ロックRock
208 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
 


Sing Along with the Oldies

¥2,000
Warner Bros.  WS 1516  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

60年代前半? オールディーズ カラオケ。ちょっと古い程度だとおもうんですが、当時からオールディーズなんすね。屈託の無い C 調演奏にのれるか、のれないか、君も自分の人間性と創造力を試してみないか? Let the Good Times Roll、Do You Want to Dance?、Kansas City などなど。歌詞は裏ジャケに印刷。

#1353

Judy Henske

¥2,500
Elektra  EKL 231  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

MONO。63年 1st。英バンド軍団侵攻以前のフォークブームの温床となった、ビート族や学生など都市ボヘミアン達のだべり場コーヒーハウス/クラブから頭角をあらわしたド迫力シンガー、ソロデビューとなるライブ作。fe. John Forsha。gold label with guitar player。

#561

Frankie Lee

¥1,800
Music City Workshop  7402  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

75年。アーシーな味わいのSSW作品。ナッシュビル録音。見た目けっこうおっさん臭いが、本当は若いんじゃね〜の?

#577

Norma Tanega

¥800
NEW VOICE  807  7'  
media: VG  

※特価!キズはあまりありませんが、多少ちりちりします。
66年。女流SSWノーマ・テイネガ。アシッドフォーク方面から熱烈支持を受ける枯れた歌声が魅力の男前のおねえちゃん。Blossom Dearieと「Dusty Springfield」という楽曲を共作したことでも知られておりますね。本作は彼女のデビューシングルで、SGギターをかき鳴らし、アコギとハーモニカ&ポップなコーラス隊がボブ・クリュウ好みって感じのA面、フォーキー・ワルツB面となっております。wikiによりますと60年代末、ノーマが楽曲提供していたダスティ・スプリングフィールドと彼女とはロマンティックな関係だったそうです!

Arr.&Prod. by Herb Bernstein(ローラ・ニーロのアレンジャーとしてもオナジミ)。
Bob Creweのレーベル、NEW VOICEより。


#1728

Rangers

¥2,800
Panton  01.0286  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

(SMSPL) Czechoslovakia盤 71年。64年結成のチェコスロバキアを代表するフォーク、C&Wスタイルのポップスを聴かせるバンドの3rdアルバム。お約束通りフィドル、バンジョー、ギターなどの演奏に、ハーモニーもたっぷりのハイクオリティ。おオモチロ鼻声も飛び出すA2、ボッサタッチの優しいソフロといった趣きのA4、Merle Haggard作のI take a lot of pride in what I amのチェコ語カヴァーB4、正統派B5、B7などいい感じ。アメリカのフォークバンドも聴き厭きたなあ〜なんてかたに是非オススメ!!

#11571

V.A. (FIVE OR SIX, EBTG, PASSAGE, etc..)

¥3,800
Cherry Red  Z RED-41  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

France盤 82年 w/ inner sleeve。80's大名盤!Cherry Redのイイ時期のコンピ。他にMonochrome Set, Thomas Lee, Tracy Thorn, Ben Watt, Kevin Coyne, Piero Milesi, Joe Crow, Marine Girls, Felt, Eyeles In Gaza, Attila the Stockbroker, Misunderstood, Nightingales, Quentin Crisp収録。

#9662

Routers

¥2,800
Warner Bros.  W 1595  LP  
media: VG+  sleeve: VG  

(DH, WOC) MONO。65年 4th。ソングライター Mike Gordon とベンチャーズなども手掛ける Joe Saraceno によるスタジオプロジェクト、エレキやサックスをフィーチャーしたインストバンド。Maybelline とか Roll Over Beethoven とか、全曲チャックベリーの底抜けロケンローダンスアルバム。本作では、ソロは少ないけど全編ホンキートンクピアノがいい味出してる (レオンラッセルかな?)。

#4879

R. Stevie Moore

¥4,500
H.P Music  HP 30733  12'  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SOC) 78年 3曲入り 12inch。60年代からの果てしのない宅録一人多重録音で、ローファイキングの異名も持つアウトサイダーロックのパイオニア (一言で変人)。意外と?キャッチーな作曲センスと、屈折したロックスター的自意識の織りなしがおもろい愛すべきキャラクターです! A面 (Night Side) 2曲は NW 調のポップなボーカル曲。B面 (Day Side) はイーノっぽいアンビエントインスト。

#10334

Library (Fargo)

¥1,800
BBC Radioplay Music  TAIR-81027  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

英盤 80年頃。Peter Knorn 率いる Fargo というドイツのバンド。なぜかBBC業務用レコ!でもジャケット最高!まるでPhilipsのコンクレ・シリーズのようなキラジャケで。作曲はギタリストの Hanno Grossman と Peter Ladwig。

#9619

Van Dyke Parks

¥5,800
Warner Bros.  7409  7'  
media: VG++  

祝来日!70年。1st と 2nd アルバムの中間に出されたアルバム未収シングル。Greenwood Country Singers 時代のレパートリーをヴァンダイク印のクラシック楽器編成をウルトラポップアレンジで。プロモ盤 STEREO/MONO の両面同曲ですが、ステレオミックスはよりヴィヴィッドなサウンドになってますので、レギュラー盤をお持ちの方も試してねん。Kirby Johnson との共同アレンジ。ヴァンダイクもこの頃からヒゲ時代到来。

#10223

Malvina Reynolds

¥2,800
Century City  CCRS 5100  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

71年。サンフランシスコの元気ばーちゃん、1900年生まれの女流フォークSSW。Alex Hassilev 制作のフォークロック作。Dick Rosmini, Gene Parsons らのバッキングに、The Dillards や The Sunshine Company らがコーラス参加。イラストは John Swanson。

#567

Red Shadow

¥4,500
Physical World  PR 21-005  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL) w/ lyric sheet。75年 1st。ヒゲもじゃボヘミアンな風貌にバンド名、そして歌が "マルクスを読もう" とか権力、インテリに批判的な内容で、どこまで本気か判らないところがありますが、経済学博士号を持ち後に政府機関に勤める Ev Ehrlich がリーダーのインテリ集団なところをみると、やはり自嘲のニュアンスも含めた、シニカルなユーモアで聴かせる特異なコミックバンドといったところ。"Understanding Marx" がレイチャールズ、"Gone Gone Gone" がビーチボーイズ、"Anything Good" がチャックベリーと、愉快な替え歌もありまっせ。もう一人の博士で中心メムバーの一人 Delta X (Stephan Michelson) は Backwards Sam Firk とデュオ作も残すフォーキー人。ライブ作じゃないよ。

#9124

Laurie Ellen Neustadt & Stuart Stotts

¥3,800
Rusty Rose Records  RR-102  LP  
media: NM  sleeve: VG++  

w/ lyric sheet。85年。ウィスコンシン州の思想家男女フォークデュオの80年から85年まで書きためてきた楽曲を一枚にまとめリリースしたアルバム。アコギやピアノの他、フィドル、クラリネット、フルート、バンジョー、洗濯板といったジャグバンド的な楽器のセレクトもgood!派手さはありませんが、この年代にこの滋味深さは貴重。アメリカの懐の深さをしみじみ感じます。子どもたち&フレンズのみなさんのもたったコーラスがほのぼの「World citizen」、気取ってる割には全員のチューニング感がバラバラなブルース「PMS blues」、ポップなシャッフル「State of the art men」、アップテンポ「Good friends」などやけにイイ録音で収録。なんと本作のエンジニア担当はNirvana、Green Dayのプロデュースでもオナジミ、GarbageのButch Vig。こんな地味仕事もキッチリこなしてたのねえ。

#9108

Bonnie Raitt

¥1,800
Warner Bros.  P 8304 W  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

日本盤 w/ insert。72年 2nd。ブルースルーツのかっくいい女性SSW。独特のファンキーロックを聴かせるごっつええアルバム。前作みたいなアットホームさもありまっせ。ウッドストック録音。fe. John Hall, Eric Kaz, Dave Holland, etc。pro. Michael Cuscuna。

#9069

Turtles

¥1,200
White Whale  WW 7127  LP  
media: VG  sleeve: VG++  

※ B5,6部分にプレスミスあり。他は良好。70年。サーフとフォークロックを繋ぐ60年代LAの名グループのベスト盤第二集。シングル中心の収録で、当時お蔵入りだったLP "Shell Shock" 用の A1,6, B3,6 などアルバム未収の曲多し (B6 は初出)。大ヒットの自作 Elenore から、マイナーヒットの Nilsson、Judee Sill 曲などなど。

#9082

Crossfires

¥2,000
Rhino  RNLP 019  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(CO) 81年。60年代前半の音源の編集盤。Turtlesの前身、ティーン・サーフ・バンド。タイトなサーフインストの表題曲や、ガレージなA2,B2などなど。

#1294

Pixies Three

¥6,800
Mercury  MG 20912  LP  
media: VG  sleeve: VG++  

(ソリあり特価! 要針圧調整! 他は VG+ 程度) 64年。前年からキラ星のように活動していた(近年なぜか再結成)白人ガールグループのパーティーにちなんだコンセプト・アルバム。ヒット曲"442 Glenwood Avenue"、"Gee"、"Bithday Party"、レオン・ハフが作曲&演奏に絡んでる"Brand New Boy"などなど全部イイんだから!ビートルズやビーチボイーズ、スペクターあたりの影響もビシビシ感じますヨ〜。

#7330

Star Spangled Washboard Band

¥2,800
Flying Fish  031  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(SMSPL) 77年。ニューヨーク州の州都オールバニからのコミック ブルーグラスバンド。まったく Dr. Demento Show におあつらえなセンスのナイスバンド! B面はライブ録音です。80年代以降はロック編成で Blotto として現在も活躍中。

#7424

G Band (Glitter Band)

¥1,800
CBS  81717  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

英盤, 77年の後発盤。76年 4th。おやびん Gary Glitter の休業宣言で羽を伸ばすバックバンドの図? デスコロックや、ソフトポップなど軽やかなポップアルバム。"悪魔を憐れむ歌" カバー入り。

#1006

Rooftop Singers

¥2,700
Vanguard  VSD-79134  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

(DH, WOC) ex-Weaversのエリック・ダーリン在籍のモダン・フォーク・トリオの64年作。グリニッヂ・ヴィレッジの青春開幕前夜の楽しい響宴。MFQをさらにジャジーにヒルビリー風味強めの仕上がり。この後のバンキー&ジェイクとかラヴィン・スプーンフルとかの系譜。エリックの12弦ギターがイイ味&バンジョーもお上手です。"It don't mean a thing (スウィングしなけりゃ意味がない)"、"San Francisco Bay blues"、"Dip your fingers"など収録。

#570


208 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART