ロックRock
268 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 
 


Mikhail Chekalin

¥3,800
Мелодия  C60 28737 003  LP  89年
media: NM  sleeve: VG+  

ソビエト連邦のキテレツ電子音楽家が84年から88年まで制作したエレクトロポップ編集アルバム。生真面目になれなかった求道者なのか、アカデミズムに憧れたオタクなのか、場所柄ものせいもあって判断しにくいその膝の打てなさが魅力。こういうの聴くと音楽に正しい正しくないってあるんだろうか?と一瞬考えちゃいますよね。もちろんあるんですけど。

#14584

Nilsson

¥2,000
RCA Victor  LSP 4197  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

(SMSPL) 69年 3rd。幼年期への郷愁や流れ者へのシンパシーなどニルソンらしいテーマが凝縮した充実作。同時代のシンガーソングライターのリアルさより、ポップスの語法で優美に描かれた独特の作品世界が魅力的です。The Puppy Song、Rainmaker など収録。arr. George Tipton。

#14767

Tony Kosinec

¥3,200
Columbia  C 30277  LP  1970
media: VG++  sleeve: VG+  
CC

(CC) カナダ出身のシンガーソングライターTony Kosinecの1970年発表の2ndアルバムにして最高傑作。pro. Peter Asher。

#14766

Sunshine

¥2,600
Roulette  SR 3018  LP  US盤  77年
media: VG++  sleeve: VG+  

音だけ聴くとハワイか西海岸AORかと思いきや、ブルックリンの3人組ラテン系グループ。3人とも曲を書き、緻密なコーラスもこなしております。名門Rouletteからのリリースということもあり、リズム隊やホーンセクションも東海岸の豪華なミュージシャンが脇を固める完成度の高い名盤です。

#14659

John Simon

¥3,000
Warner Bros.  P-7601W  LP  JAPAN  
media: NM  sleeve: VG++  

日本盤。帯/解説(小倉エージ)付。70年。名プロデューサーのソロ1st。いくつかのプロデュース作品などではロックに対してシニカルな視線も感じられなくもなかったが、意外にも本作はストレートなSSW作品。せつなっちSSW良作。John Hall, Paul Harris, Harvey Brooks ら東海岸勢を軸に、レオンラッセルら LA スワンプサークルやマスルショールズ組まで交えた豪華な演奏陣。

#14768

Bill Black

¥1,600
Hi  HL 12002  LP  USA  1960
media: VG  sleeve: VG  

(SMSPL-L, SOC) ヨカジャケ! 元エルヴィス バンドのベース奏者率いるサックス フィーチャーのR&Bコンボ。ジャケは退廃的なムードを匂わせるが、中身は結構朗らか。シャッフルビートによる超フラットでいなたい南部風ティーンダンスインスト。A1 "Smokie (part 2)" がヒット。fe. Reggie Young。silver label。

#14764

Bill Black's Combo

¥1,600
Hi  SHL 32005  LP  USA  1962
media: VG+  sleeve: VG+  

(WOC) 元エルヴィス バンドのベース奏者率いるサックス フィーチャーのR&Bコンボ。超フラットでいなたい南部風ティーンダンスインスト。Torquay、Forty Miles of Bad Road などなど。

#14763

Les Contretemps

¥5,800
Trans-Canada  TSF 1443  LP  カナダ盤  72年
media: VG++  sleeve: VG+  
DH

見開きジャケ。68年結成、69年にデビューした12弦ギター、オートハープを操るモントリオールの5人組ソフトサイケ/フォークグループ、レ・コントルタン(音楽用語的にはシンコペーションの意)に2nd。ドノヴァンやディランを選曲するあたりフォルクローレの芳香を漂わせつつも、ジャジーでアシッドな雰囲気が全体を横溢。カレッジフォーク出身だけあってインテリジェンスを感じさせる若者たちですわ。ロベール・シャルルボワ作の名曲@カナダの「La marche du President」をカヴァー!日本語で歌う「さくらさくら」、ジャズワルツB3をはじめオリジナルもおしなべてハイ・クオリティ。

#7460

OST

¥5,800
Varese Sarabande  STV 81181  LP  US盤  83年
media: NM  sleeve: VG+  

82年公開のニューウェイヴSF映画『リキッドスカイ』サントラ。麻薬絡みの退廃的ナイトライフとエイリアンの活動を絡めた奇想のSFスリラー。サントラはほとんど全面的に初期のデジタルシンセ、サンプラーのフェアライトCMIによる演奏がキッチュなエレクトロニックミュージックです。

#12845

Jo Lemaire+Flouze

¥2,500
Vertigo  6021 338  7'  フランス盤  81年
media: VG++  sleeve: VG++  

ベルギー産コールドウェイヴバンドによるゲンズブールの大傑作「手ぎれ」のレアなピコピコカバー。B面はオリジナルのNWナンバー。

#14625

The 1970 Generation

¥7,800
Scolaron  7295  7'  US盤  
media: VG++  

メロディセンスが光る謎のサイケポップグループ名盤。いたいけな子供が歌わされてるタイトルソングもイカしたコード進行のカップリング曲も最高!なかなか見つからない一枚です。

#14639

Stuart Scharf Recording Club

¥28,800
Laissez-Faire  stereodisc-01  LP  US盤  75年
media: VG++  sleeve: VG-  
SMSPL-L, WOC, w/ insert

ボブ・ドローとのプロデューサーコンビでSpanky and Our GangやAlzoなどを始めとする数多くの作品を手がけた職人スチュワート・シャーフが自主レーベルからひっそり出した唯一のソロアルバム。楽曲を提供していたRoberta FlackやTony Levinなど名うてのミュージシャン、ボーカリスト、もちろん相方ボブドローなどがこぞって参加の隠れたスーパーアルバム。まさに匠の技と言うべき優しく尖った佳曲がずらりですよ。オリジナルポストカード付き!

#14719

Les Orphelins (starring Elisa Point)

¥3,200
Celluroid  CEL1-6211  7'  フランス盤  80年
media: VG+  sleeve: VG+  

w/ lyric sheet。フランス産テクノポップ名作、迷作!?キュート&コケティッシュな歌声の猫かぶり娘 (作曲&セルフプロデュースの才媛!)Elisa Point参加。A面ではニャーニャー言うとります!両面Jean=Marie Salaun作曲。

#14612

Guy Cabay

¥6,800
MD 0027  LP  ベルギー盤  80年
media: VG+  sleeve: VG+  
SMSPL, w/ lyric sheet

ベルギー盤 。大推薦盤!ベルギーでボサノバと言えばこの人ですが、そんなことはこの際どうでもいいです。この人がやっているのは、まさにこの人の音楽であり、ボサノバはテイストの一部でしかありません。長く印象的なメロディライン、変幻自在で、しかし力の抜けたアレンジ、可愛くすっとぼけた味わい、すべてがこの優れたアーティスト独自のものであり、熟成とはまさにこういうことではないかと思う次第であります。

#14676

Marshall McLuhan

¥6,800
Columbia  CS 9501  LP  US盤  68年
media: VG++  sleeve: VG+  
w/ shrink

アメリカの元祖メディア評論家マーシャル・マクルーハンの、現在のインターネット時代を予見したかのような1967年の名著「メディアはマッサージだ」の音版。サウンドコラージュを担当したのがあのジョン・サイモン。ミュージックコンクレートというにはあまりにポップでイカれた切り貼りセンス!文句無しの大傑作!

#14683

Georgie Fame

¥7,800
CBS  63786  LP  
media: VG++  sleeve: VG++  

UK盤 69年。60年代のスウィンギン・ロンドンを体現・謳歌したモッズ・オルガン奏者ジョージィ・フェイムの転換期の作品。Mose Allisonの十八番の楽曲をアルバムタイトルに冠するあたりジャズへの傾倒が見て取れます。Blossom Dearie嬢への返歌「Blossom」、ファズギターがイカすモッドグルーヴ「Somebody stole my thunder」、スレイベル&グロッケンがハートウォーミングなクリスマスソング「HO HO HO」などなど、多ジャンル横断のお世辞抜きに全曲すばらしい名盤です。
Prod. by Alan Price。

#10350

Pat Hervey

¥58,000
RCA VIctor Canada International  PC 1021  LP  
media: VG++  sleeve: VG+  

MONO。カナダ盤 60年代中期。トロント出身のガールシンガー、パットハーヴェイ。ローカル活動から見出されTV歌番組へのレギュラー出演などで人気者となったようです。この時期は米ナッシュビルのチェットアトキンスのバックアップで数枚シングルを出していますが、本作もナッシュビル録音のようで、シングルとはダブりのない選曲になってます。ブリルビルやナッシュビル系のソングライター (Paul Evans, Bobby Russell, Don Reid, etc) 曲で、アイドルポップっぽい A3、B1,5 とか試してみてねん。同世代で芸風がかぶり、体格も小柄なことからカナダのブレンダリーなどと評されるようですが、なるほど本家に劣らぬ歌唱力で聴かせます。

#14578

Honey Bees

¥1,400
Everest  SDBR 1111  LP  
media: NM  sleeve: VG+  

※ジャケはモノ表示ですがステレオ盤です。60年。これは好企画、ありそでなかったカントリーのガールグループ、ハニービーズ。でもガールグループの大ブームのちょっと前なので、それよりはシスターズ系のフォンテーン、レノン姉妹あたりの感触ですかね。ミツバチちゃんは同レーベルから別名コケッツでもレコード出していて、パーマネントなグループじゃなくてセッションシンガーのユニットみたいです。Bye Bye Love、Roly Poly、Slow Poke、etc。arr. Billy Mure。

#13740

Ricky Page

¥2,500
Dot  45-16261  7'  
media: VG+  

US盤 61年。LAで活動していた女性SSWのリッキー・ペイジのシングル。ラテンフレイヴァーのキュートな自作曲A面と、ティーンバラードB面を旦那のGeorge Motolaプロデュースで。ちなみにリッキー嬢は、テディ・ベアーズの次にフィル・スペクターが59年に結成したヴォーカル・トリオ『Spectors Three』の一員(残りの一名はex-wifeのAnnette Merar(アネット・メアラー))!音楽面で当時はスペクターと対等に渡り合ったり火花散らしたりしたんだろうなあ。

#12747

Shirley Collie

¥2,400
Liberty  55472  7'  
media: VG+  

62年。C&Wの帝王ウィリー・ネルソンの元奥様だったキュートな声質な美女シンガー。胸キュンなロッカバラードA面と、転がるピアノリフとハーモニーとサーフ調ギターがナイスなアンサンブルB面!モロにカントリーちっくじゃないところがポップな良曲です。prod. Joe Allison。

#8633


268 items found    page: 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 
INFOMATION ABOUT HOW TO ORDER CONDITION VIEW CART