。エロちっくな女声コーラスが最高なA面、ラテン・パーカス・グルーヴB面とどちらもちょうイケてます。 

genre = フレンチ French  
cover = ヒゲ Beardie  
#7979

ZANINI

¥4,800
Riviera  121-426  7'  
media: VG++  sleeve: VG+  

(WOC) France盤 70年代。唄心のあるコメディアン、ザニーニ。今も現役で週末にはパリで唄っている、てのが嬉しいじゃありませんか!本作はいつものザニーニおバカ節のA面、女声コーラスが美しいしっとり洒脱ボッサタッチのジャズ・ヴォーカルのB面と最高のカップリング!

#2220

Le Trio Camara

¥19,800
Riviera  20019  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

(DH, SMSPL, 盤面に多少汚れ?あり) Canada盤 68年。ピエール・バルーのレーベル、Saravahのジャズラインからリリースされた不朽の名盤!3人共ブラジル出身のジャズミュージシャンながら、フランス録音で洗練されたサウンドメイク。同時期にフランスのLes MasquesやTitaのバックも務めていたことはつとに有名。スリリングに高速アレンジされたA1"ビリンバウ"やB1"ウッパ・ネギーニョ"のカヴァーにはやっぱり胸の高鳴りを禁じ得ませんが、しかしながら2曲収録されたオリジナルの感じからは真摯なジャズへのアティチュードが感じられるなあ。きっと本人たちはブラジルどーのこーのはどうでも良くて、ジャズメンとして自認してたんでしょうね。セル・メンも、そもそもは生粋のエリート・ジャズピアニストですものね。けだしストイックな名作!カナダ盤ですが、音質はDare Dareの再発とは比べものになりません。ゼヒゼヒこの機会に♪ Personel ; Fernando Martins (pf)、 Edson Lobo (ba)、Nelson Serra (drs)。

more...
Berimbau
Nao tem solucao
Bia
Nasente
Estrada do sol

Upa neguinho
Feito de ojacao
Cheganca
Noa noa
Muito a vontade
Samba novo
#8267

INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART