DownLoad↓
横川理彦プロフィール(1ページ)
moea_yokogawa.pdf (224KB)

横川理彦

Tadahiko Yokogawa
作詞・作曲・編曲
1957年1月29日 鳥取生まれ
80年に京都大学文学部哲学科を卒業後、本格的な演奏活動に入る。
82年にアルバム「99.99」(フォー・ナイン)でキングレコードからデビュー、その後4-D、P-Model、After Dinner、Metrofarce、Meatopia等に参加。
電子楽器と各種生楽器を併用する独自 のスタイルに至る。海外でのコンサート・プロジェクトも多数。
現在は、ストリングス・トリオBios主宰、pickレーベルからのソロアルバム制作、即興を中心としたライブ活動などの他、演劇・ダンスのための音楽制作など多方面 で活動中。また、コンピュータと音楽に関する執筆、ワークショップなども多い。

主宰レーベル : http://www.manuera.com/pick/
Email : yokogawa@manuera.com
舞台

ZAZOU THEATER『ウェアハウス』
T.P.T『楽屋』
ホリプロ,テレビ朝日『奇跡の人』
テレビ朝日, シーエイティプロデュース, ぴあ, 銀河劇場『FROST/NIXON』
産経新聞社, パソナグループ, ヴィーブル『宮城野』
赤坂ACTシアター『ファントム』
キューブ,ブリーゼアーツ『冬の絵空』
TBS『余命1ヶ月の花嫁』
東京グローブ座『SEMINAR』
石見神楽 東京・大阪公演参加(オタケビ神楽団)



ソロ・アルバム

『Two of Us』(Vivid Sound)
『Tarascon』(Vivid Sound)
『DIVE』 (Disk Union)
『Solecism』(Disk Union)
『May Songs』(pick)
『Volo Interno』(pick)



参加アルバム

4-D『Style of Building』 (Telegraph)
After Dinner『Glasstube』 (カンガンレコード)
『Paradise of Replica』 (Recrec)
『Editions』 (Recommended)
P-Model『カルカドル』 (Alfa)
Meatopia『Meatopia』 (Vivid Sound)
Metrofarce『風狂伝』 (Kitty)
『Limbo島』 (エッグマンディスク)
『俺様祭』 (Rambling Label)
横川タダヒコ・鈴木勝秀・篠井英介 『ウェアハウス』 (ZOO)
installing 『saraswati』 (1050)
横川理彦「753」
4-D「Denkmal」



共演者

Fred Frith, 平沢進, Haco, 戸川純, 鈴木惣一郎, 巻上公一
Iva Bittova, EXPO, Tipographica, あがた森魚, 青山陽一, 内橋和久
大島保克, 福岡ユタカ, ヤドランカ, 中村としまる, ヲノサトル
Ferdinand Richard, Frank Parl, Ensemble Raye
Abdallah Zrika, Charbel Haber, Ala' Diab



映画

廣木隆一監督「MIDORI」('96)
荒井晴彦監督「身も心も」('97)



参加プロジェクト

Sheikmat(マルセイユ・モロッコ・イタリアの詩人プロジェクト)
OrMuz(フランス・シリア・レバノン・ヨルダンの共同プロジェクト)
PacJap(マルセイユ・日本のMaxプロジェクト)
<上記3プロジェクトは http://www.amistup.biz/web-ami/reseau/iti.html 参照>
擦弦楽団(アジア6地域の擦弦楽器のプロジェクト)



主な著書・雑誌連載

「ギタリストのためのアシッド」('99,リットーミュージック)
「初級多重録音講座 HDRで行こう!」('99,リットーミュージック)
「アンプ・シミュレーター100%」('01,リットーミュージック)



ゲーム

「Pet in TV」('99,SCE)



主な講師歴

東京音響専門学校('87-'89)
池袋コミュニティカレッジ('97)
映画美学校('01-)