フォーク・SSW・AORFolk, SSW, AOR
53 items found    page: 1  2  3 
 


Tony Kosinec, Scott Cushnie

¥2,800
LM 450  LP  カナダ盤  76年
media: VG++  sleeve: VG+  
ライナーノーツ付き

デビューアルバムが高評価を得たUK生まれのカナディアンSSW、Tony Kosinecの実質的な4thアルバム。レコード会社の意向なのか、B面がコジネック、A面はAerosmithやThe Bandにも関わったピアニスト、Scott Cushnieというスプリット盤になっています。

#15092

Serendipity Singers

¥2,800
Philips  PHM 200-115  LP  US盤   64年
media: VG++  sleeve: VG++  

MONO。のちの67年作ソフトロック〜ソフトコーラス名盤「Love Is A State Of Mind」で知られる、コロラド大学の7名を中心に結成されたフォークコーラスグループ。彼らの初のトップ10ヒットとなった「Don't Let the Rain Come Down (Crooked Little Man)」を含む3rd アルバム。カレッジ出身メンバーらしい若々しさとビューティフルなハーモニーが聴きどころなり〜。
Prod.by Fred Weintraub & Bob Bowers。

#15058

Eny Dual (arr, Jack Hendrix)

¥3,800
Phillips  6091.001  7'  フランス盤  70年
media: VG  sleeve: VG+  
WOBC

Jumping Jacquesや変名Peter Beasson名義でめくるめくスキャットワークを披露するJack HendrixがプロデュースしたマダガスカルのSSW。とにかくA面のNus Sous le Soleilのラテングルーヴィー+スキャットがサイコーです!

#15076

Sunshyne

¥7,500
Sunshyne  SR1001  LP  US盤  
media: SLD  sleeve: VG++  

シールド!!マサチューセッツのローカルブルーアイドソウル/ファンクバンド。Isley "Work To Do" やFour Tops "Ain't no Woman Like The One I've Got" などのカバーの他、オリジナルの"What A Way To Go" "Freedom"など。聴き所多し。

#14592

Brian Protheroe

¥2,600
Chrysalis  CHR 1065  LP  US盤  74年
media: VG++  sleeve: VG+  
SOC, promo

1st。60年代から舞台俳優、ソングライターとして活動していたブライアンプロズローのデビューアルバム。演劇性という点ではデフスクールやスパークスあたりに通じるエキセントリックなスタイルですが、シンガーソングライターということもあってか、こちらはよりスマートなポップソング集といった趣きがよろし。B1 "Changing My Tune" はロバートワイアットを想起させる絶望と希望が交差する大名曲!pro.&arr. Del Newman。

#14902

Guy Cabay

¥6,800
MD 0027  LP  ベルギー盤  80年
media: VG+  sleeve: VG+  
SMSPL, w/ lyric sheet

ベルギー盤 。大推薦盤!ベルギーでボサノバと言えばこの人ですが、そんなことはこの際どうでもいいです。この人がやっているのは、まさにこの人の音楽であり、ボサノバはテイストの一部でしかありません。長く印象的なメロディライン、変幻自在で、しかし力の抜けたアレンジ、可愛くすっとぼけた味わい、すべてがこの優れたアーティスト独自のものであり、熟成とはまさにこういうことではないかと思う次第であります。

#14676

Trio of Tyme (Jean Daniel, Jack Millman)

¥3,300
Condor  CST 2459  LP  
media: VG++  sleeve: VG  

60年代後半。元ジャズトランぺッターのジャックミルマン (aka Johnny Kitchen) 制作のフォークレコード。60年代以降ミルマンは作曲家、プロデューサーとして裏方で活躍していたそうで、自身の税金対策用のダミーレーベルなども運営してました。本作はミルマンのレーベルではありませんが、そんな大人事情で制作されたものの1枚のようで、でっち上げフォークグループレコードです。商売って難しいね! ジャケは'64年のNY万国博覧会の大モニュメント、ユニスフィアですね。下辺の人々のシルエットがちっちぇー。

#3556

Mango

¥5,800
Poki Reecords  SP7-9028  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

78年。「8時間で録音〜ミックスまで12曲完パケた」という画期的なアルバム!その効果か妙に臨場感の溢れる仕上がり!ギター、ウクレレ、鍵盤、バンジョー、ベースといった楽器類も全てメンバー二人でこなしているそうです。しかし、バックトラックも手を抜くことなく全曲丁寧に各曲を魅力的にすべく創意工夫をこらしてアレンジされております。アウトロのスキャットがやけにキュートなA1に始まり、全体的にメジャー7th満載の爽やかなコードワークと美しいハーモニー、ゆったりスケール感のあるメロディ...とヨカSSWデュオの必須条件を満たしております。殆どの曲を書いているメロディメイカーCarl Vilaverde、現在も第一線で活躍中でグラミー賞も獲ったKenneth Makuakane ふたりの記念すべき1stアルバム。ライヴ盤でもないのにF.O.曲が一曲もないよ!ビーチボーイズ・ファンにもにヒットしそうな名盤。

#9932

Warren Zevon

¥1,000
Asylum  6E-118  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

オーストラリア盤 78年 w/ lyric sleeve。再デビューだった前作に続くウォーレンジヴォンの通算 3rd アルバム。ピカレスク小説的な世界を歌う個性派シンガーソングライター、ジヴォンの代表作の一つ。Werewolves of London、Lawyers, Guns and Money など収録。pro. Jackson Browne、Waddy Wachtel。

#14454

Steve Eaton

¥6,800
Capitol   ST-11245  LP  
media: SLD  sleeve: VG++  

US盤 74年。ビル・ラバウンティも在籍していたバンド、元ファット・チャンスのメンバーのソロ作1st。米SSW~AOR過渡期に制作されたファン必聴の名盤。ポップなコード進行と、甘くハートくすぐる歌声とのマッチング。針を落とした瞬間、これは良い曲や!と予感させるタイトル曲や、子どもたちのコーラスも胸キュンな「We're all powered by the same old juice」、ソフトロック的なメロディーにアコギのアルペジオなどフォーキーなアレンジが絡む「Railway to heaven」、サビメロが良すぎるボサ調の「Sad tomorrow」をはじめ涙腺直撃のトラックがずらーり。カーペンターズのヴァージョンでもお馴染み「All you get from love is a love song (ふたりのラブソング)」や、アート・ガーファンクルに提供した「Rag Doll」も収録。

#12297

Tee and Cara

¥5,800
United Artists  UAS 6683  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

(SMSPL) 60年代末、様々なフォークデュオが生まれては消えて行った時代。このTee and Caraもそんなグループのひとつ。この唯一と思われるアルバムは、木管楽器やバイオリン、ヴィブラホンなどが使われて、アシッドフォーク好きからソフロ好きまでアプローチする美しくもたおやかな名盤。こんなにスローに忙しがる"A Hard Day's Night"なんて聞いた事ある?

#7137

Beograd Orchestra

¥2,400
CNR  SKLP 4213  LP  
media: VG+  sleeve: VG+  

60年代? ユーゴスラビアはもうないけれど...。ベオグラード Orch. が東ヨーロッパのメロディーをお送りいたします。

#7504

Steven Grossman

¥2,500
Mercury  SRM-1-720  LP  
media: M  sleeve: VG+  

(SMSPL) 74年。ニューヨークのナイーブなゲイSSW唯一のアルバム。、コーラスでフリーデザインが参加。ストリングスとホーンアレンジをフリーデザインのChris Dedrickが担当してます。メジャーセブンス系爽やかグルーヴのA3が気持ちいいですが、家族にゲイであることを告白するという歌詞のA2 "Out" は、その後あまたのオープンリーゲイアーティストにカバーされた名曲です。

#8024

Stan Kelly

¥3,000
LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

スウェーデン系移民によって作られたタイプライター会社、FRIDEN社のノベルティレコード。Stan Kelly氏はフォークシンガーとして活躍する傍ら、Friden社のスタッフでもある。ギターとバンジョーによる弾き語り全15曲がタイプライターに関わる楽曲。ブルースありカリプソあり、氏の音楽性の深さが伺えます。

#2005

Sam Weis

¥2,400
Kicking Mule  KM 178  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

(WOC- サイン) 84年。レズビアン フォークギタリスト。とは言ってもインストですし、レズビアン独自の主義主張が謳われている訳ではありません。San Antonio Rose 〜 Jambalaya のカバー以外はオリジナル。きらびやかな12弦ギターの独演盤です。不思議ジャケ。

#5266

Cy Timmons

¥14,800
Erewhon  CT 1001  LP  
media: VG  sleeve: VG+  

(WOC- サイン) 76年 2nd。ローカルシンガーソングライター、サイティモンズの自主制作盤、ギター弾き語りのアルバムです。ティモンズは西海岸の音楽都市での修行経験もあるようですが、アトランタ GA で自ら興した Cafe Erewhon で主に活動していた人物。ちょいと洒落たセンスの楽曲にインティメートな歌声による巧みな表現力で、地元でカルトな人気を博していたようです。時流を追う音楽産業とは一線を画すローカルなスタンスがどこか浮世離れ感もあり、清々しくもあり、そんなところも得難い魅力になってます。エレホンレーベルより。

#14220

David Fishel

¥9,800
Katseye  CS8106  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

76年。60年代のフォークブームに影響されて音楽活動を始めたマイナーSSWの1stアルバム。フリーホイーリンな気ままなな雰囲気のオリジナルソング集です。Stanley と Charlie の Middleton 兄弟らペンシルベニアのローカルミュージシャンによるバッキング。

#11425

Barbara Cooper

¥2,600
RCA Victor  47-9048  7'  
media: VG+  

(プロモ盤両面同曲) 60年代後期。女性フォークグループ The Womenfolk のブロンドちゃん担当だったシンガーソングライター、バーバラクーパーがグループ解散後に数枚吹き込んだ自作自演盤シングルの内の1枚。フォークロックや当時盛んになってきたシンガーソングライターブームの機運も写した、儚げな青春ポップスの好作。arr. Walter Raim。

#12640

Barbara Cooper

¥2,800
RCA Victor  47-9294  7'  
media: VG++  

60年代後期。バーバラクーパーは同じRCAレーベルの The Womenfolk のブロンドちゃん担当だったシンガーソングライター。グループ解散後はソングライターになったようで、これは数枚吹き込んだ自作自演盤シングルの内の1枚。両面 Frank Catana との共作です。当時のシンガーソングライターやボヘミアニズムの勃興を反映した好作。arr. Artie Schroeck。

#12586

Bob Riley

¥200
Diplomat  DS 2265  LP  
media: VG-  

※ジャケット無し。60年代前半。北東部方面で50年代から活動したボブライリーというカントリーシンガーが居りますが、同一人物でしょうか? これはフォークソング集でごじゃい。

#14077


53 items found    page: 1  2  3 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART