チルドレンChildren
欧州では
「コドモ」は「オトナの小さいもの」ではなく
コドモという別の存在として扱われるらしいですね。
コドモのための音楽、コドモが作る音楽、歌う音楽。
童話やSFが描く世界は、オトナが憧れる世界でもあります。
104 items found    page: 1  2  3  4  5  6 
 


Library (Gil Flat, Frank Syman)

¥4,800
Sonoton  SON 141  LP  
media: M  sleeve: VG++  

独盤。A面はコミカルな雰囲気の6曲をそれぞれ 4 ver. ヴァラエティーに富んだアレンジで料理。B面は木管〜弦〜打楽器などいろいろな生楽器によるショートメロディーがごっちゃりと入ってます。全体的にはとぼけた雰囲気の可愛らしさ。

#10852

Natalie Ornish

¥2,400
Natwin  DA 566  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

MONO。60年代? テキサスのソングライター Natalie Ornish さんの子守唄集。Let's have a tea party、The Tooth Fairy など、2〜8才向けの10曲入り。ローレンスウェルクショーなどに出演した Denise Foster の歌と、ヴォーンモンローバンド出身の Ernie Johnson のアレンジによるリアライズ。

#10583

Jim Copp and Ed Brown

¥4,800
Playhouse  606  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(WOC- サイン, TOC) 63年。ジム・コップとエド・ブラウンの6枚目。夜な夜な3台のアンペックスのテープレコーダーを操作してチャレスタ、ピアノ、カズー、足踏みオルガン、ホイッスルなどを多重録音&テープ編集して作り上げられた「GLUPS一家、サンフランシスコへの道」。基本的にはお話レコードですがテーマ曲やBGMがとってもキュートでちょっとブルース・ハーク的! しかし一番の魅力はジャケット左上に描かれているナゾのキャラクターですな。見開きジャケのゲーム付 (ゲーム用ルーレット、コマ付き)。

#9886

Brady Bunch

¥6,800
Paramount  PAS 6037  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

(DH) 72年3rd。米TV番組「愉快なブレディ一家」から生まれた6人の子どもによるチルドレン・ソフトロック。本作は演奏もなかなかにグルーヴィーでレアグルーヴとしても人気作品。裏セサミストリートといった雰囲気のA2"It's a sunshine day"、ChicagoのカヴァーB3"satuday in the park"キャワイ〜ィ!彼の仕事は要チェックのJackie Mills制作。ジャケはヒプノシス参加や、モーターヘッドを手掛ける Joe Petagno。

#9477

Catherine Clouzot, Jacques Rousseau

¥2,500
Spoken Arts  838  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

(SMSPL) w/ lyric sheets。62年。作家達の朗読レコードや、子供向け教育レコードの専門レーベル Spoken Arts の1枚。フランス人俳優 Catherine Clouzot と Jacques Rousseau が歌うフランス民謡集です。Frere Jacques、Ah, vous dirai-je, maman などなど。ヘタウマ系ナイス ジャケは Howard Russo。

#9441

Les Gavroches

¥3,800
mfp  2M 046 13265  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

ベルギー盤 76年。フランスのヒット曲を育ちの良さそうな子供達が歌い倒すショタコン対応のオムニバス盤のシリーズ第三弾。急に「Les Gavroches(町の悪戯っ子)」なんてグループ名つけちゃった。マリー・ラフォレが唄ってヒットした"Vien sur la montagne"、つい演ってしまう"Dona Dona"のほか本作ではグルーヴィー&ポップなオリジナル曲にも挑戦。おっと、ひとり音程不安定ウィスパー系のロリータ居ますよ、ダンナ。(Bラス参照のこと。)

#8880

Turner Eight, The

¥5,800
Studio 5  TPS-1751  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

70年代中期。揃いのユニフォームも決まった仲良し一家のファミリーアルバム! 8人家族も始まりは二人から。25年前のアコーディオン教室のティーンデュオだった Dan と Gerry は高校を卒業後、自然と夫婦としても結ばれたのであります。長女 Brenda (15才) に続き、長男 Danny、そして Rochelle、Mary Margaret、Angela、末息子の Steven (7才) と着々と家族の増殖に成功。Sing、Ma, He's Making Eyes at Me、Paper Roses とか下の子供達を中心にした歌唱がきゃわい〜んだな〜。ラスト3曲の、嘆きのジプシーローズ、ハバナギラ、風に吹かれて (ディランの) の流れはディープな味わい。たぶんミネソタの人々。

#8614

OST (John de Plesses, Barrie Corbett, Cristina D'avena, etc...)

¥4,800
Five  FM13571  LP  
media: SLD  sleeve: SLD  

86年 Italy盤。ベルギーのアニメキャラ、Les Snorkyがイタリア語版に吹き替えられシグラ枠で放映されていたもののサントラ!本家ではClaude Lombardが歌っておりましたが本作では伊国民的歌のおねいさんクリスティーナ・ダヴェナがこどもたちを引き連れ可憐にポップにお贈りしております。ポップボッサB1「Arrivano gli Snorky」最高ー。全体的に楽曲高品質だし適度なテクノポップとロック感の混ざり具合がカワイイ好作なんだなー。August Martelliもイタリア版のテーマ曲を書き下ろしておりまっす!

#8018

Good Time People

¥1,800
Century City  CCR 70101  LP  
media: VG++  sleeve: VG  

(SMSPL) 69年。子供と熊の友情を描いたファミリーTVドラマ Gentle Ben (くまとマーク少年) からの企画歌レコード。ソフロ名人 Al Capps のアレンジで、ほのぼのラブリーな内容に仕上がってますよ。The Good Time People は番組の主演陣で構成されていて、マーク少年役 Clint Howard は、あのロンハワードの弟だそう。他、その二人の実父 Rance、熊の声の担当だった Candy Candido や、Dennis Weaver などもメンバー。A1, B13,5 などリコメンド。ソングライトは Joe Lubin。

#7520

Pittiplatsch

¥2,800
Eterna  8-35-032  LP  
media: VG  sleeve: VG  

独盤 60年代。旧東ドイツの子供TV番組からの人気者パペットキャラ、ピティ。子供達のかわいい童謡歌唱をメインに、ピティが曲間でこちょこちょしゃべってます。A面冒頭でピティも歌ってますよ。謎の容姿と思ったら、ドイツの悪戯好きな地の精霊コボルトをヒントにしたキャラクターなのだそうです。

#7480

Henri Salvador

¥4,800
rigolo  30.005  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

FRANCE盤。超カワイイ女の子、ナタリーちゃんとの2ショットがホノボノのナイスジャケ!アンリおじさん、大好き〜とばかりに二人でデュエットしております。また、サルバドールの作品のなかでも出色のボッサ"une chanson douce"も収録。他にへんてこオルガンがキュートなB6、サルヴァドールのお家芸おふざけソングA2、ニールヘフティのカヴァーA5などなどレベルの高いヴァリエーション豊富な楽曲構成で飽きさせない一枚です。

#6844

Phyllis Hiller

¥5,800
C&M  LP 6608  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(ゆるいソリあります。) 71年。作家でも音楽家でもある才能豊かな女性、Phyllis Hillerの代表作、気分によって体の色が変わる不思議な象RAMOのソングストーリー。シロホンやなどの可愛い楽器や多彩なSEと共に、MOOG的なサウンド(オルガン?)が全面的に使われており、Bruce HaackやJim Coppなど好きな方にもお勧め。とにかく可愛い!

#6755

Education (MICHEL DELAPORTE, MARC CHANTEREAU)

¥5,800
UNI Disc  UD 30 1241  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

仏盤。70年代半ば?エデュケーションライブラリーのレーベルUNIDISCからリリースされた教育用のポップアヴァンギャルドなアルバム!フランスのパーカッショニスト/コンポーザーMichel DelaporteとMarc Chantereauを中心に作られた、変調されたピアノやパーカッション音、オルガンなどを使った短い楽曲を収録。ところどころミュージックコンクレート的な編集なども施されています。全曲を解説したブックレット付きただしフランス語。

#6636

Rhodes Kids, The

¥4,800
Rhocam Production  RC-101  LP  
media: NM  sleeve: NM  

70年代中期。パートリッジファミリーを地でいくファミリーキッズバンド。数枚のアルバムリリースや、ベガス公演、TV出演とか、果ては日本盤シングルなどでがんばってました (クリスマス作はブレディーバンチのスタッフが制作してます。YO CHECK!)。人気曲 "Candy Man" もかわゆく収録。裏ジャケ、ベガス公演で知り合った B.B. King や Sammy Davis, Jr. からコメントが届いておりやす。なぜか疑似ライブ仕立て!

#6647

Rick Powell

¥14,800
Incentive Publications  IP03-R  LP  
media: M  sleeve: VG+  

(SMSPL) 72年。ナッシュビルのマッケンジー夫妻が運営する宗教系出版社による子ども向け情操教育シリーズ“Kids Stuff"の一環として製作されたこのアルバム。授業を担当するはCCMの大御所アレンジャー/プロデューサーにしてCCM界唯一の電子音楽家Rick Powell氏。ムシ声なんかも入ってたりして、素晴らしいアルバムなのです。聴いてみて!楽しいよ!ちなみにARPの名前は創設者Alan R. Pearlmanの頭文字から。 white label。

#6515

Boulou with the Paris All Stars

¥6,800
4corners of the world  FCS-4221  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

66年。ジャンゴ・ラインハルトの甥っ子の天才ギター少年のLP!この年(13才)にしての枯れたプレイとやんちゃスキャットの取り合わせが微笑ましくってサイコーです。バックはアラン・ゴラゲールがガッチリ仕切っているのでなるほどイイ感じ。"Girl from Ipanema", "Salt peanuts", "Bluesette"など全12曲収録。

#6109

Hanna - Barbera

¥4,600
HBR  HLP 2051  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

66年。ハンナ=バーベラのアニメ特番のレコ版。脚本&主演 Bill Dana (aka- Jose Jimenez)、ソングライトはミュージカル版スーパーマンなど手掛けた Charles Strouse、Lee Adams コンビ。編曲 Al Capps。fe. Scatman Crothers。ハンナバーベラレコードはジャケもとっても魅力的!

#5522

Richard Hamilton and Bill Ingram

¥3,800
Hosanna  L-226  LP  
media: NM  sleeve: NM  

ノルウェー生まれのHaldor Lillenasは、音楽の才能に恵まれ、1910年にカリフォルニアのナザレ教会で牧師となった後も通信教育で音楽の勉強を続け、1919年には最初の曲集を出版、1922年にはLillenas出版を設立・・・てなことがイロイロありまして、その出版社が1978年にリリースした子どもミュージカルの為のアルバム。アレンジはLarry Mayfield。

#4383

R.Calmel, P.Gabaye

¥3,800
MP2000  MP93  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

仏盤。見知らぬフランスのライブラリー作家二人組による子どもをモチーフにした1枚なのですが、どこか冷めた感じの大人びた子どもだね。ジャケがシンメトリーに見せかけて上下別の写真ってところも捻くれてるっていうか、フランスの子どもはもっと素直にハッチャけて行った方がイイと思うよ。

#3244

Children (Music:The Octopus)

¥7,800
Caedmon  TC 1287  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL, SOC) 69年。なんて奇妙なレコード!男なのに「現代のマザーグース」と呼ばれ、独自に制作したナンセンスでリズミカルな教材で子供達に読書や学習の楽しみを伝え続けたTheodor Seuss Gieselことドクター・スースの朗読のバックに、なぜか延々とかぶさる奇妙な電子音。その正体はRalph Curtisなる人物が自作したエレクトロニクスデバイス「The Octopus」によるもの。ダイオードやテープループから発信されるクレイジーな電子音は、自由で子供が思わず目を輝かすドクター・スースの教材と見事にマッチしている。楽曲と呼べるようなものはないが、Bruce Haackの一連の仕事を想起させる素晴らしい内容!

more...
Happy birthday to you!
The big brag
Gertrude McFuzz

Scrambled eggs super!
And to think that I saw it on Mulberry Street
#3220


104 items found    page: 1  2  3  4  5  6 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART